<   2006年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

DVD「エニグマ奪還」 オカマ諜報員大活躍、でもシリアス

レンタル店でパッケージを見る限り戦争アクションものと思って借りたが、見るとなんとコメディ。それもそのはず、アメリカ一人気のコメディ番組「フレンズ」のメンバーであるマット・ルブランが主演を務めていたほどだ。ルブランは、映画「チャーリーズ・エンジェル」では、エンジェルの一人、中国系ルーシー・リュー演ずるアレックスの恋人役を演じていた、ややおふざけな2枚目タイプだ。

第2次大戦中、ルブラン演じる米国の情報局員オルークは、ドイツ軍の暗号機エニグマの強奪に成功するものの、味方の英軍にせっかく奪ったマシンを破壊されてしまう。なのに、同じ英軍から、再度奪還をするように命じられてしまう。

ベルリン潜入の諜報活動に同行するのは、オカマで元エリート軍人のトニー、暗号解読のエキスパートであるジョノ、最年長で事務員のアーチーという個性派揃い。彼らはただの潜入をするのではない。女装をして潜入をする指令を与えられたのだ。

何とも奇想天外な話。コメディだからこそ許される設定なのだろう。そして、コメディだからこそのおもろいストーリー展開。緊張感溢れウィットにも飛んでいる。主演のルブランの女装ぶりが、一番おもろかった。剛腕の諜報員が女装で敵を欺く姿を見事なまでに演じきっているのが凄すぎる。こんな幅の広い演技ができる俳優も、そういないだろうと感激してしまった。

だが、シリアスな面も同時に混ぜている。大戦中、ドイツがどんな状況であったか、最後に彼らがなぜ選ばれ、それこそがエニグマが大戦でどんな役割を果たしていたのかが分かる。また、メンバーの一人が最後の土壇場になって発する台詞が、何とも印象的だった。

また、この映画でドイツに行きたくなった。ドイツ人の集団が、陽気に歌いながら、シュンケルという腕を組みながら左右に体を揺らす姿が見ていて楽しかった。

レンタルではなく買ってみたくなるほど楽しめたが、買うのはちょっとと思う面もあるので、1週間レンタルを存分に楽しもうと思う。何度も見たい。すでに3度も繰り返し見た。
by masagata2004 | 2006-03-30 21:51 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

まあ、息子の自己責任でしょう

Excite エキサイト : 社会ニュース

朝日新聞社長の息子逮捕 東京・渋谷で大麻所持 [ 03月28日 12時31分 ]
共同通信


いい加減、成人になっているのだし、もしかして親の肩書きが負担になってこんな結果になったのではと勝手な憶測をしてしまう一方、それか、朝日を敵対する政治勢力がはめたのではとも考えられますね。

ただ、何にしろ。息子は息子、未成年ならともかく、もう成人になっていますし、この人の自己責任でしょう。それに、何年か前、高知県の橋本知事の息子が強姦罪で逮捕されましたよね。その時も、知事はお詫びしましたが、辞職はしていません。確かにイメージは悪いですが、こういう理由で辞めろと言うのはある意味、家族であるがための連帯責任とかいっているようで非近代的、非民主的な感じがします。こんな子供に育てたことを問題にしているようですが、どんなに立派な親に育てられても、社会に出てとんでもないことに出くわすと思わぬ方向にひん曲がってしまうものです。親の責任からは離れた年頃でしょう。

それに、武部の次男も「民間人」だなんて、扱いしてしているんでしょう。

ブログ上の連載自作小説が朝日に関わることのせいか、やや同情してしまうマサガタでした。


 警視庁渋谷署は28日までに、東京都渋谷区の路上で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の現行犯で職業不詳、秋山竜太容疑者(35)を逮捕した。同容疑者は朝日新聞社の秋山耿太郎社長の息子。
 調べでは、竜太容疑者は10日夜、渋谷区渋谷の路上で大麻数グラムを所持していた疑い。容疑を認めているという。
 パトロール中の警察官が1人で歩いていた竜太容疑者に職務質問をして発覚した。竜太容疑者は「フリーでテレビの仕事をしている」と話しているという。
 秋山社長は朝日新聞東京本社広報部を通じて「息子の愚かな行為に驚いております。本人がきちんと責任を負い、法に従い、罪を償ってほしいと思います」とのコメントを発表した。


ちなみにアメリカなんかではどうなんでしょうね。ミスター・ジンボ?AP通信やNYタイムズの会長がマリファナ所持で逮捕されたりしたら? そんな場合、マリファナを合法化すべきだというリベラル勢力を使ってイシューを別の方向に持っていく作戦に出ますかな?
by masagata2004 | 2006-03-28 20:02 | メディア問題 | Trackback(1) | Comments(0)

神田川の桜

b0017892_9143738.jpg

出勤途中の寄り道
by masagata2004 | 2006-03-28 09:14 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

公務ほったらかして趣味に没頭かい

Excite エキサイト : 芸能ニュース

石原都知事総指揮映画に窪塚、徳重W主演

住民税払わされている都民としては腹立たしいニュースだね。税金泥棒同然。

製作総指揮・脚本をするって、あんた、その間、都知事を兼務するわけ。それって土日にするわけ。いや、そうじゃないんでしょう。平日の公務時間を削ってするんでしょう。以前、週3日しか出勤していないともめていたけど、脚本書く時間だったの?

あと1年ある都知事のお仕事が飽きちゃったんだろうけど、引き受けるからには、それに専念するのが普通だろう。いわゆる名義だけの兼職と違い、いろいろと作業に加わるんだろうに。一般公務員だって兼職しないでするものなのに何やっているのこの人は? やりたければ、知事を辞めてからしたら。そもそも、妄言続きで資質の疑わしい奴なんだから。さっさとやめて欲しい。辞めれば、その後に悠々自適な生活がお待ちかねなんだろうし。その上で、映画作りに専念なされば。

ちなみにこの映画だが、実のところ作ったのが石原であろうがなかろうが、見る気ないね。この手の映画はうんざり。別に特功が悪いというわけじゃないが、いつもながらの日本の主観的視点の作品。いつも終わったところから始まる戦争体験記。どうして、1931年の満州事変や1937年の濾講橋事件・南京虐殺から語ろうとしないのか。そのためにどれだけ周辺国の人々が苦しんだということを認識しないのか。俺たちも被害者だとか言うのはお門違い。始めたのは、こっち側から。被害を受けた国からすれば、自業自得。日本国家・国民としての自己責任でしかない。

特攻といえば、聞いた話によると愛国心から行ったものもいれば、拒否することで家族が村八分になるからやも得ず行ったという話も聞く。英雄視すべきではなく、むしろ犠牲者としてみるべき。戦況も敗色濃い時に、未来を築くべき若者の命をないがしろにした指導的立場であった爺どもの罪は重い。はっきりいって愚行も愚行。まあ、その前にあんな戦争始めたことこそ、愚行だけど。始まるのは真珠湾じゃないよ。中国だよ。始まったところから語らないと戦争を語ったことにならないんじゃない。自虐的とかいう以前の問題だぜ。

私は、このタイプの戦争ものより、日本がどうして戦争を始め、なぜあんなひどい結果に終わったかを探求するタイプの話がいい。そういう作品にはなかなかめぐり会えないから、私自身が作っている今日この頃。このブログ上の自作連載小説「白虹、日を貫けり」がそれ。
by masagata2004 | 2006-03-27 20:39 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

カリフォルニア州提案189を思い出す (米留学体験記)

Excite エキサイト : 主要ニュース

確か90年代の中頃だったろうが、カリフォルニア州で州民投票として、似たような法案が議論され、ヒスパニック系やリベラルなアメリカ人は反対していたものの、結局通ったものだ。

その時はあくまで州だけの法案だったが、今度は連邦政府レベルで行われることになる。

私の友人のジェレミーが言っていたことを思い出す。「どうしても来たければ、アメリカはその人達を受け入れるべき」という温情主義だった。彼は、特にそんな性格だったが。

ただ、すでに法定よりも低い賃金で働いてくれている移民が、経済を支えている現状を考えれば、かえって経済に悪影響。それから、不法であることを恐れて、病気になっても届け出ないことで病気が拡散し、またそれによって、さらに医療費の負担が増えるという矛盾が起こるという実利的な意味での反対論も聞かれた。

だが、その当時でさえ、不法移民は反感の対象となっていたくらいだ。かつてのアメリカン・ドリームと呼ばれた豊かな暮らしぶりが徐々に消え、貧しくなり不満を抱えるようになった人々にとってこれ以上の移民、それも不法で、アジア系やメキシコ系をアメリカが受け入れるのには限界があるのだろう。ましてや、911後のアメリカは、社会不安が今までにないほどに広がっている。不寛容な方向に進むのは、やも得ぬことかもしれない。

ところで、日本語では「不法移民」と訳されているが、CNNの記事を読むと「illegal immigrants」ではなく、「undocumented immigrants」と「書類記録されてない移民」と書かれている。当時、聞いた話だが、illegal(不法)ではネガティブな印象が強いから、この言葉を使うようになったとのことだ。

不法移民の規制強化に20万人が反対デモ、米ロサンゼルス [ 03月26日 17時55分 ]

ロイター

 [ロサンゼルス 25日 ロイター] 米カリフォルニア州ロサンゼルスで25日、移民法の厳格化に反対するデモが行われた。
警察の発表によれば20万人が参加した。
 

by masagata2004 | 2006-03-26 21:09 | 米留学体験談 | Trackback | Comments(0)

歩行者天国


解放的な日曜日 in 新宿東口付近

(動画を見るためにはQuickTime Player 6.5以上が必要になります。)
by masagata2004 | 2006-03-26 15:17 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

ディズニー映画「南極物語」 8頭のうち6頭も生き残った

いきなり、ネタバレでごめんなさい。

ただ、この映画が日本映画の「南極物語」のリメイクであることは承知のこと。
日本版では、生き残ったのは実話通りタロとジロのカラフト犬2匹だけ。

ディズニー版では、紐が外れなかった犬が1頭、外れた後、死亡したのが1頭。ということで残り6頭が生き残りで感動の再会。

日本版では1957年(昭和32年)の話だが、ディズニー版は1993年という中途半端な年。何で現代にしないのかというと、この年を境に南極に犬を連れて行くことが禁じられたからだという。犬のジステンパーが現地のアザラシに移るのを防ぐのが目的。そのためもあってか、撮影も南極では行われてないらしい。

私は、この映画を上映途中から見た。すでに日本版でストーリーを知っていたので、無理して始めから見るのに待とうという気にはなれなかったからだ。感想はまあまあ。リメイクだと感動は半減してしまうんだよな。やっぱ、リメイクは見るべきでないな。そういいながら、いくつもリメイクを見てしまっている。

ただ、すごいなと思うのは、犬にしっかりと演技をさせていることだ。犬がチームで鳥を捕獲するところとか、お互いを励ますところとか、かなりきちんとしたトレーニングをさせているところがうかがわれる。それが売り物だったのだろう。

以上。
by masagata2004 | 2006-03-23 22:00 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

映画「フレンチ・キス」 フランスは美しい

1995年のアメリカ映画「フレンチ・キス」は、私にフランスへの関心を強めさせた映画だ。
私の生涯において最も心に残る映画だ。昨日、レンタルで借りて再び感動に触れた。

主演はメグ・ライアンで、カナダ人の婚約者と一緒にカナダに住んでいるアメリカ人女性ケイトが主人公。フランスへ出張した恋人チャーリーが、パリから婚約解消の電話を告げる。チャーリーは、フランスで別の女性に恋をして、その女性と婚約までしたという。チャーリーを取り戻そうとパリへ向かったケイトが飛行機で出会ったのは、リュックというあこぎなフランス人男性。偶然出会った二人は、偶然のハプニングによりパリからコートジュボアールまで珍道中を繰り広げることになる。思わぬ出会いが思わぬ幸運へと変わるラブ・コメだ。こんな出会いが現実にあればなんと素晴らしいことかと思った程だ。

この映画の何よりも良かったのは、フランスの美しい景色がつぶさに映されたことだ。パリはもちろんのこと。列車で途中下車する田舎の町。葡萄園。リゾート地コートジュボアール。どのシーンも美しい。さすがフランス。学生時代、2度行ったことのあるフランスの風景と同様、絵画的で素晴らしいところばかりだ。

また、俳優人の演技がすばらしかった。主演のメグ・ライアンは良かったが、それよりもフランス人役をしたケビン・クラインの演技が素晴らしかった。彼はアメリカ人俳優でフランス語を母国語としているわけではない。フランス語を話すシーンが何度かあったが、ネイティブのフランス人が言うには、訛りはあるもののかなりいいフランス語だと褒めていた。ケビン・クラインは映画「イン&アウト」で見たことがあるが、その映画ではアメリカ人の高校教師を演じていた。その時の役柄とはまるっきり違うキャラを見事に演じているのには感銘を受ける。

また、脇役のフランス人俳優ジャン・レノもすばらしい。リュックを追う刑事役だが、見事なはまり役で、かつ味がある。

まだ1週間くらい借りれるので何度も見ようと思う。

でもって、同じくフランスを舞台にした映画「ショコラ」も、昨日レンタルした。これも、好きな映画だ。後日、評論を書きます。
by masagata2004 | 2006-03-21 22:03 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

そんなにすごいことなのかな

Excite エキサイト : スポーツニュース

お祝いムードに水を差すようで悪いけど、そもそも、この大会で確固たる野球のプロリーグがあるのは、アメリカと日本ぐらいのものでしょう。まあ、韓国、台湾もあるが、日米とは差があり過ぎる。

アメリカの大リーガー達は、オフシーズンでたいしてやる気なかろうし、日米野球なんか見れば分かるでしょう。本気出すわけじゃないんだよ。他の国は、プロのレベルといったら知れている。確固たる資本がバックについているリーグがあるわけじゃあないし、伝統や体制が整っているわけではない。日米と同等に戦えるほどの環境にそもそもからあったわけじゃあない。

サッカーのワールドカップみたいに、世界大会が開催できるほどのある程度対等なプロ環境があるわけじゃあないんだわさ。野球なんて世界のスポーツではない。まあ、今大会は誤審や不調が続いたから、そこから這い上がったというドラマがあるので、喜びも一塩なんだろうけど。

だけど、野球って、普通ワールド・シリーズでも日本シリーズでもそうだけど、決勝でも普通数試合やって多く勝った方が結果として勝利なんでしょう。1試合だけだと偶然性で勝ったりすることがあるから。高校野球と同様、勝ち抜き戦なんて、どう考えても非科学的なんだよね。

冷めた意見だけど、もうオリンピックにしろ、何にしろ、スポーツ観戦で、どっちが勝ったからと言って興奮する気はなくなった私にはどうでもいい。どうも、「この程度のこと」と見てしまう癖がついた。だから、こういうお祭り騒ぎに巻き込まされるのがうんざりだ。しばらく、ネットであれスポーツ関連のニュースを見るのは避けよう。テレビは全く見てない昨今だからいいけど。今日は試合をちょぴっと見たけど、来週にも処分する予定。

王ジャパン、世界一 キューバ倒す、松坂MVP [ 03月21日 17時50分 ]
共同通信

 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)20日共同】米大リーグの選手が本格的に参加して初めて開催された野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、サンディエゴのペトコ・パークで決勝を行い、王貞治監督(ソフトバンク)が率いる日本は10-6でアテネ五輪優勝のキューバを破り、初代世界一に輝いた。最優秀選手(MVP)には決勝の先発を含め3勝無敗の松坂大輔投手(西武)が選ばれた。

by masagata2004 | 2006-03-21 21:18 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

新聞博物館に行ってきました

b0017892_15515895.jpg


実を言うと、今日、横浜に行って来た目的は、日本新聞博物館を見学することでした。

新聞の歴史を明治の文明開化から現代までの振り返って展示している施設です。

古い時代の新聞、新聞紙を印刷する輪転機などが展示してあってなかなか面白かったです。私自身、最も興味を引いたのは、大正時代のデモクラシー運動と新聞の関わりを説明したコーナーでした。新聞が米騒動などの民衆運動を報じ、また「白虹事件」と呼ばれた弾圧などを受けながらも普通選挙法成立に寄与したことを説明したビデオが展示室で上映されていました。ちなみに白虹事件は、このブログの連載小説「白虹、日を貫けり」の題材となっています。

小説で、白虹事件と共にテーマとなっている戦前の新聞の翼賛体制についても展示物がありましたが、やはりというか、「軍部の襲撃や不買運動などで礼賛報道になってしまった」というような自己弁護的な解説しか見あたりませんでした。そもそも、世論に迎合して売上増進目的で、論調を軍部礼賛に変えていったような自己批判的な部分は見当たらず、駄目だなあと感じちゃいました。

でも、いろんなことが学べて良かったです。

入場料500円でしたが、とりあえず、ためにはなりました。
by masagata2004 | 2006-03-19 15:51 | メディア問題 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧