<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

加藤登紀子さんからのメッセージ

b0017892_1575465.jpg

サイン会に行きました。

CD「1968」のレーベルにサインをしていただきました。加藤さんも、辺野古に行かれたことがあるようで。
by masagata2004 | 2010-04-29 15:07 | 沖縄

そう簡単にはいかないよ

b0017892_21175648.jpg

アメリカも日本をなめるんじゃないよ! 総理も努めを仕上げろ!

東京駅周辺にて。この後、デモのビラを持って歩道で立っていると、私服の警察官からビラくれませんかと言われた。
by masagata2004 | 2010-04-28 21:17 | 風景写真&動画集

まさに自然に対する冒涜 辺野古を泳いだ者として言う!

Excite エキサイト : 政治ニュース

鳩山さん、今度ばかりは見直した。

私は、去年と今年、注目の辺野古を訪ねた。まさに壊したら「自然への冒涜」となる海岸だった。エメラルドグリーンに輝く海岸は、誰が見ても埋め立てて壊したくないもの。

b0017892_23055.jpg


そもそも、この案は米軍だってさえ、考えつかなかったものを、自民党政権と地元の土建屋が自らの利権のため打ち立てたものだったのでしょう。

だいたい、沖縄に限らず、米軍のプレゼンスなんて、そもそも不要でしょう。中国が脅威だって、繰り返しいうけど、中国は世界最大の米国債保有国で日本より多くアメリカ製品を買っている国だよ。なんたって、アメリカは中国への武器輸出さえ解禁しているという密接ぶり。

まあ、このことに関しては今まで、このブログに限らずJANJANなんかにさんざん投稿してきましたけど。お暇な方はお読み下さいよ。

普天間の移設は簡単。さっさと撤去すればいいでしょう。そもそも、沖縄の海兵隊は、いわゆる救助部隊(それもアメリカ人に対する)で戦闘部隊ではない。今まで親切に思いやり予算で日本が駐留経費を払ってやるから安くつくので居座っていたようなもの。もう、何のメリットもないのにそんなおもてなしやめましょう。

こちらは、去年と今年、その辺野古の海を撮った映像。


こんな魚たちも嫌がっているよ、米兵たちも歓迎されていなくて迷惑でしょう。沖縄に行くと、米兵たちからスペイン語が聞こえてくる不思議さ。忠誠心は実に怪しい。
b0017892_23131716.jpg
b0017892_23135133.jpg


東京でも反対運動をやっていたよ。桃色ゲリラも出ていた。
b0017892_2323160.jpg

b0017892_2324310.jpg

by masagata2004 | 2010-04-24 23:08 | 沖縄

スキーといえばこの音楽

もう春だというのに、桜が散った後に雪が降るという異常気象の東京。
b0017892_22574859.jpg

4月17日の早朝撮影。

だから、思わず、シーズンオフのスキーに行きたくなった。今の時期、オープンしているところといえば、新潟のGALA湯沢。てなわけで、スキーにレッツゴー。ここは新幹線の駅がスキー場に直結しているところ。駅がスキーセンターで着替えができる。

b0017892_2372333.jpg


まあまあなところだった。でも、混んでいたな。今まで行った他のスキー場と比べると、少し見劣りするような。スノボーに何度もぶつかったし、ゲレンデの雪の上で鍋料理をしている連中がいたりして変な感じだった。

てなわけで、まだ寒い春が続きそうなので、今度のゴールデンウィークにもスキー場に行こうと思っている。日帰りで。場所も決めている。

スキーといえば、私はこの曲が、スキーに一番マッチしているんじゃないかと思う。コニー・フランシスが歌うオールディーズの曲で、出だしが「スキー場で出会い、恋に落ちた」で、「I'm going to be warm this winter」という題名。「外は雪が降って寒いけど、私は彼の腕に抱かれて暖かい」ってね。

てなわけで、著作権侵害なサイトから、彼女の音楽を拝借。でもって、私が撮ったスキー映像と一緒に見てくれると、スキー気分が、とっくり味わえるかも。

More
by masagata2004 | 2010-04-22 23:19 | スキー

GALA湯沢


帰るところ。
by masagata2004 | 2010-04-18 15:34 | 風景写真&動画集

しつこくスキー

b0017892_12503372.jpg

GALA湯沢にて
by masagata2004 | 2010-04-18 12:50 | スキー

映画「桃色ジャンヌ・ダルク」 なぜか影響を受けた人

b0017892_2342896.jpg

渋谷ユーロスペースにて観賞。

内容は、増山麗奈という破天荒な女流画家が、イラク戦争以来政治に目覚め、政治運動とアートを合体させた活動を繰り広げるという生き様を描いたドキュメンタリー。

冒頭に、このドキュメンタリーの監督が挨拶に登場。3年間、彼女を追い、記録した100時間以上に及ぶ映像を1時間40分にまとめ上げたものだという。

この人のことは、実をいうと私もイラク戦争反対デモに参加して知った。単なるパフォーマーと思っていたが、それなりに信念を持って活動をしているということを彼女のブログ「増山麗奈の革命鍋」を読んで感じるようになり、次第に影響を受けるようになった。ちなみに2児の母で、夫はフリージャーナリストの志葉玲である。

アートを使い反戦運動、反原発運動をする姿、同時に父親の違う2児の母親でもある。こんな存在も世の中にはあるんだと感心する。保守的で不寛容な日本社会で、よくも生きているな、年とっても続くのかな、と思いながらも、そんな自由な生き方に憧れを持つ。

私には、そんな生き方は出来ないと思いながらも、彼女に影響を受け、余暇を利用して、ちょっくら活動をまねしたことがある。例えば、以下のような反原発ボディペイントをして銀座をデモで練り歩いた体験。
b0017892_0351128.jpg

実をいうと、こんなボディペイントをして褌で歩くつもりだったが、褌は警察に認められなかった。
家に帰ったら、彼女のようにエロスを楽しむつもりで、ペイント剥がし。


つい最近は、話題となっている普天間基地の移設先候補となっている辺野古に行くため、沖縄に飛び、反米軍基地運動を自分なりにした。この映像を参考に。

抗議の印として、麗奈さんがパンティをアートとして飾るように、私は前日使って洗っていない褌をその場に残した。

ちなみに、先月も沖縄を行ってきた。その時の映像と記事は以下に。


【オムニバス】沖縄から最後の記事を送る

麗奈さんにも見て貰い、沖縄に行って、お得意のピンク・パフォーマンスを繰り広げて欲しい。米兵、喜ぶぞ。

もっとも、そんなことのできる余裕など私にはもうない。最近は、麗奈さんの嫌う資本主義どっぷりの仕事についている。何たって社訓に「利益を上げろ」と掲げられているところだもんな。

だけど、決めている。この仕事をやめたら、次は、今度こそフリーか自営の仕事をしようと、それも自分が真に幸せを感じられるようなもの。自然豊かな沖縄に引っ越すのもいいな。芸術家か、人間の生きる原点を見つめる意味で、また、自給率向上を目指す意味で、漁師になろうかなっと考えていたりする。
by masagata2004 | 2010-04-13 23:04 | ライフ・スタイル

「同期の桜」を歌いながら靖国を歩く

「貴様と俺は同期の桜」が咲く靖国神社を撮影。


天気はいまいちだったが、桜は満開。

歌詞には、「見事に散りましょう。」とか「同じ庭に咲く」などと、死んで祀られていることを思わせるところがあり、とっても怖い歌。

靖国のイデオロギーには全く賛同しないが、この神社の桜はとても美しい。

ま、賛同する人は、それはそれで勝手だが、今は新しい時代なんだから、あんまり頑固にならんでほしい。

ま、過去は過去でしょう。あの時代だから、やもえないという面もあったけど、ミスったところはミスと認めましょう。

追悼なら、他に手段があるでしょうに。遺族の人は別にして、政治家が参拝するのは。それに戦死者以外の政治犯を祀るのも。東京裁判が不当だったことは大いに認めるけど。


by masagata2004 | 2010-04-11 22:48 | 音楽

まさに人工の街

b0017892_13133100.jpg

とても無機質な世界。悪い面もいい面もある。
by masagata2004 | 2010-04-06 13:01 | 風景写真&動画集

春爛漫から四季の移ろい

桜を楽しむ季節が来ましたね。

写真は皇居の東御苑の二の丸庭園内で先月撮ったもの。

b0017892_13311114.jpg


だけど、春が過ぎれば、夏、秋、冬と来ます。

そんな四季の移ろいを私の住んでいるところのバルコニーから記録いたしました。
桜、深緑、紅葉、雪と四季折々の光景を映し出します。


ただ、四季があるから日本は素晴らしいという感想には必ずしも賛成ではありません。
私としては常夏がいいですね。ハワイとか、マレーシアとかのように。だが、外国は所詮は外国、そこの国の人になる決心でもしない限り、永住するのはどこもむずかしいものです。

日本国内で常夏といえば沖縄でしょう。老後というか、近々沖縄に永住引っ越しを考えているほどです。
沖縄で翻訳や小説家の仕事をしながら、ついでに漁師になるなんていいかも。
同じバルコニーでも、年中、こんな風景が見られる方が人工物でかためられた大都会の四季のうつろいよりもずっといい。


by masagata2004 | 2010-04-03 13:40 | 風景写真&動画集


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧