<   2009年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

元NYT記者上杉隆著「ジャーナリズム崩壊」 ちょっとアメリカ礼賛しすぎてない?

テレビでは、すっかり有名になった元鳩山邦男衆議院議員秘書であり、元NHK記者、元ニューヨーク・タイムズ記者などの経歴を持つ上杉隆氏の著書である。記者クラブ制度をはじめとする日本のメディアの問題点を列挙して、NYタイムズでの経験を踏まえ、日米のジャーナリズムの比較をしながら、批判を繰り広げている。

すでに筆者も知っていたが、改めて詳しい説明を聞き、聞きしにまさるその現状には驚嘆する。記者クラブ制度では、新聞、テレビなどの大手メディアが、記者クラブという親睦団体を組織して、国会や官邸の記者会見の出席権や質問権を独占して、外国報道機関、雑誌やフリーランス、最近、登場したネットメディアの記者を締め出している。これは、政権交代後、外務省が記者会見をオープンにしたことで、改善の兆しが見られるものの、未だ大手メディア側からの反発で全面的な開放には至っていない。

こんな制度があるため、日本のメディア界には、アメリカと比較して実に奇妙な現象が起きている。

*本来、事実のみのストレートニュースを配信する通信社と事件の背後にある深みある事実を追究して記事にまとめあげ世にしらしめるジャーナリズムとは性質が異なる。日本の新聞社は、通信社と同じ役割を担っていて、事実をたんたんと発表するのみで、とてもジャーナリズムとはいえない。

*これも、公権力とのアクセス権を独占しているがために成り立っている。つまりは権力側ともちつもたれつだから、中立的な立場で権力を監視する報道ができない。政治部記者は政府公報とほぼ同じ役割。

*アメリカでは、記事はどんなに短いものでも署名入り、それも本名をいれたものでなければ認められない。記者が書くだけの責任を負うのが常識。日本では、それが成り立ってなく、平気で匿名による記事で他者を誹謗中傷したりする。

その他、いろいろと挙げられるが、ただ、この本を読んでいると、ちと気になる点がある。著者がNYタイムズにお世話になったためであろうが、この一社を取り上げて、アメリカのジャーナリズムがいかに健全なもので、日本のジャーナリズムが駄目なものであるかを繰り返し説明するスタイルが、ちと鼻につく。

確かにアメリカには記者クラブ制度のようなものはないが、けっして健全な報道が為されているとは言い難い現状がある。国境なき記者団の報道の自由度ランキングでも、日本と順位が、あまり差がないことがある。イラク戦争報道なんて、捏造をうのみにしたことや、保守的なFOXなどのインチキ扇動報道など枚挙をあげたらきりがない。

それから、具体的に著者が調べたというNHKの番組改変問題報道で朝日新聞を批判する下りで、あれっと思う点を見つけた。

それは、番組改変に関してNHKに圧力をかけたといわれる故中川氏と安倍元総理(当時の副官房長官)が、事前に番組スタッフに会ったかどうかという点について、安部氏は会ったと確認できたが、中川氏は会ってないと著者は調べた上、結論を出し、したがって、朝日の記者は誤報を出したと糾弾しているところだ。

だが、筆者も、その当時、この事件が気になり、事件の関連当事者であった団体の会見やイベントに参加して、中川氏は記録がないものの、事前に会っているとみていいことが確認できている。それもかなり堂々とした証拠を中川氏自らが示しているのだ。このことに関しては、この記事を参考にしていただきたい。

この上杉氏、情熱は分かるが、ちと、思い込みが強すぎ、そのまま走りきるような性格の人では、という気がしてならない。

いずれにせよ、著者が指摘するように日本のメディア界は健全な民主主義を実現するため、改革が必要とされていることは明らかだ。
by masagata2004 | 2009-11-30 19:10 | 書籍評論 | Trackback | Comments(1)

映画「アルゼンチン・ババア」 ジブリ映画の実写版みたい

吉本ばなな原作で同名の小説の映画化。ある町の辺鄙なところにある古い洋館に住み、アルゼンチン・ババアと呼ばれる女性と、その女性に父親を奪われたと思い込んだ女子高生との奇妙な交流をユーモラスに描いた作品。

ストーリー自体は、ただなだらかに流れ刺激も深みもない。売り物は、ジブリアニメの世界のような田舎町と田園風景、おかしなキャラクターといったところか。このままアニメにしても、大差ないような印象を受けるほど、情景が美しかった。

アルゼンチン・ババア役の鈴木京香はミスキャストだったような。奇抜な髪型と衣装でごまかしていたが、本人が、役にはまっていなかった。もっと棘のある人が適任だったような。キャラに対して暗すぎるというか優しすぎるというか。まあ、演技はこなしていたので、それなりに観れたが。

こんな映画もあるんだなあと思ったね。あと、老後は、このババアのような生活をするのもいいかもって。田舎もいいかなって。でも、田舎の人間関係って都会よりも複雑でうざったいんだよね。東京に越してきて、一番それを感じた。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2009-11-29 01:16 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

色とりどりの落ち葉

b0017892_16133610.jpg

新宿御苑にて。
by masagata2004 | 2009-11-28 16:13 | アート | Trackback | Comments(0)

超訳「資本論」を鈴木邦男氏のそばで読む

木曜日の夜、近くのファミレスでビールにつまみを食していると、そこにかの有名人が隣に座った。その名は、鈴木邦男という一水会という右翼団体の顧問であられる方。その方は、「思考のレッスン」という本を手にしながら、コーンスープと野菜カレーと注文された。食事が来る前後に、本を熱心に読まれている姿は、何ともいえなかった。

さて、私の方はビールを飲みながら的場昭弘著の「超訳「資本論」」を読んでいた。内容はというと、19世紀のドイツ人新聞記者カール・マルクスが書いたあの歴史的名著「資本論」を要約して、現代の事象と比較、解説したものだ。原書は、実に長ったらしく文章も難解である。だからこそ、こういう本で学びたいと思って購読することにした。

この本は、アメリカの大学で国際関係学を専攻していたときも、講師がグローバル経済の弊害を指摘するとき、しばしば取りだたされたので、よく知っていた。ただ、原書は読みたいとなど思っていなかった。これは、いわゆる資本主義経済の欠陥を暴く書である。主な点は、この二つだといえよう。

1)貨幣がなく、物々交換の時代は、貧富の差はうまれ得なかった。貨幣経済となり資本を動かす資本家が登場すると、多くの労働者を雇い、富を作り出し、資本家が分配するのだが、その段階で中間搾取が起こる。

2)機械化が進み、労働者が楽になり、賃金が増えるかと思うと、そうではなく、むしろ、資本家が機械化によって増える利潤を独占するようになる。そして、しだいに労働者は機械の部品のように粗末な扱いを受け、それに対して抵抗する手段、また、労働者である以外の人生の選択肢を奪われるようになる。

分かりやすくいうと、資本主義は、人間にとって最低のシステムだと。資本主義は、封建制度から人間を解放させたという説が蔓延しているが、結果として、多くの人々は資本家の労働者にさせられ、かえって、封建時代の農園の奴隷よりもひどい扱いを受ける結果となったと説いている。

そして、19世紀にありながら、現代のワーキングプア、グローバル化による雇用の移転による労働の流動性の高まりなどを見事に言い当てている。まあ、そもそも、それが資本主義というものだったのだろう。

総論的にいうと、現代の経済システムは、努力したもの、能力のあるものが、より富を得られるという形にはなっておらず、運が良かったり、要領がいいやつらが富を牛耳るシステムになっているということなのだ。

我々は、資本主義神話に騙されていた。そういうことなんだ。大都市にくり出しビジネスで儲けて、大金持ちになるより、どこかの村で小さな田畑を持ったり、海で漁師をしたりすることの方が、実をいうと、貧しいようで、もっともまっとうな生活手段であることに昨今気付かされる。

鈴木邦男さんが、この本を読んだら、どんな感想を持つだろうか。右翼の彼には、左翼の象徴のようなこの本は馴染まないかもしれない。ただ、元産経新聞記者で大変教養のある方だと聞くから、とりあえずは原書を読んでおられるだろう。感想をお聞かせ願いたい。
by masagata2004 | 2009-11-27 22:25 | 書籍評論 | Trackback | Comments(0)

映画「イングロリアス・バスターズ」 面白かったが史実を曲げちゃ駄目

てなわけで、ネタバレになりそうな論評なので、まだ観ていない人は読まない方が。

ストーリーは、第2次大戦中、ナチスを次々と殺戮する特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」が、占領下のパリでナチスのプロパガンダ映画の上映会で爆弾を仕掛ける作戦に出る。同じ頃、上映会場の映画館では、家族をナチスに殺されたユダヤ人の女性も同じく爆破作戦を練っていた。

タランティーノ監督らしい設定と展開で、第1章から、次々と面白い展開がある。特に最初のユダヤ人を匿う酪農一家とユダヤ人狩りをするナチス高官とのやり取りは必見。ある意味、人間の限界というものを考えさせられる。

映画は、大部分がドイツ語とフランス語で流れていくので、ヨーロッパ映画みたいで、その点、味があっていい。見所は、ナチスの士官に化け敵地潜入をしていたイギリスのエージェントが、イギリス訛りのドイツ語を話してしまい怪しまれる。何とかごまかすが、その後に、ドイツ独自の習慣を知らず、正体を見破られるシーンが機知に富んでいる。ただ、これはヨーロッパでないと分からないネタなんだろうなと思った。

しかし、いくつか難点があった。

ブラビが主演のようだが、あまり中心的なキャラになっていない感じだった。みていて、あまり役にはまっていない感じがした。

もう一つは、最後だが、なぜ、ヒットラーとゲッペルスを爆破直前に映画館から出さなかったのか。明らかに史実と違う展開になった。その辺にこだわらずやっちゃうのか。そういうのって、私好みではない。

この映画で、ドイツ語とフランス語の学習意欲が沸いたことは、いい収穫だったような。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2009-11-25 23:26 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

皇室儀式の車

b0017892_14572824.jpg

高そう!
by masagata2004 | 2009-11-21 14:57 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

即位20周年記念展示

b0017892_14232864.jpg

皇居本丸にて。
by masagata2004 | 2009-11-21 14:23 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

自作小説「私を「スキーに連れてって」の時代に連れてって」 最終章 家族

バブルの時代が、本当に幸せな時代だったのかを問い直す小説。

まずは序章から第7章をお読み下さい。

 それから二日後の昼
 右足骨折で志賀高原の病院に入院中の雪子を涼子は見舞いに行った。あの後、雪子は即、病院に運ばれ骨折の治療を施され、ギブスをはめられベッドに足が固定されるようになった。応急処置も良かったので、これから数ヶ月以内に元の状態に戻れると医師は告げた。
 純平の中日物産社員一行は、旅行が終わり名古屋に戻ったが、純平だけは雪子に付き添うため残ることとなった。

 涼子が病室に入った。病室は数人が入院する複数部屋だが、他の患者さんは、検査かリハビリのため、たまたまいなかった。カーテンで仕切られていて、ドアのそばのベッドと並んだ窓際にあたるベッドに足をギブスで固定され雪子は横たわった状態だ。二つのベッドの間はカーテンで仕切られている。
 涼子は、カーテンの向こう側の雪子に声をかけようとした。だが、すでに先客がいるようだ。声が聞こえたので、立ち止まった。
「すまないな、こんなことになって」
と純平の声だ。
「これも想定の内よ。スキー場で仕事しているんだもん。だけど、あなたの方は大丈夫なの。とっても高いワインの瓶壊しちゃって、届けられなかっただけでなく、飲む前に捨てるようなまねして」
と雪子が、少しムキになったような調子で言う。せっかく協力してあげたのに何よ、と言いたげな勢いだ。
「ああ、そのことに関しては、結局のところお咎めなしというか。君のような怪我人を作ってしまったからね。さすがの部長もやり過ぎだったと反省しているらしくて」
と純平。
「本当に?」
「まあ、これから社での俺の立場は、気まずいものになるのは間違いないけど、そんなことどうでもいいんだ。辞めることに決めたんだ」
「何ですって」
「そうさ、辞表を書いた。これから会社に郵送するつもりだ」
 両者の間に沈黙と見つめ合いの時間が、しばらく流れた。
 だが、涼子は、じっとして聞き耳を立て続けた。
 すると純平が口を開いた。
「それでなんだけど、俺さ、会社を辞めて、大学時代にやっていた東南アジアで搾取されている児童の救済団体で働くことにしたんだ。もう商社マンではないけど。それが、自分をごまかさず、自分がやり遂げたい本望の仕事だと自覚している。それでさ、商社マンではなくなっちゃうと、もう何のとりえもない男だけど、そんな自分と、一緒に人生を分かち合える人が必要なんだ。つまり、これからも一緒にいたい。だから・・・」
 純平は、言葉に詰まっている。言いたい言葉は分かっているのに、口に出せないはがゆさがカーテン越しの涼子にも伝わってきた。
「つまり結婚?」
と雪子が代わりに言う。
「駄目かな? 出会って数日程度だけど、もちろん、すぐにというわけじゃないさ。そういうことを前提にさ付き合っていければと思って・・」
とへりくだる口調になる純平。しばらく沈黙が流れ
「うーん、私さ、一度狙った獲物は、どんなことがあっても逃さないタイプなの。ふふふ」
と雪子のほくそ笑う声。これは何を意味するのだろう。そして、それに反応するように純平からも微笑む声がした。カーテン越しで二人の姿は見えないが、雰囲気は十分伝わってくる。
 涼子は、これは場違いだと感じ、病室を出た。心と体が感動に包まれた状態だ。まさに父と母が結ばれる瞬間に立ち会ったのだ。
 病院を抜け出し、ホテルに戻った。涼子は、どうしようかと思った。自分は、これからどうしたらいいのだろう。タイムスリップして二十年も前の時代にいる。戻りたくても戻れない。でも、一体全体、どうして自分はこんな世界に引き込まれ、また、なぜ父と母の馴れ初めに付き合わされてしまったのか。
 このまま、この世界で生き続けなければいけないのか。涼子は、ふとそんなところで、また、スキーがしたくなった。
 とりあえず、感動のシーンに出くわしたため、今は上機嫌。夜の仕事の時間まで暇もあるので、スキーを滑って気を紛らそうと考えた。思い切り滑って、また、考えよう。何よりも、喜びで一杯の気分だ。その気分を満喫するためにも思いっきり滑ろう。
 涼子は、リフトに乗り、山の頂上に着くと、眼下を眺めた。さっそく上級のコースに行く。もう何も怖くない。何度も滑ったし、また、思いっきり滑りきってやろうと思った。眼下の雪景色は、何度見ても感動ものだ。
 ストックの先を雪面に蹴散らし、雪景色に飛び込むように滑り降りた。
 ああ、気持ちいい。何ていい気分なんだ。
どんどん下降していく。ふと下降しながら、思った。
 そういえば、父は商社を辞め母と結婚をする。その後に自分が生まれると思われるのだが、そうなるとどうなるのだろう。自分は父の商社の収入で授業料の高い私立の学園に小学校の頃から通っていたが、まさか児童救済団体の職員では、そんなに高収入ではないから通えるはずがない。だとすると・・・
 と、その時、スキーのコントロールが急におかしくなった。あれ、板がどんどんコースの脇にそれていく。下の方に進んでいかない。何とか戻さないと、だが、板は自分の意志とは違う方向へどんどんそれていく。このさい、ブレーキをかけようとボーゲンの姿勢を取ろうとするが、それでも止まらない。
 何と言うことだ。目の前に崖が、樹木の中に涼子の体が飛び込む。板の片一方が外れる。
 ふわっと体が浮き、胴体が雪面に打ち付けられ、体が何度も回転して崖の淵に落ちていく。あまりの衝撃で涼子は気を失った。

続き
by masagata2004 | 2009-11-20 21:08 | スキー | Trackback | Comments(0)

猫の親子物語


by masagata2004 | 2009-11-18 14:42 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

元ガソリンスタンド

b0017892_1353683.jpg

by masagata2004 | 2009-11-18 13:05 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧