<   2008年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

韓国に感謝、これで在日米軍が不要だと明確に!

Excite エキサイト : 国際ニュース

「竹島(独島)」が米国務省HPで「主権未定」と変更されてから、元の「韓国領」に表記が戻ったと。

今回のことで韓国をとやかく言うつもりないね。韓国がヒステリックになったおかげで、アメリカが如何に信頼に足らない国家であるかが分かった。早い話、風見鶏なんだわ。

日本は、国内の米軍に毎年6000億円も援助金やっているが、当のアメリカは日本を守る気などさらさらない。というか、そもそも占領目的だったし、冷戦中は「反共の砦」ということで利用したのが本筋だし。どこの国の軍隊だって、自国の国益優先。共益がある時のみ守るんだわ。このことに関しましては、ネット新聞JANJANにこんな記事載せてもらいましたので熟読を。

なのに、アメリカは日本を守ってくているという幻想を抱く人々がいるため、ずるずるとここまで来た。特に最近は首都圏に危険極まりない原子力空母を配備するというのだから。おまけにその空母、火事を起こしちゃって、原因は2ヶ月経った今になって発表。何と煙草の不始末が可燃物に引火したのだと。規則違反で、艦長が更迭さ。

b0017892_22164995.jpg

b0017892_22181097.jpg


ひええ、統率取れてない奴らが、首都圏で原発を管理することになるんだ!

それでも、日本の有事の時、自衛隊だけでは心細いということで、頼りたいのだが、米軍は、いざとなったら中立。韓国だけでなく、中国やロシアともそうだ。ちなみに、国務省HPでは「尖閣諸島」は日本だけど、北方領土はロシア領だってさ。

よくそんな国に守られていると思えるのか。どうせ、中国が尖閣諸島、占領しても、すぐ中立だろう。中国は、日本以上に米国債持っているのだから。

自衛隊が頼りないといえども、米軍が守っちゃいない限り、いるだけ税金の無駄、むしろ環境や治安が悪化して迷惑千万。「百害あって一利なし」とはこのことだね。

「その通りだ」と思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-07-31 20:50 | 時事トピック

安田純平氏と映画「アメリカ ばんざい」

本日、ポレポレ東中野で映画「アメリカ ばんざい」を見に行った。

どうして見に行きたかったかというと、上映前のトーク・ショーに尊敬するジャーナリスト安田純平氏が出る予定だったからだ。

上映前の20分ほど、映画の監督とのトークで昨年から今年にかけて民間の軍事請負会社の元、米軍基地で働いた自らの体験を語った。アフリカやアジアからたくさんの出稼ぎ労働者が来ていて、一月で彼らの年収をゆうに上回る報酬を稼ぎ出すので彼らの間ではとてもおいしい仕事だと話した。米兵の給与よりも、実をいうといいものだとも。日本人の自分は、あり得ないからスパイでないかと疑われたと。「自己責任」バッシングにめげず、何度もイラク入りをして真実を探ろうとするジョーナリスト魂を感じた。

安田氏の話に対応して、映画監督は、アメリカでは、最近、格差が広がるばかりで、その格差増大が貧困層を戦場に動員させる要因となっていると話す。

映画では、その貧困層を否応なく軍隊に入隊させる仕組み、Poverty Draftがテーマとなっていた。訳して貧民皆兵制だ。

日本人女性と横須賀で出会い結婚した元米兵の男性が、アフガニスタンで知った戦争の過酷な現実から逃れるためイラク行きを拒否し、刑務所に数ヶ月入れられ除隊する。その後、若者たちに軍隊のうその勧誘に乗せられるなと注意をして回る。

戦場で被爆を受けたことを何も知らされず、帰国後、重病に苦しむ人々。精神病を患い、仕事に就けず、ホームレスになる人々。

もうそこに「憧れの豊かなアメリカ」の姿は、もうない。日本は二の舞になるでないということか。

今度のイラク戦争の予算は、ベトナム戦争のそれに近付いているという。敗戦は、決定的だ。おそらく、この現実をアメリカ人の多くも理解しており、イラク撤退後は、きっと、かつての伝統であった「孤立主義」へと舵を切るだろう。

そんなずたずたのアメリカと日本がどう付き合っていくべきかを、そろそろ真剣に考えていくべきだと思った。

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-07-30 23:17 | 映画ドラマ評論

いらねえだろう、こんなもの!

エミレーツ航空のA380機、上空でのシャワー利用も可能に | Excite エキサイト

水を無駄しやがって。世界の半分が飢えている時代だというのに。飛行機にいる時ぐらい我慢しろよ。それに乱気流になったら危ないだろう。着いてからホテルや自宅でたっぷりシャワーは浴びられる。

もう、こんなニュースきいても、感動ないね。むしろ、世界の破滅を感じさせられてしまう。

もっとみんな清く貧しくならなければ。

原油が高くなって、交通事故が減ったとか、空気がきれいになったニュースなんてのが、これからの時代ふさわしいと思う。

「その通りだ」と思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-07-29 20:42 | 旅行

映画「アース」 これはオススメ

渡辺謙のナレーションで送る北極から南極に渡る地球の大自然と生物の営みの大スペクタクル。

久々に私の80インチ・ホームシアターが効果を発揮した映画だった。

良かったのは、北極熊をモチーフに地球の自然の危機を分かりやすく説明している点。

これらの映像を撮り集めるのには苦労しただろうなと思うようないいシーンがずらりと。

これを見ると地球を大切にしようね、と思うのだが、どうせ北極の氷はなくなっていくし、北極熊も2020年までには絶滅してしまうそうな。見られるのは動物園でだけ。

今、どうせCO2を大幅に減らしても、後1世紀は温暖化は止まらない。というのは、今進行している気温の上昇は過去に排出されたものだから。まあ、早いうちにブレーキをかけておこうというのだが、ただ、「地球を守ろう」とか叫ぶだけでは駄目。

経済とか政治なんかの問題が複雑に絡んでいる。もち、グローバル化や貧困問題も。そのことをしっかり勉強しないと。

最近のニュースでは北極の氷がなくなって白熊は困るけど、北極周辺の国々は喜ぶそうな。特にロシアは接する海域には石油やガスなどの天然資源がたんまりとある。でも、この映画で意外なこと知った。ロシアの針葉樹林、タイガーは、地球上の樹木の3分の1を占めているそうな。ロシアとの付き合いは、今後重要になるね。

熱帯雨林は地表面積の3%なのに、生物の50%が生息しているそうな。この熱帯雨林に関しては、私のこの環境小説を読んでくださいな。

とにかく、この映画オススメ。映像ドキュメンタリーのわりに退屈しない構成になっているのに感心しました。只今、レンタルされています。

いい評論だと思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2008-07-27 00:14 | 環境問題を考える

ドイツ、ポーランド、オーストリア旅行の総括

2008年7月9日から13日の間に、ドイツ、ポーランド、オーストリアを回ってきました。

すでにネット新聞JANJANにて4回(その1 /その2 /その3 /その4)に分けて、その記録を書き綴りましたが、これは、いささかフォーマルに歴史というテーマ性に的を絞って書いたものです。

ブログでは、むしろ、カジュアルにどんなであったかをお伝えしたいと思います。
JANJANに投稿した画像を合わせて、約10分間に及び、1週間の間に撮った映像のハイライトをここに貼り付けておきます(アウシュビッツは除く)。以下記述する事柄に関連する場面も含まれます。動画のサムネイルは、ベルリンのホロコースト博物館でまず目にする写真展示物。


まずは、ドイツのベルリン、今回の旅の目的は歴史探訪でした。それも近現代史、ホロコーストにまつわる歴史を探るというツアーでした。そういうことを知れるモニュメントや資料館を訪ね歩いたのですが、良かったのは、やはりベルリンの落ち着いていて格式のある景色でしたね。

特に良かったのは連邦議会議事堂の屋上からの景色。周囲は緑も多く、ビルも低層で、町全体がゆったりと眺められました。東京の皇居の天守閣台の眺めから受ける印象と似ていましたね。公園も、ひっそりとしてリスやうさぎが出てくるほどでした。

次にポーランド、そこは美しい古都クラクフでした。雑誌の「ミスター・パートナー」で見つけた家族経営のゲストハウスに宿泊。部屋の中はアンティック店にいるみたいな雰囲気でした。街の中心街に近かったので、美しい街並みを存分に楽しみました。写真は広場の写真。

b0017892_063690.jpg


歴史のある街だなあと思いました。それから、この旅の目的であったアウシュビッツに行ったのですが、行くまでの1時間半に及ぶ道のりは、とても牧歌的でした。ポーランド、暗いイメージがありましたが、好きになりました。アウシュビッツに関しては、JANJAN投稿のその4でたっぷり書きましたし、また、以前書いた記事の私のかねてからのアウシュビッツへの想いを読んでください。

ここに、JANJANにも投稿したアウシュビッツの動画(日英字幕併記)を貼り付けておきます。



ポーランドを発った後、行ったのが、オーストリアのウィーン、いわずと知れた音楽の都、でもって、歴史の重みも感じさせるところ。私は一泊だけの滞在でした。でもって、訪ねたのはハプスブルグ家の宮殿「シェーンブルン(動画ではショーンブルーン)」。あのマリーアントワネットの母、マリー・テレジアがいたところ。宮殿の内部を日本語のオーディオガイドを聴きながら眺めました。ガイドの日本語に時々不備があり、笑っちゃいましたが、しっかりと内容が掴め楽しめました。いやあ、豪華で、そして、歴史の重みが感じられて良かったですよ。宮殿内部だけでなく、庭園もすばらしかったです。馬糞にでくわしたのは、ちと災難でしたが。かわいいリスが走り回る姿も見かけました。これがそのリスの写真。

b0017892_015718.jpg


庭園の丘からの景色は、この通り。

b0017892_024516.jpg


でもって、庭園内には動物園があり、そこで、北京、上野に引き続き、パンダたちと出会いました。相も変わらず愛嬌ありました。

人類は戦争などせず、愛らしいパンダのように振る舞えればいいのに、と最後には思いました。

そんなところですかね。

でも、片道11時間のフライトは疲れました。特に帰りは真ん中の席でしたらからね。おまけに天候悪くてよく揺れたし。今度飛行機乗って海外行くのは、再来年以降ですね。今度ので、十分過ぎるほど楽しんだし、少しは腰を落ち着けようかな。
by masagata2004 | 2008-07-26 00:12 | 旅行

私の「NOMO」さんとの思い出

Excite エキサイト : スポーツニュース

そう、未だにはっきりと覚えている。彼が大リーグデビューした1995年、私はサンフランシスコの大学生だった。野茂のデビュー、そして活躍は、大きな話題になっていた。

野茂の試合も見に行った。地元ジャイアンツ対ロサンゼルス・ドジャースの対戦で、球場に行くと、アジア系の女の子達がプラカードを持って、球場でウォームアップしている野茂を見つけ、「オー・マイ・ガッシュ、イツ・ノモ」と感激で叫んでいた。

西海岸に多く住むアジア系アメリカ人にとっては、「野茂」はスポーツは不得意というアジア系のステレオタイプをうち破る格好のヒーローだった。

大学の中国系アメリカ人の講師も、野茂をよく知っていて、誇りに思ってくれた。それが、とても嬉しかった。

また、アメリカ人の友人と雪合戦をした時、私がトルネードのフォームをして雪玉投げようとすると野茂だとすぐに気付いてくれて、そこで親睦を深められた。野球の話題となれば、すぐに打ち解けられたのだ。

とくかく、野茂さん、お疲れさまです。いい思い出ありがとう。
by masagata2004 | 2008-07-19 20:04 | スポーツ

汝、戦争をせず結婚をせよ!

b0017892_2064198.jpg

と唱えた一族が住んでいた宮殿です。それこそ世界平和の精神ですよね。1週間に及ぶ欧州3カ国旅行も終ります。これから東京に帰ります。帰ったら、さっそく仕事。現実との戦いの始まりです。旅に関する報告は、このblogとJANJANに載せる予定です。
by masagata2004 | 2008-07-15 20:06 | 風景写真&動画集

ついにやって来た。無関心の終着駅

b0017892_17365142.jpg

この地で100万以上の命が奪われた。
by masagata2004 | 2008-07-13 17:36 | 風景写真&動画集

壁の跡

b0017892_20294512.jpg

東西冷戦の跡。
by masagata2004 | 2008-07-10 20:29 | 風景写真&動画集

この圧迫感


これぞホロコースト。
by masagata2004 | 2008-07-10 16:21 | 風景写真&動画集


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧