<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

映画「ブロークバック・マウンテン」3 謎を紐解く

前回に続いて、この映画のテーマは何なのかの謎解きをしていきたいと思う。

まず、同性愛がテーマではないと私は思っているが、その理由は、そういうことをテーマにしているわりには、ストーリーが単調で説明不足だからである。原作も数十ページの短編で、それを元にしているため、非常に単純な話しの流れだ。もし、そういうことをテーマにするなら、もっとストーリー展開が起伏に富んでいるはず、また、監督をアン・リーのようなタイプの人に任せないはずである。

数々の映画評論で、この視点にとらわれすぎて、この映画を過小評価している例がいくつか見られる。例えば、ビデオニュース・ドット・コムのコメンテーター、宮台真司氏は、「ゲイも恋愛する」ということを訴えたかったわりには説明不足で「出来の悪い少女漫画のようだ」と評論していた。私も、最初に書いた評論ではそんな感覚を覚えたが、何度か見直して考えていくにつれ、そういうことはテーマでないと気付いた。映画評論家でもある宮台氏が、こういう視点に捉えてしか評論できないのは、この番組の限界なのだろうと思う。

同じ種類の映画としてイギリスのパブリック・スクールを舞台にした「モーリス」という映画があり、それはテーマ性に富んでいるという。しかし、私は、この映画はつまらないと思った。まさに少女漫画のボーイズラブ系でしかないと言える。

また、同性愛を嫌悪する保守的な社会を批判しているということでもないと思う。そのわりには、彼らが、直接的に攻撃を受けるという場面が少なすぎるからだ。彼らの逢い引きを目撃したイ二スの妻が、多少感情的になる場面があるが、そのわりには物語での存在感が薄い気がした。

ところで、この映画はカウボーイと同性愛を関連づけているという意味で批判を受けているみたいだが、意外にも、それがテーマの一部であったりすると思う。というのも、カウボーイの生活は、この映画のようなことが起こりやすいからだと思う。これは、遠洋に出る船乗りでも起こりがちのこと。男しかいない隔絶された環境、食事もまずい、長きに渡って、他に楽しむこともなく、過酷な労働で癒しといえば仲間と交流すること。そうなると、男同士でも自然とそういう現象がおこるのではと推測される。遠洋漁業であれば小説「蟹工船」の一節に、船乗りの同性愛が描かれている。

映画の前編は、美しくのどかな牧場と山岳地帯の景色と共に、そういう孤独で過酷な生活を強いられる二人だけの世界が描かれている。人間は、自然とそうなっていくものだと表現しているようだ。面白いのは彼らを雇うアギーレという牧場長が、彼らの逢い引きをこっそり目撃していながら、咎めることなく、仕事を続けさせたことだ。つまりは、カウボーイの世界では、昔からこういうことは起こりがちだったので、黙認することがあったのだろうと暗示しているのだ。ジャックが翌年に牧場に戻ってきて仕事を断られるのも、逢い引きのことではなく、そういうことにかまけて言われた仕事を満足にしなかったことが問題だったような感じだった。

純愛を描いた小説という考え方もある。男女の純愛小説で言えば「ノルウェイの森」や「世界の中心で愛を叫ぶ」などがあるが、これもストーリー展開がよく似ている。最後に愛する人が死んで自分が一人悲しく残されるところも同じ。それを、そのまま同性愛に当てはめたのではないかと考えられるが、しかし、どうもそのわりには、ストーリー展開が単調すぎるような気がする。また、二人の愛の営みの描写が後編では少ない。また、ジャックが別の男とつながっていく展開からして、純愛に焦点を当てている気はしなかった。

ただ、純愛だとしたら「ノルウェイの森」や「セカチュウ」よりは出来がいいと思う。男女の純愛では、ありきたりすぎ、同性愛ほど切迫していないため、スリルに乏しい。世間的に言えばよくあるお話だ。その意味で、いいネタを拾ったとは言える。

結局のところ思うのは、人間の感情の葛藤を表現したかったのではないかと。それに尽きると思う。イニスが4年ぶりの再会でジャックに突然キスをするところも、そんな感情の表れだ。単純で怒りっぽいカウボーイの青年なら感情をコントロールしにくいものだからうってつけなのだ。最後に亡きジャックとの思い出を胸に秘める切ない場面も感情の込み上げを表現している。

また、二人の許されざる愛から来る絶望感から、人生のどうにもならない悲哀を表現していると感じた。つまり人生とは何だというテーマを投げかけられた気がした。イニスのこの言葉は印象的だ。「どうにもならないのだから、耐えるしかない」と。これはジャックが一緒に暮らそうと提案してきた時に世間の風当たりがあるし家庭も捨てられないので、このまま時々会うだけにしようと返した時に言った台詞だ。無学で貧しい俺達にとって人生でやれることなど限られているという意味にもとれた。しかし、どんな人にでも共通する感覚であると思う。

恋愛に限らず、あらゆる人生の岐路に立つと誰もがそうなる。最近、仕事や将来に不安を強く感じ始めた私は、その「絶望感」に共感してしまった。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ

b0017892_23172440.jpg

by masagata2004 | 2006-09-30 12:40 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(1)

映画「ブロークバックマウンテン」2 テーマはゲイではなかった

前回、月曜日にこの映画の評論を書いたが、その時は女性向けのボーイズラブなのかなと軽んじた評論を書いたが、その後、そうでないことに気付いた。

この映画は非常に奥が深い。とういうのも、この映画を観た次の日から、映画のシーンや台詞が何度もフラッシュバックとして蘇り、頭から離れず、仕事中さえも現れ、手がつかなくなったくらいだ。気が付いたら今度はDVDを3990円で購入し、そして、アマゾンを通して、原作の本(英語)を買ってしまった。

この映画の評論をヤフーで見たが、かなりの高得点で、どれも私と同じように、何度見てもいい映画だという評価を与えている。男、女、同性愛、異性愛に限らずである。ちなみに私はゲイではない。だから、不思議である。その謎を解くため、毎夜のように見ている。たかが映画でこんなに頭が混乱し放心状態に至ったことは生きていて始めてである。

本が届いたので、アニー・プルー女史の原作を短編ということもあり一挙に読み通した。最後のページの文章は映画にはなかった補足という意味で強いメッセージが込められていた。

これは人間の感情を体現しているのではと思う。揺さぶる感情を二人の男の愛で表現していて、誰もが心の奥底に持つ魂の感情を呼び起こす役割をしているのではと思う。

この映画の衝撃で数日間、思考停止状態に陥っていたが、少しずつ理解できるようになって気分が安定してきている。もっと繰り返し見て、中身を探って見ようと思う。完全に理解できるようになったら、自分はかなり成長しているのだと思う。

ところで、この映画、アカデミー作品賞を獲っても良かったのに、カウボーイとゲイのイメージが重なるのを嫌悪した協会が配慮して避けたといわれる。アメリカの保守的な州では上映さえ禁止したという。それは多少理解できる。なぜなら、この映画、大変作りがよい。だから、与える影響もとても大きいのだ。ポルノの延長のB級レベルであれば、誰も気に留めなかっただろう。

ちなみにこの映画、カウボーイもテーマではないと思う。また、同性愛を嫌悪する保守的な社会を批判しているわけでもないと思う。

しかし、アン・リー監督ってすごいな。台湾人でアメリカのカウボーイのラブストーリーを描けるなんて。そうだ、是非とも私の自作小説が映画化でもされるのであれば、彼に作ってもらいたい。台湾人ということだし、私の小説はピッタリのはず。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ

Part3もあり。ネタバレもあるのでご注意。
by masagata2004 | 2006-09-29 00:24 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

映画「ブロークバック・マウンテン」 カウボーイにゲイは似合わない

そういう感じの映画だった。DVDを借りて見た。

1960年代アメリカ、ワイオミング州でジャックとイニスというカウボーイが出会い、そこから二人の苦難の日々が始まる。

今でさえ同性愛といえば、日本はもちろん、アメリカでさえ社会の扱いは厳しい。ましてや男の中の男とされるカウボーイがそんなんでは大問題。互いに秘め事として逢い引きをするが、やはり秘め事では耐えられない。そんな感じの物語。

ブロークバック・マウンテンという美しい山岳地帯の景色がよかった。が、ストーリーは単調。ゲイのシーンは、女性好みといったところか。しかし、あんなところでは寒すぎないかと思ったが。

ただ、カウボーイとゲイのイメージはどうも重ならない。そもそもカウボーイというのは、アメリカでは孤独な男というイメージが強いらしい。彼ら自身の孤独感はそういうことにマッチしていたが、切ない恋愛感情とカウボーイの荒々しさはマッチしにくい感じがした。

だけど、この映画って台湾人が監督やっていたというのはどうも不思議。台湾人がカウボーイのゲイ物語を描くというのは、何とも国際的過ぎて訳が分からない。

ゲイに関しては、アメリカに留学していた時、ゲイの人がこんなことを言っていたのを覚えている。「ゲイを罪悪視したり、病的に見る社会こそが病気なのだ」と。そんなことを伝えたかったのか。

ところで、男の中の男としてのイメージとしては、我が国ではすでにいなくなったサムライが代表されるが、サムライは、実を言うとゲイ、当時は「男色」と呼んでいたが、そういうことをたしなんでおり、社会もそういうことに寛容であったと。いい例が織田信長である。家来の森蘭丸とはよろしくやっていて、本能寺の変までしっかりと付き添っていたらしい。(*)この辺のことに関して詳しいことをお知りになりたければ、この記事を。

まあ、メロドラマでくさるほど見せられる男女の不倫よりは、新鮮みのある題材なのだろう。

(*)2008年1月23日(主演俳優ヒース・レジャー氏が亡くなった日)に追記。ここに関連記事

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ

Part2もあり。
by masagata2004 | 2006-09-26 00:17 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

曼珠沙華という花

別名、彼岸花といいます。

b0017892_154845.jpg


いい写真だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-23 15:04 | ライフ・スタイル | Trackback | Comments(0)

美しい日本とは

b0017892_129631.jpg

こんな風景がどこにでも見られる日本ではないでしょうか。日の丸、君が代とかではなくて。

新宿御苑内にて。

いい写真だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-23 12:09 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

この花の名前知ってる?

b0017892_10312666.jpg


答えは、ここに。

いい写真だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-23 10:31 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

駄目日本親父の象徴 石原君、ジジイは引退シナ

Excite エキサイト : 社会ニュース

それしか言いようがない。

70を過ぎて高校生や教師のこと何て、考えてなかろうに。要は、威張って目立ちたいだけなんだろう。

もう充分目立ったんだから落ち着いたら。弟ほどではなかったけど。

まあ、この人は見ていておもろいね。歳を重ねる毎に。ただ笑い事じゃない。こんな奴にこっちは税金収めているんだから。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-22 21:56 | 時事トピック | Trackback(1) | Comments(0)

映画「ニュルンベルグ裁判」 戦争の総括とは

映画は1961年のアメリカ映画「ニュルンベルグ裁判」です。敗戦後のドイツ、ニュルンベルグでの戦犯裁判所をテーマとした物語です。実話をある程度もとにしています。

物語はアメリカの地方判事が、元裁判官で法務長官のヤニングという人を裁く話しです。彼はナチスに屈していながら、実を言うとナチスに抵抗していた面があるとして、他の被告とは別格に扱われるべきだと考えられていました。

ヤニング氏は、民主的なワイマール憲法の考案者でもありました。なぜ、ヤニング氏がナチスの独裁になってからも、判事を辞めなかったかというと、彼は自分がやめたら、もっとひどい奴が自分の地位についてもっと事態を悪化させると。味方になる振りをしながら、最悪の事態に歯止めをかけようとする現実的な選択をしたのです。事実、彼はユダヤ人の医師を自分の主治医にして守りました。しかしながら、彼は有罪となり終身刑を言い渡されます。

映画はアメリカ映画ながら、ドイツ人からの視点がたっぷり盛り込まれています。ヤニングを弁護するドイツ人弁護士がする弁論には驚くばかりです。つまりは、この裁判は、勝者からの一方的な思い込みによって運営されていると。そして、裁判は一つ一つの事例について精査しながら為されるべきだと。そういうメッセージが込められています。

ニュルンベルグ裁判は、東京裁判とよく比べられ、東京裁判は批判が強いですが、ニュルンベルグはそうでもないといわれます。ニュルンベルグでは被告側のドイツの関与がそれなりに強かったからです。ですが、どちらも敗戦国だけに戦争の責任を押しつけた復讐的な要素が非常に強いことには変わりありません。

印象的だったのは、ドイツ人弁護士が被告と話しながら「アメリカも広島や長崎でひどいことをしたじゃないですか」と叫ぶところです。考えてみれば、東京裁判のアメリカ人弁護士も、同じことを言っていました。それが法の精神というものなのでしょう。

ただドイツは、このニュルンベルグ裁判を真摯に受け止め今年は60周年の式典を開き、意義あるものだったと認めています。対照的に日本では総理となる人が「事後立法だから認めない」と切り捨ててしまう始末。アメリカに感謝したらいいのに、自分のご祖父は、あの裁判で起訴されずにすんだのだから。現在の国際刑事裁判所の設立にも、この戦犯法廷の歴史はかなり寄与したんだから。国家としては、意義あるものだと認めるが勝ちだと思うんですけど。

俳優の話で言うと、二人の人物が印象に残りますね。一人は、主人公のアメリカ人判事役のスペンサー・トレーシーです。彼は67年の「招かれざる客」で主演を務めました。黒人の婚約者を連れてきた娘の父親役です。いわばリベラルな60年代を象徴する映画がはまっているのかなと感じます。

もう一人は何と言っても、ドイツ人の軍人未亡人の役として出演したマルレーネ・ディートリッヒです。ナチス政権下にアメリカに亡命したドイツ人女優でした。彼女の祖国への愛国心がにじみ出る演技でした。

ヤニング元判事を演じたバート・ランカスターもすばらしかったです。ヤニング判事が、ヒットラー誕生からドイツが狂っていった様子を説明し、悲しむ場面は日本人の我々にもぐさっと来ます。罪を認め、その上で乗り越えるしかないと。最初から最後まで一貫して悲しそうな顔をできたのはすごい名演でした。

解放された収容所の様子を収めたフィルムが出てきますが、こんなことを国家が組織的に行ってしまったとは恐ろしいことです。だからこそ、ドイツは憲法より優先してでもネオナチの取締りを行い、ホロコーストを公然と否定する者を刑務所へ送りこむのだなと理解できます。

日本では、堂々と「南京虐殺はない」と言って本まで出版する輩がいるくらいですから。そういえば東中野という学者が、そのことで名誉毀損で訴えられ賠償命令が出されましたよね。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-22 21:29 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

「美しい国」らしい判決かな?

Excite エキサイト : 社会ニュース

君が代、日の丸の教育現場での強制に関して賛否がありますが、実際のところ、法律がどこまで関与できるかは難しいところです。左右の思想とかではなく、決められた枠の中での判断がベースになっていますから。

だが、ここで都教委に有利な判決を出すと、最近の不気味な右傾化を加速化させる心配があったのではないでしょうか。今回の判決はかなり左側の人を喜ばせる結果になったような感じです。おまけに君が代、日の丸、そのものに対する批判論も付け加えて。判事としては、すごいサービスをしてしまったという感じがします。考えとしては支持しますが、裁判所がここまで味方するのかと驚いています。

少々立ち入っても、事態の悪化に歯止めをかけたいと思ったのでしょう。特に教育基本法改悪を唱える安倍首相の誕生となりましたし、大事な時です。でも、結局のところ、自由主義の国なら当然の判決だったのでしょう。これぞ「美しい国」というものです。どこの誰かが、そんなスローガンを唱えてましたよね。

ところで、君が代と並んで問題となった「日の丸」ですが、かつて銀座の町にこんな光景が見られたのをご存知ですか。

b0017892_22484387.jpg


そういうことを考えると日の丸を強制されるのは確かに嫌で、そのネガティブなイメージを払拭させるだけの総括をこの60年以上もの間してきたとは言えません。だからこそ、誇りに思えないのでは。

ちなみに私はこのブログの自作小説でそれを自分なりにしています。よろしければ、これを読んで見てください。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-21 22:49 | 時事トピック | Trackback(1) | Comments(0)

短命内閣誕生へ 政権交代が近くなったかな

Excite エキサイト : 政治ニュース

安倍総理の誕生だが、これでいいのかも、中途半端でなくて。

タカ派かハト派か知らないが、彼は能力、力量、党内の信頼度には欠ける。
他にいないからやむ得ず選ばれたという感じかな。

拉致問題のことは、この人が全てとり仕切ったとかいうことではないと思うけど、マスコミで強硬論を振りまいた姿勢が受けたんだろう。それにね、残念ながら、戦略的に日本の拉致問題の姿勢は、功を奏しているかは疑問。5人が帰ってきたのは良かったけど。ただ、これ以上の進展はのぞめないでしょう。

どうせ短命と分かっていて、選ばれたんだろうけど。

ただ、希望はある。これでこの人が、政権交代を分かりやすく加速させる。

さすがの民主党も、前回の大敗、前原の辞任から学んだと思うし。

同じ党の総理が変わったって、政治の根本問題、特に官僚との深いつながりは切れない。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-09-20 23:50 | 時事トピック | Trackback(1) | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧