<   2008年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

朝日の社説と、このブログの自作小説

Excite エキサイト : 社会ニュース

本日、朝日、読売、日経の3社の連合によるポータル・サイトが開設されたとか。

その名は、新たにすだと。

3社の記事や社説を読み比べることができる。

そのこともあってか朝日のその日の社説は、このサイトについて書いていた。その中の記事に実に興味深い文があった。一部を引用するが、

「戦前は、朝日新聞をはじめ多くの新聞が政府の方針に沿い、戦争への道をあおってきた。昨年からの本紙の連載「新聞と戦争」が伝える通りである。

 それでも、明治の自由民権や大正デモクラシーの時代には、政府寄りの新聞がある一方で、政府を厳しく批判する新聞もあって、鋭い言論や特ダネが紙面をにぎわした。そうしたあふれんばかりのエネルギーが、今も新聞の原点である。」

この部分は、私のブログで連載していた小説「白虹、日を貫けり」のテーマでもある。

昨年から連載の「新聞と戦争」だが、これはもしかして、私がきっかけを作ったのではと自負している。2005年の7月に私は、市民メディアのJANJANでこんな記事を投稿した。この記事の反響は、大きく記事ランキングでも40日間の投稿記事中2位になったほどだ。その半年前から、昨年の冬迄の間に小説を連載していた。

その翌年の2006年の11月15日、アジアプレスの代表を務める野中章弘氏の主催するジャーナリズムに関する集会に出席。その時、CNNの米軍アフガン攻撃報道における軍部支持を打ち出すキャスターのコメント場面の映像が紹介された。

私は、その会場で「戦前の日本の報道も変わらない。売上を伸ばすため朝日新聞も戦争を煽っていた。」とコメント。野中氏は、私のコメントにちょっと驚いた様子だった。野中氏は朝日と関係の深い人だからだ。

その集会の後、メールを野中氏に送り、自分がJANJANに投稿した記事を送付。その後、返信で「ご指摘の通りです」というメッセージを貰った。

もしかして、そのことが翌年の朝日の自社史反省のきっかけになったんじゃないかと勘ぐってしまう。だとしたら、自分が発起人ということか。

もっとも、朝日の戦前における軍部礼賛と戦後の手の平を返したような護憲平和主義の矛盾は、以前から保守系メディアでよく報じられていたけどね。

最近はネットの力もあって、小さな一市民が、世を動かすだけの力を持てるようになったのかもしれない。それがいいことなのか、悪いことなのか分からないけど。

もう新聞でなく、ネットの時代だね。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-01-31 21:07 | 自作小説 | Trackback | Comments(1)

この映像が謝罪の原因か?

Excite エキサイト : 国際ニュース

You Tubeで話題の鯨に関する映像

この映像の中にオーストラリアのアポリジニに関する指摘がある。

これ、オーストラリアの政府関係者も観たらしく、それが影響したのかな。

だとしたら、それはそれでいい効果があったということか。
by masagata2004 | 2008-01-30 21:21 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

「アグリー・ベティ」はまるで「プラダを着た悪魔」

NHKのBS2放送で、アメリカABCのコメディ「アグリー・ベティ」を放送していた。

これは、南米コロンビアの「Yo Soy Betty, la fea (私はブスなベティ)」のアメリカ版リメイクだ。コロンビアを含め南米中で大ブームとなり、インドやロシアなどでも現地版でリメイクされるほど世界的な大ブームになったメロドラマが元である。

ストーリーは、容姿がお世辞にも美人とはいえない若い女性ベティが、何の因果かニューヨークの一流ファッション雑誌の編集長秘書に。コロンビア版では、服飾メーカーの社長秘書。
編集長のダニエルは創業者一族の御曹司でプレイボーイ、ダニエルが女に手を出さないようにするため彼女が雇われる。コロンビア版では、御曹司の社長が、嫉妬深い恋人が監視役によこした女友達を雇わない口実にするため彼女を雇う。

アメリカでは、フェミニスト共にうるさく言われたくないためか、ベティの扱いはやや丁重になっている感じだ。その上、コメディ性をかなり強めている。この番組、ゴールデン・グローブ賞を受賞したらしく、主演女優に対しては、記者が「アグリー(醜い)」なんて言葉を不快に感じませんかという質問が寄せられたほど、このドラマの設定には、アメリカ社会らしい気の使いようが感じられる。だが、ラテン系のそんなに美人でない女性が主人公というのは、逆にマイノリティのためになるという思惑も働いているような。

マイノリティといえば、このドラマではコロンビア版でも登場したゲイのファッション・スタッフに加え、何と性転換したダニエルの兄もキャラとして登場する。この辺もアメリカらしい。そのせいもあって、ゲイの団体から称賛を受けているらしい。

だが、もう一つ面白い点もある。それは、このドラマは、舞台がニューヨークでベティがファッション誌編集長秘書。とあるハリウッド映画を思い出す。NYのファッション界を舞台とした鬼編集長と若い秘書の奮闘を描いた「プラダを着た悪魔」だ。ドラマのエンディングは、それを意識したのか映画と同じテーマ曲が流れていた。(おそらくNHKの日本語版用)

ある種、誰もが持つファッション界への憧れを投影した作品だともいえる。美女たちの集うファッション界に不釣り合いなベティ。映画では確か、ファッションに全然興味のない若い女の子が、剛腕な編集長に見込まれるスタートで、どこか似通っている。

不細工でファッションとは縁遠いベティがなぜか、ハンサムでプレイボーイの男とゴールインするという「醜いアヒルの子」と「シンデレラ」をとり混ぜたようなドラマ設定。そりゃ、面白いはず。

だが、残念ながらコロンビア版の御曹司のアルマンド役にダニエルはかなわなかった。アルマンドは、ラテン系らしくプレイボーイながらも、同時にマッチョな様相も兼ね合わせ、また、愛嬌もあった。ダニエルは、どうも野暮ったい。オリジナルは、ベティとアルマンドの相反するキャラクター・イメージが印象深かった。

人気ドラマや映画では、よくこんな不釣り合いな組み合わせがモチーフになる。いわば、ドラマ作りの秘訣というべきか。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-01-29 00:55 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

懲りないね、大阪府民!

Excite エキサイト : 政治ニュース

セクハラ辞職の横山ノック氏を忘れたのかね。

確かにタレントといえども、彼は弁護士だから、ちょっとは違うけど、所詮は、政治での実績があるわけでない知名度で票を集めたようなもの。その上、若いから経験値も低い。

出馬前は、「2万パーセント出馬あり得ない」と否定し、即座に手の平返して出馬を表明。何といういい加減さ。事情があったにせよ、発言の重みを理解できてないような人に知事職を託せるのか疑問。

「中国での日本人の売春行為はODAのようなもの」というセクハラ発言をしたという意味では横山ノックと変わらぬところもあるのに、どうして彼を選んだのか。まあ、そのまんま東の波に乗った感があるけど。

対抗馬の民主党は、ぱっとしない人を候補に立てたよな。阪大の教授だけど、彼も政治的キャリアがあるとは言い難い。

知事選のようなものはポピュリズムに当選を頼らざる得ない。きちんとした予備選などをするわけでもないしね。

考えてみれば、また、ノック氏よろしく同じように大騒動を起こすのでは。どうせ議会からは舐められまくるだろうに。

そうなることを民主党は見込んでいるのかな。ある意味、妥当な結果になったかな。

同感と思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-01-27 23:08 | 時事トピック | Trackback | Comments(7)

この人も「六ヶ所村核燃料再処理施設」反対です!


ちょっと著作権侵害ですが、それほどまでに訴えたいこの御時世!
by masagata2004 | 2008-01-27 14:35 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

レインボー

b0017892_1355582.jpg

日比谷公園にて。
by masagata2004 | 2008-01-27 13:55 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

「青い三角定規」のCDを偶然にも最近、買っていた!

Excite エキサイト : 芸能ニュース

この人達がブレークした時期は、私が生まれた頃だ。そんなグループが復活とは。

偶然にも、彼らのベストアルバムを最近買っていた。

代表作の「太陽のくれた季節」以外に、「若者たち」とか「戦争を知らない子供たち」という彼らのナンバーではないが、当時流行っていた歌を彼らが歌っている曲目もあった。

歌唱力はあっぱれ。さすがフォークシンガー。70年代のドリカムというべしか。
何度も聞きたくなる。カラオケでも歌いたくなるほど惹かれる。

彼らがまた活躍して、同じ歌声が聞かれるとは嬉しいが、残念ながらメンバーの一人はお亡くなりになっている。

だが、とりあえず復活とはいいニュースだ。

ちなみに彼らのCDを聞いて、彼らがブレークしていた時代を舞台にした小説を思い付いた。今このブログに連載中の「インペリアル・ホテル」が終了したら、次の作品として連載の予定。だが、まだはっきりと決めた訳じゃないから、どうするか分からない。

だが、連載となればきっとそれは、彼らの歌声がバックにふさわしいドラマになることは間違いないので乞うご期待。
by masagata2004 | 2008-01-24 20:32 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

衝撃のニュース: あのゲイ・カウボーイ役の彼が

Excite エキサイト : 芸能ニュース

ヒース・レジャーの悲報を聞いたのは、今朝だったが、その朝、起きた時、映画「ブロークバック・マウンテン」のサントラCDを聞いた。それは、そのニュースを聞く前のこと。偶然なのか、何か霊的なものがあったのか。

この映画に関しては、3部に渡ってこんな評論を書いた。今まで観た映画の中で最も感動というか、心揺さぶられた映画だった。主役のレジャーの演技が、特に際だっていた。20歳の若者から40歳の中年へ変貌する姿も全く自然にこなしていた。今、日本が鯨でもめているオーストラリア出身、享年は28歳という若過ぎる死。

映画の中では、レジャーは牧場で一緒に働いたカウボーイと恋をするものの、最後は、相手に死別され、その想いを胸に抱きしめる悲しき男を演じた。あまりにも切ない恋の物語、それが男同士というから、ある意味、感慨深かった。皮肉なことに現実では、若くして死ぬのがレジャーであったとは。

レジャーは、この映画で共演したミッシェル・ウィリアムズとの間に子供を作ったのだが、彼女とは別れてしまったらしい。面白いことに、その筋書きが映画と同じ。もちろん、レジャーはゲイではないはずだけどね。ゲイならば、あんな役を引き受けたりはせんだろう。ちなみに私も違うが、身近に世間の目を欺くためしている男共を何人か知っている。

一人は、嫁さんと嫁さんの母親に知られてしまったが、子供がいることで、何とか続けている。大騒ぎの後、また一人子供ができたけどね。

また、一人は、恐らくそれがばれたため1年もしない内に離婚、子供がいるのだが、満足に会えない。いっそのこと諦めて、男の愛人と一緒に新しい人生を歩もうとしていた。

彼らの心理とはどんなものだろうかを探るには最適な映画だった。ある意味、社会勉強にもなる映画なのだ。

ま、そういうわけでヒース・レジャー氏のご冥福を心よりお祈りします。しかし、惜しい俳優を亡くしたな。

今宵は、「ブロークバック・マウンテン」を観て、哀悼の意を表そう。
by masagata2004 | 2008-01-23 20:25 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

韓国映画「トンマッコルへようこそ」 現実逃避の意義

ちょっと白々しい部分もありながら、なかなかよくできた作品だったと思う。

朝鮮戦争中、南北の兵士と連合軍のアメリカ人パイロットが、不思議な村、トンマッコルに迷い込む。そこには純真無垢な村人が住んでおり、彼らと交流する内に兵士達は互いの敵意を捨て、戦闘による心の疲れを癒していく。だが、その平和な村に、爆撃の危機が迫っていることを知った彼らは、決死の行動に出る。

これと同じテーマとしてヨーロッパ映画の「戦場のアリア」がある。兵士達も、所詮は、ただの人間同士であったということだ。分断された半島に住む民族の統一への想いが、熱く表現されていた。ややわざとらしい感もあったが、考えてみれば、韓国の人にとっては、是が非でも実現したいという想いがこれほどまでに強いのかと考えさせられる。日本の拉致問題どころではないのだろう。

映像の美しさが目を見張った。誰もが胸に秘める桃源郷を映像化したようなものだった。現実逃避の願望を表している映画だともいえる。戦争をする国家から責務を背負わされる悲しい現実から逃避したのはいいものの現実は、しつこくつきまとい、理想の世界にどっぷり浸からせてはくれない。

最後は、その逃避の代償を支払うことになるが、それが決して悪いものではないのである。

私は、個人的にはいつまでも山に籠もりたい。

いい評論だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-01-22 20:29 | 映画ドラマ評論 | Trackback(1) | Comments(0)

キャットウォーク

b0017892_1995726.jpg

by masagata2004 | 2008-01-21 19:09 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧