<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

映画「尼僧物語」 西欧のキリスト教批判

Yahooハリウッド見放題第2弾1959年制作。オードリー・ヘップバーン演じるガブリエルという若い女性は、看護婦をしながら修道院で尼としての修行を積むが、感情を抑えることを強要する不自然な戒律に疑問を抱き、ついには修道院を出る決意をする。映画、そのものは退屈で、分かりにくい描写ばかりで、ただ尼僧の日常を淡々と描いているという印象を受けた。しかし、明らかにキリスト教批判を思わせる。

それも、西欧社会からかねてあったキリスト教に対する嫌悪感を一つの映画に凝縮させたもののようだ。

西欧のようなキリスト教国家圏が、キリスト教批判の映画をと驚くが、けっして珍しいことではないらしい。ローマ帝国を滅ぼしたのも、キリスト教だと言われているし、また、キリスト教は、神を抜くと「マキャベリズム」そのものだと唱える人もいる。

以前、アメリカの大学に留学していた時、キリスト教のような宗教は、人間の自然への挑戦から生まれた概念だと環境学の講義で聴いた。

つまりは、狩猟採集の生活から農耕へとライフスタイルが変わるにあたり、それまでの自然信仰から、自然を征服コントロールする術を人間が身につけなければいけなくなり、そういう宗教が生まれたのだと。

人間の自然から沸き起こる感情も支配の対象となったのだ。それに関連し性も縛り付けの対象とされた。処女の純潔さもそこに起因すると言われる。また、同性愛やコンドームを使用する避妊などは、快楽のみが目的のセックスのため、罪深いものとみなされていったと。セックスするなら生産性のある労働としてすべきだと。本来、快楽を求めるという意味でセックス自体はいけないものだが、だが、全くしないと人類は滅亡し、また、大事な労働力が生産されていかない。だから、異性愛、それも避妊をしないセックスのみがいいものとなったと。

宗教を崇高なものと考えるのは間違っているということか。まあ、最近じゃあ、宗教者のスキャンダル多いしな。そろそろ化けの皮が剥がれていっている時代だし、でも、ずいぶん前から疑問は沸き起こっていたわけだ。


いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-10-30 20:31 | 映画ドラマ評論

大事だが、日本にはその前にすることがある。

Excite エキサイト : 社会ニュース

この記事を読もう。

それから、この記事も。

日本は被害者になる前に、加害者であったことを忘れずに。

もちろん、だからといってアメリカの責任が帳消しされるわけではない。本来ならば、アメリカに請求することができるはず。してもいいはず。しかし、それができないのはなぜか。その理由を考えてみなければならない。
by masagata2004 | 2006-10-29 23:37 | 時事トピック

熱いトタン屋根の猫 あの時代なりの同性愛擁護

今日から、Yahooのハリウッド1ヶ月見放題コースに加入視聴することにした。

最初に選んだのは、エリザベス・テイラーとポール・ニューマン主演の「熱いトタン屋根の猫」。

1958年制作の米南部の農場主一家の愛憎劇。

エリザベス・テイラー扮するマギーは、ニューマン扮する夫、ブリックの不感症にいらいらしていた。というのは、夫は今でいうゲイ。親友を失ってから飲んだくれになり、自分を相手にしてくれない。

そんな時、夫の父で農場主のビッグ・ダディがやってくる。ビッグ・ダディは死が近い。そして、ブリックのことを心配している。

ブリックは、ビッグダディにマギーとの不仲のことを問いつめられ、真実を話す。結局のところ、核心をつくところはぼかしていたが、要は、ブリックはゲイでゲイの親友の死で苦しんでいたとのこと。

ただ、あの時代でそれも保守的な南部を舞台にしていながら、ゲイのことを「汚らわしい」とかいう描写はなかった。ビッグダディも息子を慰め、妻のマギーも夫のその気持ちを理解しているといった感じだ。最後は、夫婦の愛を取り戻すという形のハッピーエンド。

最近では「ブロークバック・マウンテン」などの映画で、かなり直接的にゲイのことを題材にする映画があるが、すでに半世紀前から、大俳優を起用して、それもあまり否定的でない形で同性愛の心理を描く映画があったとは驚きだ。

でもまあ、エリザベス・テイラーは美しかった。あんな美女が妻なら、ゲイになる男なんていないだろうにと思う程美しかった。顔もスタイルもピカイチだった。年取った彼女しか、写真や映像では知らなかっただけに、その美しさ、セクシーさには驚きだった。

次はオードリー・ヘップバーンの「尼僧物語」を見ようと思う。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-10-29 16:08 | 映画ドラマ評論

パリは美しかったよ 1993年4月だったかな

パリの現実に落胆、「パリ症候群」の日本人観光客 | Excite エキサイト

私が行ったのは、1993年の4月、アメリカの大学に留学中の時で、大学のイースター休暇の時にサンフランシスコから行きました。

思った以上に美しく、泊まったホテルは、安いホテルにもかかわらず親切で。食事も、まあよかった。ルーブル美術館、エッフェル塔、思った通りというか、それ以上にすばらしかった。

街の風景はどこを見ても絵画のようで。それから、パリ郊外のベルサイユ宮殿も行きましたね。豪華で美しかった。歴史を感じた。

とにかく、美しかった。今までいった街の中で一番美しかったと言っていい。

この人達は、どうしたことか。それとも、10年以上も経ってパリも変わってしまったのか。
by masagata2004 | 2006-10-24 19:59 | 旅行

神保・宮台と決別

先程、ビデオジャーナリスト神保哲生氏の運営するビデオニュース・ドット・コムの視聴を解約してきた。

これまで、毎月525円を支払い、視聴してきたが、最近になって見る気がしなくなり解約に踏み切った。この番組は、インターネット上で時事問題を各界の専門家などを招き対談形式で解説をしたり意見を述べたりするものだ。神保氏が司会をして、首都大学の社会学者、宮台真司氏が、補足としての解説をする。2年前、イラク人質事件をきっかけに見始めた。その時は、とても斬新なものだと思ったが、最近は、彼らに対しがっかりすることがあり、結局、見ることをやめてしまった。

報道の公正・中立の観点から、権力迎合、商業主義の大手メディアを批判していながら、彼ら自身が、それほどの公正中立かというと、そうでもない。彼ら2人の独断と偏見で運営されていることから、他のメディアと同様、偏っているのには変わりない。そんなことは分かっていたからいいのだが、最近とてもひどいことを発見してしまった。それは、宮台氏の身内びいきである。それに関しては、この記事に詳しく書いている。言動不一致とはこのことだ。

また、彼らが持ち上げた植草氏のこともある。最近、痴漢容疑で逮捕された植草一秀氏をビデオニュースで2度出演させた。一度目は、植草氏が2年前迷惑防止条例違反で有罪判決を受けた後、その次は、今年、小泉政権の経済政策を批判する番組に出演させた時だ。植草氏は、その後に電車内で女子高生のお尻を触った容疑で逮捕された。

彼らが植草氏を番組出演させた理由は、彼が受けた捜査にあまりにも不審な点が多く、警察の陰謀ではないかということで検証したかったとのこと。だが、番組内では、冤罪主張をする植草氏を持ち上げすぎといっていい演出が見られた。宮台氏は、植草氏の性的志向を検察が法廷で持ち込んだことは不当だと主張していたが、裁判では、被告の主張の信憑性などで、そういうことが判断材料として使われることがある。植草氏の主張にも、客観的に矛盾する点が見られた。このことに関しては、この記事を読むといい。宮台氏も同じような趣味の持ち主らしく同類を哀れむといった感じがしてしまった。

植草氏を2度目に出演させた時、視聴者から批判があり、それに答える形で神保氏が、国策捜査の疑いから有罪とは断定すべきでないと主張し、また、有罪であったとしても、それなりの罰則を受け代償を払ったものに再起の道を閉ざすべきでないと考えたからだという。だが、その再起の道を与えるのは、罪状をしっかりと認め反省し、二度と繰り返さないと誓った者に対してするべきことではないのか。冤罪と信じて疑わないからか、それとも、刑罰を受けた者に二重の罰を加えるべきでないと考えるからなのか、はっきりさせて欲しいものだ。

植草氏が、二度目の逮捕を受けた後、神保と宮台氏は、ある種の弁明の番組を開き、こう主張した。今度も植草氏が罪状を否認している状態だから、その段階では、何ともいいようがないと。それは理解できる。だが、その後の彼らの述べる意見には開いた口が塞がらなかった。

まず、神保氏が、植草氏をアメリカのマーサ・スチュワート氏と比較して、スチュワート女史が、証券取引法違反で有罪を受け刑罰を受けていながら、社会復帰できたケースと植草氏のケースを比べたのだ。そして、いつものように日本はこれだから変だと。
植草氏は、経済法違反者ではない。有罪だとしたら性犯罪者なのだ。性犯罪は再犯の可能性も高く、いわゆる精神病。ちなみに、アメリカでは性犯罪者、特に未成年者を被害者にする性犯罪者の処置は、刑務所を出所後も厳しい。そういうことを神保氏が知らないはずがない。何とも卑怯だ。

また、宮台氏は、植草氏が仮に犯罪者であったとしても彼の経済理論を否定することはすべきでないと主張。例によって恩師小室氏の素晴らしい講釈を引用して、これだから、日本は駄目なのだと。引用したのは、大正時代、日本の学会において超能力研究が異端さから排除されたこと。だが、植草氏のケースとどう関連するのかは意味不明。

要は仲間びいきをして、肩すかしを食らったお二人の苦し紛れの言い訳としか聞こえなかった。

また、映画評論家としても活躍する宮台氏の貧しい映画評論にも触れたことも理由。そのことに関しては、この記事を。あまりにも薄ぺらく、映画通とは思えない評論だった。ついでに、彼が以前絶賛し薦めるのでDVDをレンタルしてみた「NANA」はひどかった。彼には映画を見る目はないと断定する。今までこんな発想の貧困な学者の解説に頷いていたのかと思うと、自分が情けなかった。

私個人の事情もある。最近、こういう社会問題に関心が薄れてきた感がある。どうも、つまらない。世の中、どうせそんなに良くならないのだから、ほっておくしかねえのじゃないかと。去年の衆院での小泉自民圧勝から、もうどうにもならないという無力感が漂っていた。安部氏が首相になってもう絶望的だ。

ジャーナリストや学者がどんなに正義を振りかざそうと、この世の悲劇はなくならず、犠牲者も後を絶たない。世の中そんなものだから、あきらめるしかない。どうにもならないことは、ただ耐えるしかないと考えるようになった。

神保さん、宮台さん、少ないリソースで、それなりに頑張っているお二人には、大いに敬意を払いますが、もう私はあなたたちのセカイから退場させていただきます。どうせ、おたくらは、私のようなのをヘタレと呼んで一蹴されるのでしょうけど。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ

P.S. 神保さん、宮台さん、これもしかして読んでいたら、よろしければTBしてくださいな。
by masagata2004 | 2006-10-22 12:10 | メディア問題

これを前にして同じことが言えるのか

Excite エキサイト : 政治ニュース

b0017892_2133058.jpg


日本が核を持つといってしまえば、世界の核廃絶は夢の夢となる。


ただ、この広島も大事だが、その前に、南京や重慶のことを日本人は認識しないとね。

そのことに関しては以下の記事を!

南京大虐殺の生存者が問いかけるもの

敗戦60周年 忘れてはいけない「重慶爆撃」
by masagata2004 | 2006-10-20 21:06 | 時事トピック

新宿の薔薇

b0017892_10162062.jpg



いい写真だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-10-15 10:16 | 風景写真&動画集

自作小説「白虹、日を貫けり」 第40章 チャーリーの正体

テーマは、ジャーナリズム、民主主義、愛国心。大正時代から終戦までの激動の時代を振り返りながら考える。

まずは、まえがきから第39章までをお読みください。

一九三九年八月 

 東亜新秩序構想を声明として発表して以来、日米関係は、さらなる悪化の一途を辿っている。六月には日本軍が中国の北京近くにある租界、天津を抗日運動の拠点とみなして封鎖。そのことに対し、アメリカは日米通商航海条約の廃棄を通告してきた。それによりくず鉄、石油・工作機械などの輸入が制限されるようになった。
 日本経済に打撃を与えるのは必至だ。そんんなか、外務大臣から龍一に思わぬお呼び出しがかかった。
 それは、アメリカ大使館での日米政府関係者の親睦会としてテニス大会が開かれるので、そこで日本側の代表選手として出席して貰いたいとのことだった。
 外務省内にテニスの上手い者がなかなか見つからないため、急遽、官邸の龍一にお声がかかったということだ。何としても、負けられない試合だという。
 龍一は、快く引き受けた。最も、テニスには自信がある方ではない。子供の頃からやっていて、神戸の高校時代は庭球部員であったが、けっしてどんな対戦相手でも打ち負かせる程の自信があるわけではなかった。相手側もきっと凄腕を連れてくるだろう。だが、そんなことはどうでもいい。所詮は親睦会である。考えているのは、これを機会に大使館側と緊密な接触を持ち、今後の動向を探るきっかけとしたいのである。それは外務省も官邸も龍一に望むことであった。
 お昼時、赤坂のアメリカ大使館の芝生にテニスコート一面が設置されていた。ジョゼフ・グルー大使が主催者となり、パーティーは始まった。ワインが配られ、屋外のテーブルにサンドイッチや菓子が並べられている。実に楽しい雰囲気がお膳立てされていた。
 龍一は、緊張していた。テニスをする格好に着替え、試合が始まるのを待っていた。対戦相手はどんな奴なのかと少し不安であった。負けるにしてもあまりひどい負け方をしては、この先付き合いがしづらくなるし、官邸や外務省の面子を潰すことになる。まあ、相手もお手柔らかにやってくれるのだろうが。
「レディーズ・アンド・ジェントルマン、お集まり下さい。只今より、本日最大のイベントであります米日政府代表によるテニス試合を開催します」
とグルー大使。その傍らには主賓の外務大臣が立っていた。
 招待客の注目が、芝生のテニスコートに集中する。皆、わくわくとした表情となった。 龍一は、白髪のグルー大使に近付く。右手にはラケットを持っている。
「君が、日本代表かね」
とグルー大使。
「初めまして、大使。官邸から来ました。総理補佐官のリュウイチ・シラカワと申します。よろしければリッチーと呼んでください」 龍一は、アメリカ人らしい自己紹介を英語でした。アメリカ人は、知り合った相手をファーストネーム、それも愛称で呼ぶことを好む。
「そうかね、リッチー。こちらこそよろしくところで、我々の選手をここに紹介する」
とグルー大使が手の平でそばに立っている金髪の男を差す。
「彼の名はチャールズ・タウンセンドという。一等書記官として今月から赴任することになった」
 そのとたん、龍一は「チャーリー」という言葉を発してしまった。
「やあ、リッチー」とチャーリーは返す。
「おお、さっそく、ファーストネームで呼んでくれるとは、気が合いそうだな」
とグルー大使はにこにこしながら、二人の対戦相手を交互に見ながら言った。
「ミスター・グルー、私は絶対、この男に負けませんよ」
とチャーリーは、にたにたしながら龍一に対して言った。
 龍一は、心の炎がばっと燃えついた気分となった。絶対に負けられない。
 外務大臣が、
「大使どうですかな。もし、私たちが勝てば輸出制限を解くと約束できませんかな」
と冗談ぽく話しかける。大使は、微笑みながらも何も答えない。
 コートの上に立った二人、試合は一セットマッチである。先に六ゲームを勝ち抜いた方が勝利である。
 まずは龍一がサーブする。ボールは、チャーリーのコートで跳ね上がり、チャーリーが跳ね返す。ネットの上を飛び越したボールを龍一がボレーで打ち付け、相手方に落とす。「フィフティーン・ラブ」
と審判をする大使館員が言った。
 龍一は悟った。チャーリーはテニスなどしたことはないと。
 試合は、見ている方にとってとても退屈な展開となった。龍一が一方的に責める体制になっていたからだ。二分ほどで一ゲームが終了して、次のゲームも同じ長さ、次もである。
 龍一にとっては赤子をあやすような感じであった。それでも手加減はしなかったものの、あまりにも差があり過ぎて勝負が見えている。日本人の招待客でさえも、面白味を感じられず、しらけてしまっている。アメリカ側の過剰なサービスかと思える程だ。
 龍一は、チャーリーが、それなりに立ち向かっていることを感じていた。だが、ろくにテニスの経験がないことが災いしているようだ。親睦会と思って甘く見ていたのか。
 龍一は周囲がしらける中、容赦せず試合を最後まで精一杯やり遂げた。
 試合は十五分ほどで終わった。あっけなく終わったという感じだった。龍一が全六ゲームを取り、楽勝である。チャーリーは一ポイントを取ったのみ。たまたま、龍一がボールをアウトした一回だけだった。それもラインぎりぎりでインと判定しても良かった程、微妙な審判結果によるものだ。
 ネット越しに、白々しく握手をして、試合を締めくくった。チャーリーはかなり汗だくになっていた。龍一はすがすがしかった。
 今度は、こっちがしてやったぞ、という気分に龍一はなっていた。
b0017892_23251515.jpg

 二人でコートを出ると、龍一は何気なく話しかけた。周囲の者は、誰も自分たちに関心がなさそうだ。
「驚いたな。あんたが国務省の人間だったとは」
「ほう、何だと思った?」
とチャーリー。少し息が切れている調子だ。「FBIかOSIかと」
「そう思われたとは光栄だな」
 チャーリーは笑顔で龍一を見返す。
「私のことを何でも調べているとか言っているが、今度ばかりは調査不足だったな。テニスの腕前もきちんと調べておくんだったな。そして、自分よりもましな対戦相手をぶつけるべきだったな」
と龍一は当てつけのように言う。
「さっきの試合は、あんたの性格を分析する上では格好の材料だった。これで我々の良き仲間になってくれることは間違いない」
「何を言っている。勘違いしないでくれ。私はあんたらの仲間ではない。借りなど作ってはないぞ。思い込みを持ち込まないでくれ」と龍一はつけ込まれまいとした。蒋介石と会えたことを恩とは思ってないぞと言いたかった。
「いや、協力するさ。それも近い内に。君の体を流れる血がそうさせるのさ。私は何もかもお見通しだ。いいな。近々また会おう」
 チャーリーは、そう言うと龍一から離れて言った。
 また何をほざいている。一体何を企んでいるのか。龍一は警戒心を持ちながらも、気にしないようにすることにした。

 翌月、ドイツが隣国ポーランドに侵攻したニュースが駆けめぐった。

第41章へつづく。

それから、次作予告もご覧遊ばせ。
by masagata2004 | 2006-10-08 22:35 | 自作小説

これが都内だと信じられる?

b0017892_12405965.jpg


いい写真だと思ったらクリックしてください。ランキングへ
by masagata2004 | 2006-10-07 12:40 | 風景写真&動画集

総理、辞めてください

Excite エキサイト : 政治ニュース

この人は、自分の立場でこんな発言をすることにどう責任を感じているのだろうか。
by masagata2004 | 2006-10-06 23:48 | 時事トピック


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧