<   2006年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

自作小説「白虹、日を貫けり」 第22章 後ろ姿

テーマは、ジャーナリズム、民主主義に愛国心。大正時代から終戦までの激動の時代を振り返りながら考える。

まずは、まえがきから第21章までお読みください。

 ほぼ十年ぶりとに大阪朝夕新聞社に戻ってきた。東京とは雰囲気ががらりと変わる大阪の街に戻ってきた。龍一は実際のところ東京の方が好きであった。だが、大阪に戻って国際部のそれも部長という職をあてがわれる。これまでの部長職への栄転の中では最年少ということもあり、龍一は実に輝かしい栄誉を手にしたのである。
 何でも、この栄誉は、大阪朝夕新聞社の社長、三木谷昌義氏の強い推薦があり、決まったと聞かされた。龍一のこれまでの特派員報告を三木谷社長が、たいそう気に入ってくれたとのことだ。
 大阪朝夕新聞社は、この十年に大きな変化を遂げた。創始者の山村宗太郎氏は白虹事件で社長職を辞任してから数年後、心臓病を患い生涯を閉じた。
 その後、山村一族は、受け継いだ大阪朝夕新聞社の株式と一部保有する姉妹社の東京朝夕新聞社の株式を売却してしまった。
 それを現在保有し、社主となっているのが、三木谷氏である。三木谷氏は、社長をする年齢の中では若く五十にも満たない。だが、なかなかのやり手であると聞く。アメリカに留学して経営学を学び、大正時代は関西地方で三十万部程度の売り上げ規模であった大阪朝夕を株式会社化して多額の資金を集めた上で、販売拠点を北九州まで伸ばした。その結果、大阪朝夕を今や売上部数、百万部を超す西日本きっての大新聞へと成長させたのである。
 龍一は、新たな新聞人としての出発に際して、以前から、気になっていたことを解決しようと考えた。それは人生の伴侶を見つけだすことだ。龍一は部長職としては若いと言われど独身男性の中では年配の方だ。立派な管理職に就き、それなりの安定した収入も得ている。周囲から「三十を過ぎたのだからいい加減、妻をめとれよ」と余計なお世話のようなアドバイスをしばしば受ける。
 だが、周囲に言われるからではない。龍一は、自分自身がそれを強く求めていることに気付いていた。そして、それを実現するための相手も決めていた。
 彼女に会って結婚を申し込むつもりだ。

 大阪朝夕の社屋に入った。十年以上ぶりに戻った社屋。壁が塗り替えられていたが、雰囲気はほとんど変わっていない。龍一は、朝倉環に会いに社会部室へと向かった。
 社会部の女性記者である朝倉環とは、東京朝夕に移って以来、顔を合わしていない。お互い手紙のやり取りを何度としたことがある。東京にいた時も、ニューヨーク支局、満州にいた時も手紙のやり取りをしていた。
 手紙では、彼女の取り組む婦人運動に関する情報のやり取りだけではなく、個人的な話もした。あまり深入りするような内容は避けたが、お互いを懐かしむような想いを何度となく綴ったことがある。
 十年以上も離れたお互いが、突然、再会して結婚をするまでになるとはおよそ思えない。特に婦人運動活動家である彼女なら尚のことだ。
 龍一は、結婚をした後でも、朝倉環に記者としての仕事を続けて貰うつもりであった。女性が結婚をしながら、また子育てをしながら職業を持つことに異論は持っていない。彼女に限らず、全ての女性がその権利を有していると考える。そのことをはっきり伝え、結婚を前提とした付き合いをすることを申し込むつもりだ。しっかりと顔を合わせる付き合いをして、お互い夫婦となりうるか確かめた上で結婚にこぎつければいいと思っていた。場合によっては、環の尊敬する平塚雷鳥女史のように事実婚という形で籍を入れない形でも構わないと思っている。夫として彼女の女性の地位向上の活動を支援していくつもりだ。
 先月、東京に戻ってから大阪朝夕の環へ電話したのだが、その時は休暇を取っていると聞かされた。何でも家庭の事情があり、ここ最近休みがちだと聞かされた。
 そのことが気掛かりであった。どういう事情があるのだろうかと。
 社会部室の扉を開けた。今日は来てるのかな、と、懐かしの部室を見渡した。朝倉環記者といえば、龍一がいた頃は紅一点で、部室を入れば、長い髪の毛を垂らした洋装のモダン・ガールが必ず一番最初に目に入ったものだ。
 だが、洋装の女性は見当たらない。今日も休みなのかと落胆したところに、すぐ近くに和服を着た女性の後ろ姿があるのに気付いた。黒色の羽織と紺色の着物をまとった後ろ姿、髪の毛は着物姿に合わせてびっしりと首が見えるように上へ結っている。
 しばらくして、それが朝倉環であることに気付いた。背の高さからしてそうだ。洋装の時とはずいぶん印象が変わるが、彼女に間違いない。
「朝倉さん、朝倉環さん、お久しぶりです」
と言いながら、龍一は環の肩をそっと叩いた。 環が振り返る。だが、驚いた様子は見せない。
「あら、白川さん、お久しぶりね。元気だった?」
 年相応になっているものの十年前と変わらず美しい顔だった。ちょとやつれている感じがした。
「ええ、おかげさまで、十年ぶりに大阪に戻ってきました。それも、国際部の部長になってですよ。信じられます?」
 龍一は、自慢するようにいった。自分を少し大きく見せてかっこつけたい気分だった。
「そうなの。それはおめでとう」
「どうです、昔を懐かしんであんみつでも一緒に食べましょう。積もる話もありますし。そうだ、婦人参政権の法案通らなかったのは残念ですよね。もう少しでしたのに、ただ、次の国会では必ず通るようにしましょうよ」
 すると環は、
「ごめんなさい。実をいうと、私、大阪朝夕を辞めることになったの」
 龍一は再会の喜びから一挙に興醒めした。
「え、そんなどうして?」
「私、結婚することになったの」
 龍一は、一挙に奈落の底に落とされた気分になった。
「もう、記者として仕事はできないし。婦人運動などに関与することもできなくなったわ」
 目の前にいるのは別人かと、龍一は仰天し、発狂するように言った。
「一体どういうことなんだ。事情を説明してくれ。環さん、あなたはずっと男女が平等でなければいけないと説いてきてたじゃないか。結婚するから仕事を辞めるなんてあなたらしくない。相手はどんな男なんです? あなたが仕事を続けることを認めないのですか」
「私、先月から実家に帰っていたの。実家がね、とんでもないことになっていて。父がやっていた金融業が大破産してしまって、持っていた土地なんかも売り払わなければならないくらい負債を抱えてるの。跡を継ぐ弟にものしかかるぐらい重い負債なの。で、縁談の話を持ちかけられて、その人の一家が負債を肩代わりしてくれるって、私が結婚すれば」
 環は、淡々と述べた。表情は無表情だ。相手の男が、どんな男であるのかも、すぐに想像がついた。
「それって、身売りじゃないか。あなたが一番嫌がっていたことじゃないか。どうしちゃったんだ。女性の地位向上、男女の対等な関係、それはどうなったんだ」
 龍一は、激怒する口調で言った。部室内に二人の会話は響き渡った。数人の記者が注目してみている。だが、龍一には周囲のことなど気にならなかった。
「もうそんな時代じゃないのよ。そんなことを語れるような時代じゃないの。家族のためにも、理想を捨てなければいけないの。ごめんなさい。もう会えないわ。さようなら」
 環の目から涙が溢れていた。家族のために自分を捨てなければいけなくなった自分の境遇を悔しがるかのようだった。
 手に私物を入れた袋を持ちながら、その場を去っていった。和服を着た後ろ姿は、その悲しさを象徴するかのようだった。洋服を着て自由に動き回っていた新しい女性が、いやがうえに保守的な世界に導かれていくような姿ともいえた。
 龍一は、心がうち砕かれた気分となり、その場でずっと呆然とした。

第23章へつづく。
by masagata2004 | 2006-01-29 18:58 | 自作小説 | Trackback | Comments(0)

独映画「白バラの祈り」 ドイツ人も被害者だった

今日、昼に有楽町に行って、ドイツ映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の5日間」という映画を見に行った。とても暗く重い映画だった。全体的には、ドキュメンタリー的で淡々と進行する映画だった。

映画は、ナチス支配下のドイツ・ミュンヘンで大学生が、反ナチスの抵抗運動を喚起するため大学の構内にビラを撒いたため、逮捕されるところから始まる。

この話は実話である。そして、白バラというのはその抵抗運動をした大学生グループの名前である。ドイツ人の中でも、ナチス体制に抵抗した人々がいるということが如実に表されている。

主人公ゾフィー・ショルは、21歳の女性で、信念を捨てることを拒んだため、処刑されてしまう。彼女は、ナチスが精神障害者やユダヤ人を収容所に送るところを見るたびに心を痛め、ナチスに強い抵抗心を抱いたと語る。また、当時、スターリングラードなどの東部戦線で多数のドイツ兵が死んでしまうほど戦況は逼迫していたため、このまま破滅するより敗北することを選ぼうとドイツ人に呼びかけたかったという。

彼女が裁かれた裁判はまさに裁判官の独断で進行され、裁判など名ばかりであった。それは、当時のドイツ社会がいかに変質しているかを象徴するかのようである。

ドイツは第1次世界大戦後のベルサイユ条約、そして世界大恐慌と社会はどん底状態であった。その時に、あのヒットラーが現れた。不況を克服した後、ヒットラーはとんでもない野望を成し遂げようとする。第3帝国領土の拡大、ユダヤ人の抹殺。国民は、精神の自由を奪われた状態で、独裁者に追随するしかなかった。だが、それでも自由を求める人々はいた。

ややドイツ人の自己弁護的な面が見られる映画であったが、これも戦後60年経って、過去の克服に一区切りがついたからこそ作れた映画だったと思う。

だが、当時同盟を結んでいた日本はどうなのだろうかと、いつもながら、つい比較してしまう。映画館に来る前に書店に立ち寄ると、ところ狭しと反中・反韓イデオロギーを売り物にした雑誌が、欲求不満者のごちそうのように並べられてあった。これから、戦争でもしたいかのような、主観的、感情的な論説が繰り広げられている。書いていることには、事実誤認が実に多い。だが、売れるからこそ出版社はこういうのを市場に出すのだろう。これを読むものは、半ば本気で「日本人として誇りを持って生きられる」とか信じているらしい。そして、他の意見に耳を貸さない。まさに世も末である。

こんな方向に社会をもっていけば、映画でゾフィー・ジョルがいっていたように自国を世界から蔑まれる存在にしてしまうのでは。そして、誇りを失い、先祖が築き上げた伝統ある日本を破滅させてしまうのでは。先祖の負の遺産をきちんと受け継ぐ覚悟がないからこそ起きる悲劇なのかもしれない。

b0017892_2139539.gif

by masagata2004 | 2006-01-28 21:28 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(1)

元被拘束者が書いた「誰が私を人質にしたのか」

なかなか面白い本だった。

昨年4月、ボランティア活動をしていた高遠さんら3人がイラクのファルージャ近郊で自衛隊撤退の要求を突きつけられ人質になってから数日後、アブグレイブで拘束され、その数日後に解放されたフリーの記者、安田純平氏のイラクにおける取材記である。

安田氏は、拘束された時の体験と、それ以前のイラク開戦前後に人間の盾として滞在した時の取材記をこの本に書き綴っている。思考停止ともいえる「自己責任」バッシングと日本マスコミの実態を刻銘に記している部分が印象的だった。例えば、イラクの開戦時、日本の大手マスコミは皆、引き上げていた中、CNNはホテルの1フロアを貸し切って取材を続けていたことなど、見事な対比だった。考えてみれば、イラクで何が起こったことなど、日本のメディアからの情報は基本的に翻訳でしかない。

自己責任論の矛盾点などが述べられていたが、私自身もこのブログと市民メディアJANJANで記事を投稿したりもしたので、ほぼ熟知した内容だった。後半は、人間の盾となっての取材記だった。盾となった人々の思いが綴られているところが、面白かった。ちなみに人間の盾の団体リーダーとなったジャミーラさんという方は、後に薬事法違反で逮捕されている。何でも、医療効果の疑問視される薬を売っていたかららしい。本人は白血病に効くと信じて善意でやっていたことなのだろうが、やはり社会性に欠けるところがあったのではないかと思う。ただ、盾となった人々はそれぞれ別々の考えを持つ人々の集まりだったらしい。

私は人間の盾がそれなりの効果があったのかと思うとそれには疑問を呈するが、誰も、彼らにそれをするなという権利はないと思っている。

安田氏は、あくまでジャーナリストとして取材のために人間の盾に加わったらしいが、いわゆる海外などに出て反戦活動をする日本人の人々に対しては、私個人としては、冷めた目で見ている。というのは、私自身が、反戦とは言わないが、歴史認識の研究ということで南京虐殺などの日本の戦争責任について取り組んでいるからだ。彼らに常に言いたいなと思うことは、こういう活動と同時に自国の過去における戦争責任の総括にも力を入れよということだ。

日本における反戦活動は、外国がやっている戦争を批判するか、自国のことといえば、国家が加害者で国民は被害者であったという視点ばかりだ。国民を含め日本が当時の中国などのアジア諸国に対して加害者であったことを認識するような反戦運動はめったにない。そういうことをすれば、自虐的だとか反日的だとか、薄っぺらい言説しか出てこない。

他国のことを気にかける前に自国のことをしっかりしろよと言いたい。
今度のイラク戦争は、日本も当初から支持を表明し、後に自衛隊まで派遣しているので、かつての侵略戦争と同様、自国のことといえばその通りでもあるが、それに注ぐエネルギーの少しでも自国の歴史認識に傾けて欲しかったなと、私なりに感じてしまった。もちろん、そう言う認識を強く持っている人もいたと思うが(*)。私個人、いつも思っているのは、日本はそういうところがおろそかだから、世界平和を語る資格がないのではないかと。また、対米追随の外交もそこに起因していると思う。

著者の安田氏にも、そんな認識を持って貰いたいなと、読み終わった後感じた。もちろん、今回の安田氏の行動には大いに敬意を払うべきところがある。真実探求のため、身を挺して危険を冒したのだから、一度出国していながら、敢えてまた戻ったところは立派だと思う。彼でなければ、他の人がしていたのかと思うと、そうではない。


「誰が私を人質にしたのか」 安田純平著 PHP研究所

(*)盾のメンバーの一人ピースオン代表の相澤さんは南京虐殺に関する講演会でスピーチをされたことがあります。
by masagata2004 | 2006-01-27 23:37 | 書籍評論 | Trackback | Comments(0)

あくまで絶滅危惧種だから捕鯨反対なのか?

Excite エキサイト : 社会ニュース

イギリスだとそうでもないみたい。というのは、自分たちの食文化に馴染まないから、それ以外は野蛮だという考え方から反対していることが根底にあると思う。

だが、イギリスでは貴族がキツネ狩りなどをやっている。それは、食べものにしないからもっと残酷だ。

絶滅危惧種であるかの論争に関しては科学的データはいろいろと有り論争もあろうが、食文化の善し悪しをいうのはいい加減にして欲しい。元イギリス人のC.W.ニコルという人が、以前、CNNに出演して「1頭の鯨を食することは、50頭の牛を食しないことに匹敵し、牛を飼育する牧場作りのための森林伐採をその分しなくてすむことになる」と言っていた。

鯨を食べる問題点より牛など他の動物を食す問題点も考えるべし。

「東は東、西は西」とイギリス人詩人キプリングも言っていたのだから、ほっといて欲しい。

<英国>日本捕鯨の批判広告を高級紙に掲載 環境保護派 [ 01月26日 19時14分 ]

 【ロンドン山科武司】テムズ川にクジラが入り込む騒ぎがあった英国で25日、環境保護を訴える人々が日本の調査捕鯨を批判する意見広告を英高級紙に掲載し、在英日本大使館への抗議を呼びかけた。

 広告はタイムズ紙とインディペンデント紙に掲載された。テムズ川に迷い込んだクジラを保護する写真と、日本の捕鯨船内のクジラの死体の写真を並べ、「1頭のクジラの死が世界の注目を集める一方で、日本の捕鯨業者は1000頭以上の虐殺を計画している。犯罪を止めさせたいなら今、行動して」と訴えた。さらに「我々にできること」として電話やメールで在英日本大使館に抗議するよう呼びかけた。

 広告主は環境保護に関心のある人々で組織されたグループ。クジラだけでなく、さまざまな環境問題について機会を捕らえて主張をアピールしているという。キャンペーンを主宰したピーター・マイアズさんは「テムズ川の騒動があり、クジラ問題に関心を持ってもらう好機会だった」と説明。「捕鯨方法は残虐で、しかもクジラは絶滅の危機にさらされている」と主張している。

by masagata2004 | 2006-01-26 20:48 | 環境問題を考える | Trackback | Comments(3)

間違っています

Excite エキサイト : 政治ニュース

東南アジアでも反発と懸念 小泉首相の靖国参拝 
 【バンコク25日共同】小泉純一郎首相は25日の参院本会議で「アジア諸国で中国、韓国以外に靖国参拝を批判する国はない」との認識を示した。しかし、東南アジア諸国連合(ASEAN)内には「参拝すべきではない」(マハティール前マレーシア首相)という反発と同時に、日中・日韓の関係悪化が地域の安定に及ぼす悪影響を懸念する声がある。
 シンガポールのリー・シェンロン首相はマハティール前首相と同様、靖国参拝について「旧日本軍に占領された経験を持つアジア諸国に不幸な記憶を呼び起こす」「旧日本軍が間違った行為を犯したという認識を持っていないのではないか」と手厳しい。


国会で発言する前に調べなかったのだろうか。総理ともあろう人が。

マハティール前首相は、「ルック・イースト」で日本礼賛主義者だったのに。

この記事からの続きでした。
by masagata2004 | 2006-01-25 21:24 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

それだけでも問題なんでは

Excite エキサイト : 政治ニュース

中韓両国以外で批判ない 靖国参拝で首相  

この2国が日本にとっては地勢的に最も近く、また経済発展の上で最もめざましく、日本が最も投資や貿易をしている国じゃあないんですかね。

それ以外で台湾を持ち出す人がいるけど、日本は表向き台湾を中国の一部と見ている。それに、台湾人の中国への投資額は大きく、経済では密接な結びつきをしている。実際のところ、中国は国民国家というわけではないから、同じ中華民族同士だと国は違えど、絆はとても強い。だから、中国が駄目なら台湾という考え方は非常に安易で、また、中国が台湾を攻撃するというのは、実際専門家の間では、その意味で現実的でないとされている。

経済や政治以上に他のアジアと違うのは戦争被害の体験だろう。日本が中国侵略をして犠牲になった数は1000万人を超えるともいわれている。あの南京での虐殺では数十万人もが犠牲になっている。ちなみに台湾人が日本に対して友好的なのは、比較的植民地政策が緩やかだったことと、戦後の歴史的経緯などがある。また、日中戦争当時は、直接の被害を受けた体験があまりない。
韓国では、戦時中、強制連行や慰安婦などの体験をしている人々がいる。また、主権を奪われた植民地体験などがある。もちろん、他のアジア、フィリピン、インドネシア、東ティモールなどでも似たような体験をした犠牲者は数多くいる。現地を訪れた知人のNGOの人が東ティモールでは、4万人もの地元民が犠牲となり、かつての植民地支配国のポルトガルのみならず、同じアジアの日本人も歓迎されなかったと言っていた。

ただ、中国と韓国は、やはり経済発展をある程度とげたため、日本にもの申すことの出来る立場になってきているからこそ、批判をするようになった面もあるのだろう。まあ、その違いというと他のアジアの被害国には失礼になるが。

靖国神社は不戦の誓いを表すためだと首相は主張しているが、当の靖国神社がそう言ってない上、20年前中曽根元首相が参拝した時、批判を受け、日本自ら後藤田官房長官の談話で「A級戦犯が合祀されているからまずい」と以後しないことと確約したのだから、それを今になって違う理屈を押しつけていては、自ら墓穴を掘っているようなもの。全く訳が分からない。

ただ、訳の分からないことをいうといえば、アメリカも同じだ。狂牛病防止のため輸出が禁止されていた背骨付き牛肉を輸出してしまったことに対し「交通事故より当たる確率が低いんだから」という農務次官がいたそうな。小泉節が太平洋を渡ったかな。それとも、どちらも狂牛病ビーフを食ったせいなのか。

中韓両国以外で批判ない 靖国参拝で首相 [ 01月25日 12時14分 ]
共同通信

 小泉純一郎首相は25日午前、参院本会議の代表質問に対する答弁で、自らの靖国神社参拝問題について「アジア諸国で中国、韓国以外に靖国参拝を批判する国はない」との認識を示し、靖国参拝が対アジア外交の障害になるとの指摘に反論した。同時に、東アジア共同体の形成に向けて積極的に貢献していく姿勢を強調、「日米関係が緊密であることはアジア外交を戦略的に進める上でも極めて重要だ」との見解を重ねて示した。


緊密になるために狂牛病肉を食えってことか。

加えて、

東南アジアでも反発と懸念 小泉首相の靖国参拝
 【バンコク25日共同】小泉純一郎首相は25日の参院本会議で「アジア諸国で中国、韓国以外に靖国参拝を批判する国はない」との認識を示した。しかし、東南アジア諸国連合(ASEAN)内には「参拝すべきではない」(マハティール前マレーシア首相)という反発と同時に、日中・日韓の関係悪化が地域の安定に及ぼす悪影響を懸念する声がある。
 シンガポールのリー・シェンロン首相はマハティール前首相と同様、靖国参拝について「旧日本軍に占領された経験を持つアジア諸国に不幸な記憶を呼び起こす」「旧日本軍が間違った行為を犯したという認識を持っていないのではないか」と手厳しい。

by masagata2004 | 2006-01-25 20:52 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

民主党も人のこと言えんだろうに

Excite エキサイト : 政治ニュース

自分たちこそ、弁護士でありながら、非弁活動をするための名義貸しをして逮捕までされた奴を公認したんだろうに。

まだそいつ辞職してないぞ。辞職勧告は党が出したらしいが。
by masagata2004 | 2006-01-24 21:43 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

京都に行きたい

映画「SAYURI」を見てからか、京都に行きたくなった。祇園に行って本物のGEISHAに会いたいと思う。

b0017892_2121719.jpg


それから、金閣寺、清水寺などを回りたい。
b0017892_218230.jpg

京都には、ずっと昔に行ったことがあるが、ほとんど記憶がない。だから、今度は記憶を確かなものにするために行くのだ。


ただ、京都と言うよりも関西そのものに関心があったりする。今、書いている自作小説の舞台の一部となっているところだからだ。京都は出てこないが、神戸と大阪は出てくる。

神戸に行ったら、小説のスタートとなる異人館を訪ねたい。それから、大阪にも行きたい。大阪に行ってこれを見たいというものがあるわけではないが、大阪の街の雰囲気を味わいたい。

不思議なことに、これまでの海外旅行する前と同じ気分だ。つまり、外国人が日本の観光旅行を計画するような気分。

今年の5月ぐらいを計画している。あんまり混まない時期がいいな。
by masagata2004 | 2006-01-24 21:02 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

ニュースがショーになった時

Excite エキサイト : 経済ニュース

そんな瞬間ですね。マスコミにはうんざり。特にテレビは!

あとは事態を冷静に見守りたいですね。数年後には、映画になるでしょう。どんなタイトルがつくかな?
by masagata2004 | 2006-01-23 22:23 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

スケートリンクとなった駐車場

b0017892_20171022.jpg


この処理が大変です。雪も乙なだけではないですね。
by masagata2004 | 2006-01-23 20:17 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧