<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

エンジェルが逝ってしまった

Excite エキサイト : 芸能ニュース

今日は、二人の大スターがこの世を去るという大ニュースが世間を騒がした。

ポップ・スターのマイケル・ジャクソンと70年代,大ヒットしたテレビドラマシリーズ「チャーリーズ・エンジェル」のファラ・フォーセットだ。

マイケル・ジャクソンは、有名であったがあまり関心がない。

ファラ・フォーセットは、私が大好きだったドラマの主役とあって、よく知っている。
3人の女探偵が、チャーリーという謎の大富豪の指令により、事件を解決するというもの。76年から5シーズンに及び放映された。その第1シーズンに出演して大ブレイクだが、その後は、降板、第3、第4シリーズにゲスト出演として6回登場。

もっとも、このシリーズで私が好きだったのは、ファラの後を継いだ妹役のシェリル・ラッドだ。小柄だが、可愛らしく、けばさの目立つファラより好感を持てた。このドラマはアニメの「キャッツ・アイ」のモチーフにもなったのではないかと思う。現に漫画には、盗んだのではないかと思われるエピソードが何度か登場する。シェリル・ラッドとファラが共演するエピソードは最高だ。ブロンド美人姉妹は目を見張る。

チャーリーズエンジェルは、初回の視聴率が54%という大記録を立てた歴史に残るドラマだったという。ファラの人気の上、3人がチームを組んで、それぞれの役回りをするというのが、ドラマ構成として良かったのだろう。だからこそ、リメイクの映画化もされた。

このドラマがどうやって生まれたかを名制作者アーロン・スペリングの視点で描いたドラマをDVDで見た。女性を主人公にして1時間ものを作るというのは当時のテレビ界では画期的だったといえる。女一人にしなかったのが、いいアイデアだったのかもしれない。その後のリメイク映画化でもトリオという設定が活かされている。ちなみにスペリングはテレビ界の大御所だったらしく、あの「ビバリーヒルズ白書」の制作をした人。

まあ、私にとって古き良き時代のアメリカを想起させるドラマだが、もう、当時のようなポジティブなイメージはアメリカに対してはない。

何よりも関心を失った。留学して5年以上も暮らしたが、いいこともあったが、結論として「味気ない国だな」というものだ。最近は、外国といえばヨーロッパの方が関心がある。それに今は、大の愛国者。私には日本という国がある。

それに、横須賀の原子力空母配備以来、アメリカにはむしろ敵意を感じている。イラク戦争、金融危機、過酷な階層及び貧困社会と、アメリカには失望することばかり。縁は切りにくいといっても、そろそろ距離をおかないとね。超アメリカかぶれの大前研一でさえ、見捨てている。

ハリウッド映画もワンパターンで、ネタ切れ、最近は日本映画の方が売上がいい。洋画も韓国や中国系の方が人気を増している。

ま、そんなわけで、私の人生に一種の区切りをつけたといえる出来事だ。

マイケル・ジャクソンは、日本に公演に来たとき何と40日以上もいて、日本をとても気に入っていたのを覚えている。アメリカは、黒人にとっては暮らしにくいところだったんだよな。オバマが大統領になったものの、黒人には息苦しさの漂う社会なんだろう。肌が不気味なまでに白くなったのが、彼の苦悩を伝えていたような。

さらば、アメリカ! 横須賀からも沖縄からも、とっとと出ていけ!

「その通りだ」と思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2009-06-26 21:13 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(3)

「裁判員イヤ」という日本人の身勝手さ

Excite エキサイト : 社会ニュース

先日、銀座を歩いていたら、今年から始まった「裁判員制度をやめよう」という運動のビラ配りに出くわした。

ビラには「人を裁きたくない」というキャッチコピーがあった。この裁判員制度は、当初から問題が多いとされてきた。呼び出しを受けた一般の人を数日に渡り強制的に拘束すること、公判前手続きによりあらかじめ作られたシナリオに沿って審理を行うこと、裁判員に半永久的に守秘義務が課せられ、問題点が表面化しないままになってしまう恐れなど。そもそも、一般の法律の知識のない人々が裁判官と同じことをすることに無理があるというのが根本的な反対の理由になっている。

私は実をいうと、この裁判員制度には反対ではない。改革すべき点は多いと思うが、制度自体には賛成の方である。昨今話題となっている足利冤罪事件をみても、現状の司法がきちんと機能しているかというと実に疑わしい。実際のところ、日本では、検察起訴イコール有罪という形で司法が形式化され、裁判官は官僚化しており、一般常識とはかけ離れた審理や判決が下されることが数多くある。そこに一般市民の介入があれば、何か違いが生じるのではないかとの期待がある。

「人を裁きたくない」という考え方だが、理解できる一面、「お上に任せておけばいいや、自分にはどうせ関係ないし」という身勝手さも垣間見えるような気がする。もし、自分がある日、冤罪で逮捕起訴された場合、官僚裁判官により自動的に有罪判決が出されることを想像したりはしないのだろうか。

確かに徴兵のように強制的に自らの身を動員させられたりするが、それにより、司法が健全化される可能性も否定できない。何よりも自分が暮らしている社会に対する参加意識を強めるという意味でも有意義だ。税金を払っているとか、投票に行くこと以上に実際に生で社会に触れる体験を一般人がすることが民主主義政治を機能させるには重要だと思う。制度の問題点を指摘したければ刑罰覚悟で表面化させる覚悟を持つべきだと思う。たかが半年と50万円の罰金だ。真の市民運動家なら受けて立つべきだ。

アメリカの故ケネディ大統領は、就任演説で「国に何かをしてもらうということを問うのではなく、国に何ができるかを問いなさい」という名言を残した。民主主義の国家らしからぬ言葉のように聞こえるかもしれないが、実に理にかなっている。

なぜなら、誰もが国家に依存せずに生きていくことはできないからだ。それは必要機能だ。昨年、画家の増山麗奈さんが、イラクのバグダッドを訪れ、その体験を語る集会に参加したが、そこで彼女が「フセインがいなくなり政府機能が停止したため、ゴミは道に出しっぱなしで通りが臭かった。政府が機能していることは重要だと思った」と言ったことが印象に残る。自由奔放なアーチストでも、生でそんな世界を見せられると自覚せざる得ないということなのだ。

それならば、我々一人一人が主権者として貢献し参加して国家をよくしていくように仕向けるべきではないのか。「お上がやってくれるはず」と信じ、そのお上が失策をしたら責め立てる。しかし、それでもお上に依存せざる得ないから卑屈にも服従を強いられる。そんな悪循環を断ち切るには、積極的にそのお上のすることに関与して改善していくしかないのではないか。

それこそが真の民主主義というものだ。「考えたくない」とか「何とかなるだろう」という身勝手さは捨てて貰いたい。

「その通りだ」と思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2009-06-24 22:06 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

東京は確かに住みやすい

世界一住みやすい都市はチューリヒ、東京は3位=英誌 | Excite エキサイト

意外にごみごみしていると思われている東京だが、確かに住みやすいよね。

公共交通や、様々な施設があって、娯楽施設なんてふんだんにあるし、意外にも、そんなに金持ちでなくても楽しめたりする。町全体がレジャー施設のようなもので、広がりがあり、見渡すだけで壮大で面白い。

意外にお薦めは、皇居と新宿御苑。金がかからず、丸一日いても飽きない。

大都会の中にこんな美しく広大な緑地がよくあるもんだと感激してしまう。

で、お分かりのようにどちらも天皇の所有となっている。だからこそ、残っているといえる。

天皇制があって良かったというべきだろう。

そんな東京だが、日本の首都でありながら、空はアメリカのもの。近くの港には、そのアメリカの原子力空母や潜水艦が停泊する。危なっかしいたらあらしない。この映画でも描写されている。

全くむかつくね。

守ってもいないで金むしり取ろうと考えているずうずうしい輩。破産状態できゅうきゅうとしているくせに、それでもしゃぶり取ろうとする図々しさ。

自分の国の首都ぐらい、自分で守れないとね。9条改正だ。

もっとも、その首都に核燃料トラックを横断させる国でもあるけど。
by masagata2004 | 2009-06-24 21:57 | 時事トピック | Trackback | Comments(1)

クリスチャン首相が選ぶ「狭き門」か

Excite エキサイト : 政治ニュース

カトリック教徒の麻生首相は、この日本のため、狭き門を選ぼうとしているのだろう。

聖書のお言葉が身にしみる。

「狭い門からはいれ。滅びにいたる門は大きく、その道は広い。そして、そこからはいって行く者が多い。命にいたる門は狭く、その道は細い。そして、それを見いだす者が少ない」(同第13-14節)
by masagata2004 | 2009-06-24 21:42 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

タモちゃんに再会!

また、会った。そして、彼は、講演が始まる前、数分間、私の目の前に座り、後ろ姿を十分拝ませてくれた。

ずんぐりむっきりで、キュートながら貫禄がある風情。

てなわけで、その時の模様はこの記事に!

何でも、講演を月30回渡り歩いており、かなりきついので、来月から月20回の割合に減らしているとか。
お体をお気をつけてくださいな。

意見には全面的には賛成できないけど情熱は大いに買う。

でも、この人からリクルートされたら断れないな。20代前半だったら、絶対入隊していた。

身を挺して国のために尽くす覚悟ができているし、その素晴らしさを一番気付かしてくれた人だから。

いっとくけど国に尽くすというのは私の場合、国家主義を意味しないよ。
民主主義の理念で言っているのだから。

分かりやすい例でいえば、この記事を参考に!

Ask not what your country can do for you, ask what you
can do for your country!
by masagata2004 | 2009-06-24 21:37 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)

日よけ

b0017892_13433561.jpg

暑いね。

今年、最高温の真夏日を記録。
by masagata2004 | 2009-06-23 13:43 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

自衛隊員に捧げたい「蛍の光」

最近、私は愛国ムードに浸っている。

海ゆかば」という映画を観て、また、昨年、偶然にも訪れた記念艦「三笠」で触れた海軍人たちの亡霊のせいもあって、とっても変な気分だ。

b0017892_1502598.jpg


今や、その海軍が戦後抑えられてきた束縛から放たれ、本領を発揮しようとしている。ソマリア沖に護衛として派遣。軍隊らしく威嚇での射撃も堂々とでき、集団的自衛権も行使OK。来年は9条改正になろう。誰も阻むことはできない。論理なき護憲イデオロギーは崩壊の一途を辿っていくだろう。

b0017892_15144530.jpg


映画「海ゆかば」の感動シーン、佐世保港を発ち、日本海海戦に旅立とうとする水兵たちが艦上から見送る人々に手を振るシーンで、軍楽隊が奏でた「蛍の光」。何度もそのシーンを観ながら、涙するほど感動した。

誰もが知っている蛍の光だが、そもそもはイギリス、スコットランド地方の民謡「Aulang Lang Syne」である。日本では明治時代に軍歌として紹介。もともとは、酒を飲みながら友人との思い出を語るというのがテーマだ。ちなみにあの三笠の軍艦はイギリス製。日露戦争では、イギリスは日本に多大な援助をしてくれた。バルチック艦隊のスエズ運河通過をさせず、相手側の弱体化を促した。

You Tube でオリジナルの楽曲を有名なクラシック映画を背景に流すビデオを発見。歌声も良く、背景の映画は、「風と共に去りぬ」で有名なヴィヴィアン・リーが主演したイギリス映画「哀愁」の場面を切り取ったもの。
愛する人の戦死の誤報が、女性の運命を絶望のどん底に陥れるという悲劇。


by masagata2004 | 2009-06-21 15:01 | 音楽 | Trackback | Comments(5)

頑張れ、自衛隊、いや、日本海軍、次は9条改正だ!

Excite エキサイト : 政治ニュース

やったぞ、日本海軍。きちんと任務をこなして、日本人の生命と国益を守れよ。

君らを頼りにしている。日本には、こんな立派な軍隊があることを誇りに思う。

つい最近は、この法案が通る前、武器使用の制限を受けながらも、彼らを否定する平和団体の旅客船を護衛した。

偉い、偉すぎる! 

他国では当たり前のことが日本では出来ない。妄想的な平和主義者により阻まれ、国民の生命や財産は常に脅かされている。日本は海洋国家、シーレーン護衛は不可欠だ。

平和主義者たちは、海賊は貧困によって生まれるから、貧困をなくすことをすべきとノー天気なことを言いやがる。経済援助したって、効果出るのにはかなりかかるだろう。その間、脅えて航海しろというのか。

しかし、ここで転機が訪れた。

もうこうなったら、次は憲法9条改正だ。自衛隊を軍隊と認めよ。

9条守って平和を守っているつもりの連中をぎゃふんといわせないと。

所詮は、自分の頭の中の平和イメージを守ろうとしているに過ぎない。はっきり言って迷惑だ。

危険な任務だ。大怪我したり、死んだりするかもしれないって、じゃあ、警察や消防も廃止しろってんだ。

でも、誰かがやらないといけないんだろう。ならば、そういう現実と向き合えというんだ!

そんな危険な仕事をする人たちがいてくれることを感謝しろ!

「その通りだ」と思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2009-06-19 21:22 | 時事トピック | Trackback | Comments(1)

親子

b0017892_8572315.jpg

by masagata2004 | 2009-06-19 08:57 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

世界第2位に中国がなったところで

Excite エキサイト : 経済ニュース

おそらく、今年中に中国が世界第2位の経済大国の地位を日本から奪うことになるのだろうけど、だからといって、何だろうと思う。私は右翼のような嫌中派ではないが、中国という国が、真の大国となるかという問いに関しては、やや懐疑的な推測をしている。

それは大学時代に習ったことと、知り合った中国人から聞く話し、それから、最近の中国での出来事で思うところ。

経済では、そうなっても、世界は中国をスーパーパワーとはみなさないだろう。最大の理由は、政治的なもの。民主主義国家ではない。天安門事件、チベット問題など、人権政策は最悪。言論の自由はない。独裁政権で、方針もころころ変わる。法整備も、ちと不備が目立つ。

社会的な側面では、中国という国が統一の国民国家ではないというところか。地方によって帰属意識は、ばらばら。実際、ウイグル、チベット、モンゴルなどは、分離独立を求めている。

経済成長を可能にしたのは、生産コストの安さ。だが、ここで矛盾が。マクロでみた場合、成長を還元するため賃金を上げる。それにより生産コストが高くなれば、コストによる競争力は相対的に下がる。すると、中国でなくてもということになり、外資が逃げ出す。それでも何とかつなぎとめようと、毒製品を生みだしてもコストを下げようとしている。工員は過労死寸前の奴隷状態。各地で暴動発生。

中国の富裕層は、安価なコストで大儲けした人達だから、それがなくなれば、その富裕層も減っていく。よって生産及び消費市場としてのメリットが減少する。実際、技術において他国より秀でているとも言い難い。だから、コストでの優位性がなくなれば、他に売るものがない。でもって、金融危機で外資はどんどん逃げている。中国は何といっても、超外需依存型。

ちなみに経済成長の統計もどれだけ信用できるか、以前から疑われている。考えてみると下がっていると発表すると外資頼みの中国経済は投資を失い、ままならなくなる。嘘なんてつくはずがない? オリンピックの開会式で少女に口パクで歌を歌わせ、漢民族に少数民族の衣装を着させて融和をアピールしたのは記憶に新しい。

でも、経済世界第1位でその中国に頼り切って経済を維持しているアメリカは共倒れを起こしかねない。ドルの基軸通貨としての地位が揺らいでいる。アメリカはものづくりをしない国、中国に生産させ、購入金は借金。その借金を中国に国債を買ってもらって支えていたが、そうすればするほど、ドルの価値は下がるという自己矛盾が起こる。どこも不安定なドル札なんて持ちたがらない。金融危機で消費は落ち込み、中国もアメリカからの投資が減る。

ドル基軸体制が崩壊すれば、アメリカは終わる。一挙に最貧国に陥る。そのアメリカにものを買って貰い、でもって、買って貰うため借金を引き受けていた中国も・・・。

いったいこの世界はどうなることやら。

アメリカの経済学者が中国はビッグな市場だ。投資しろという理論には、あちららしい欠陥がある。実にシンプル。数値や統計だけしかみないで政治や社会の構造問題をほいっと見逃し大袈裟なことを言う。経済は、その国の政治や社会にリンクするもの。しっかりと見極めないと。

日本は独自のビジョンを持つべきだね。アメリカや中国に依存するのはどうかと。まず、食糧自給率を上げ、あと資源は円決済で済ませられるところからできるだけ買い(最近はイラン)、そういうところと主に工業製品などをトレードして経済を回す。

でもって、日本的な価値観を見直そう。日本の素晴らしいところは、新宿歌舞伎町のゴールデン街のような狭いスペースの店舗がひしめくセクションがありながら、且つ過密な首都のど真ん中に皇居のような広大な緑地があること。治安もいいし、教育水準も高い。清潔で几帳面。

土着文化は八百万の神に象徴される多神教で何でもあり。自然を信仰し、性は開放的。裸祭り、男色などの文化を受け継ぐ。一神教の禁欲主義とは大違いで、自由奔放な土着性が文化のベースにある。漫画・アニメのオタク文化もその延長として存在するのかな。

もうそれを活かすしかないね。みんながいち早く、そのすばらしき我らのネイティブ・カルチャーに気付くことが日本再生の早道だと思うが。

海外留学体験者ながら、最近、内向きになる私です。

それから、そんな日本には合わない憲法9条は変えちゃいましょう。そもそも日本人が書いたものじゃないし、サムライの国、日本には合わない。軍事国家の一面も復活させて、日本は元気が出せる。偽善的な平和主義はサムライの感性を鈍らせる。この方もそう説いている。

頑張れ、日本。我が愛する国よ!

「いい記事だ」と思う人は、クリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2009-06-19 00:19 | 中国 | Trackback | Comments(1)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧