<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

映画「てぃだかんかん」 沖縄の海は美しい

沖縄の海のサンゴを守ろうと、サンゴの移植に奮闘した男とその家族の物語で、実話に基づくもの。

主演は、何とあの吉本芸人の岡村隆史。ウチナンチュウというイメージには、そぐわないと思いきや、歓声弁の代わりの沖縄弁での演技にかなり努力したのだなという意気込みは伝わった。だが、もっと意外な演技をしたのは、主人公の友人で県庁職員の役をした吉沢悠だ。眼鏡をかけた生真面目なキャラだったが、彼は、6年前のテレビドラマ「エースをねらえ」でヒロインが恋いこがれるイケメン・テニスプレイヤーの藤堂役をしていたのだ。ものすごい変身ぶり。

ところで映画の内容だが、私も、主人公の気持ちはよく分かる。ウチナンチュウではないが、沖縄には去年と今年で3度も訪れ、3度目の8月には、1ヶ月近くも滞在した。そして、その目的は、普天間基地の移設で話題となっている辺野古海岸だ。鳩山前首相が「壊すのは自然への冒涜」とまで称したあの海。実に、実に、美しいところだった。そして、そこもサンゴが生息しており、サンゴを住処とする珍しく多様性豊かな生物が存在する。

b0017892_8244241.jpg


このブログのトップの帯びも、そこで撮ったもの。

そして、以下は私がそこで撮ったビデオ映像。





いいところだよ、皆さんも行ってみれば。絶対に、この海を潰したいとは思えなくなる。ましてや、日本の防衛になんか寄与せず、膨大な税金の無駄遣いにしかならない基地建設の埋め立てのために。

さてさて、その沖縄で全国の注目を浴びた県知事選がありましたが、結果は、現職の仲井真氏が勝利。ま、これはある程度予想されたこと。現職の再選を阻止するのは、よほどのことがない限り無理。現職は固定票があり、前期の実績という新人にはかなわない武器がある。その上、争点ぼかしのため、県外移設を明言。これじゃあ、反基地で知名度が高いといっても伊波さんではかなわない。だから、落選だけど、出口調査まで接戦とした伊波さん、よく頑張ったと思うよ。盛り上がりに欠け、投票率も低かったのにもかかわらずよくやった。最終的に組織票効果があったのかな。

ま、仲井真さんも、選挙目当てとはいえ、県外移設を明言したのだから、公約を実行しないと。そうせざる得ない状況までにしたのは、伊波さん出馬の成果かな。今後、公約を翻す可能性はあるのだから、そこを監視して食い止めるしかない。ま、沖縄の県内世論がそうさせないようにしむけていけばいいんだと。もちろん、日本の国内世論も。

おっと、これは映画の評論だから、そこに戻るけど、実をいうと私は、この映画の登場人物と同じ気持ちにさせられ、その気持ちを代弁する意味と昨今の普天間移設論争を重ね合わせた小説をこのブログ上で執筆した。

是非とも読んで、ウチナンチュウの心情と米軍基地問題について考えていただきたい。

旅小説「私を沖縄に連れてって」 第1章 パンチ

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-11-29 08:54 | 沖縄

映画「ソルト」 陰謀、陰謀、陰謀と活劇

CIAの女工作員ソルトが、旧ソ連の工作員で二重スパイであるという容疑をかけられる。

何でも、彼女は、かつてソ連が秘密裏に幼児の時からアメリカ破壊のため養成させたスパイだったと。
「三つ子の魂、百まで」とはおいそれいった。

お決まりの見せ場たっぷりで、それをアンジョリーナ・ジョーリーが演じるから見応えがあるのかな。

でも、ちと疲れる。

そして、最後はいつもようにアメリカは守られ、世界は平和に、大統領は偉いってね。
だけど、まだまだ陰謀は終わらない。

この手のドラマって、とにかく、スリルを味わうために作りましたという魂胆見え見え。だけど、最後までみてしまわないと気が済まなくさせられてしまう定番エンターテイメント。

陰謀とか工作ってよくあるんだろうけど、何もかもにそういうのが関わっていると思うと疲れるよね。

しかし、そういうのを飯の種にしている人からすれば、それこそ正常な世界に見えてくるんだろうな。

でも、東西冷戦が終わり、イラクやアフガンで大失態を犯したアメリカ、まだ、こんなのつくっている。軍事・インテリジェンスに長けた超大国としての威厳を映画を使って世界に見せつけたいのか。経済がたがたで、国民は貧困に喘いでいるというのに。いつまで続くのやら。

でも、もっと情けないのは、そんなアメリカが、ひたすら守ってくれているという幻想から頭が離れず、騙され貢ぎ続けている我が日本だ。これに関しては、コメディ映画「クヒオ大佐」を勧める。こっちの方が、面白い。そして、そのことを詳しく解説した記事を以下に紹介する。映画を観る前に読んでね。

日米安保と映画「クヒオ大佐」

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-11-23 19:53 | 映画ドラマ評論

山茶花

b0017892_14551823.jpg

皇居にて。
by masagata2004 | 2010-11-20 14:55 | 風景写真&動画集

関岡英之著「拒否できない日本」 グローバル・スタンダードとは

ちょっと前にブームになったものを今更ながら読んだ。105円で買ったもの。

アメリカが、日本に要求する改革が、日本社会にどんな悪影響を及ぼしているかを考察したものだ。

「年次改革要望書」などで、建築基準や司法改革がアメリカに合わせた形で進行する実態などを告発している。

アメリカが自国の利益追求のため、日本や諸外国に様々な要求を突きつける。受け入れる側の日本は無防備過ぎるなどと指摘している。

アメリカがグローバル・スタンダードを決めるという横暴ぶりを知り、それに呑まれるなと警告したいのだろう。

この本を読んで思ったのは、グローバル・スタンダードって、もしかしたら必要ないのかも。

不便でも、それぞれの国独自のシステムで何とかいけるというのなら、無理して合わせなくてもいいんだということだ。もっと内向きでいろっていうことかな。明治以来の西洋かぶれや敗戦コンプレックスやめようなってことか。

読んでいて関心はしたが、内容的には筆者の主観に、ちと偏りすぎていないかと思われる箇所があった。

例えば、法科大学院制度の改革なのだが、これってアメリカからの要求だったというのは事実なんだろうけど、以前の試験のみの資格制度だと、競争率50倍で、合格するのに7年もかかり試験にパスするのにすごい労力が割かれるという問題があった。ある意味、法科大学院より長い時間がかかる。費用だってね。だから、改革が悪かったとか一概にいえない面もあるような。

つまりのところ、日本からアメリカ化を歓迎していた面があったのも事実だ。ただ、採り入れるのはいいとしても、それを一つ一つ吟味して選ぶことにして、何でもアメリカだから歓迎というのはやめなければいけないのだろう。

ただ、この本や堤未果著の「貧困大国アメリカ」が売れたことが象徴しているように、もう「アメリカいいね」の時代は終わったのだなと痛感させられる。

アメリカ留学経験者としては、気まずい気分だが。
by masagata2004 | 2010-11-19 16:53 | 書籍評論

社会教訓小説2: ふれあい商店街 第2章 昭和商店街

失われた地域コミュニティが問いかけるものとは。

まずは第1章をお読み下さい。

その日、牧野部長が、落胆した表情で真知子に大失態のことを知らせた。会議室で二人きりで話してくれたが、部内では、すでに話題になっていることだ。先月、真知子が企画デザインしたウォーリーバリューの豆腐が一丁99円という価格設定になっていたのだ。実際は、一丁98円にしなければいけなかった。数年前から売り出していたもので、真知子が主任になって引き継いだのだが、パッケージ・デザインのちょっとした変更と商品の価格を示すバーコードを更新する作業だけだったので、簡単に済ませ、真知子が最終チェックをして商品は製造、出荷されたのだが、そのバーコードの番号の打ち間違いで価格が99円となってしまっていた。

どの過程でそんなミスが生じたか分からないが、チーム・リーダーとして真知子が失敗の責任を負うことになる。特にバーコードのチェックは必須だけに、それを怠ったことは重大な過失だ。スーパーとしては、棚に商品を置く時に、バーコードと違う値札を棚に貼り付けられない。たかが99円と98円の違い、むしろ1円得するのではと思われがちだが、わずかでも価格の設定は商品の売り上げを大きく左右する。特に「98」という数字は、消費者の割安感を誘うので、売上全体を大きく左右する。一丁98円の豆腐として固定化したこの商品の値段を突然変えることはできない。なので、商品は全て回収、当然、パッケージと中身はどちらも廃棄される運びとなった。損害額は2千万円に及ぶ。

このようなミスは年に何回か起こる。それによる担当者への処分は、始末書を書かされるか、降格や配置換え、損害がひどい場合は、依願退職してしまったケースもある。真知子も、主任になる前、何度かそんな処分を受けた人達を目にしたことがある。

この業界は、その意味でプレッシャーが実に大きい。些細なミスでも、膨大な損失が生じてしまうのだ。一つ一つの過程を慎重にしなければいけない。

牧野部長は、とりあえず始末書を書くように伝えた。処分は、それから決めると、さすがに退職までは迫るつもりはないが、主任のままでいられるかは分からないと、これから検討するとか言った。

とりあえず、最終的な処分が決定するまでは、主任として今任せれている仕事をきちんとこなすこと、これ以上、絶対にミスがないように。というので、仕事に専念することになったが、部内の自分を見る目は厳しかった。特に自分のチームのメンバー、つまりは自分の部下、特に年上の男性社員たちの目は、ひときわぎすぎすしていた。普段から真知子と話す時の表情は快いものではなかったが、この事件を機会に、さらに不快になっていた。もっとも真知子がいないところでは「そらみたことか」と愉快になっているかもしれない。実際のところ、それが社内の雰囲気でもある。

その日、仕事が終わり、真知子は、いつになく疲れ切っていた。普段は電車に乗って30分ほどの自分のアパートに帰って自炊するか、アパートの近くのレストランで食事をするのが常だが、仕事が終わると、耐えきれなくなるほど空腹であった。

なので、すぐにでも近くで食事を取ろうと思った。この町の新オフィスに来てから、この辺りで外食をしたことがない。昼食はいつも自家製の弁当で、社内で取っている。

まあ、せっかくの新天地に来たのだから、近々、新店舗も開店となるこの町を探るのもいいかもしれない。歩いていくと、「昭和商店街」という看板のアーケードの門を見つけた。真知子は、そこに入っていった。通りの街頭に大きな黄色い旗が並べて掲げられ、何か大きな文字が書かれ、風にはためいている。祭りか何かあるのだろうか、と思ったが、旗に何が書かれているかまで読まなかった。真知子は下を向いて歩いていたからだ。

10歩ほど歩いたところに、「昭和街食堂」という看板の店を見つけた。ここで食事ができると思い、中に入った。中は、何とも殺風景で、テーブルと椅子が10人分ほど並べられていた。何とも雑多な感じがする。真知子が外食するファミリーレストランや中心街のお洒落な喫茶やレストランとは全然、雰囲気が違う。いかにも、個人で経営している店という感じがする。
 

続き
by masagata2004 | 2010-11-17 22:35 | ライフ・スタイル

幸せそうな猫


代々木八幡にて。
by masagata2004 | 2010-11-15 11:03 | 風景写真&動画集

そろそろアメリカとけじめをつけよう

政治 - エキサイトニュース

日米同盟だ、日米同盟だと相も変わらず叫び続ける日本だが、アメリカはアメリカだよ。

それに軍事ではアメリカは日本を守ってはいない。オバマ大統領が横浜で日本防衛は「揺るぎない」なんて語ったけど、どうせ日米安保なんていいように解釈できるんだから。アメリカの日本防衛義務には、かなりの抜け穴がある。そのことに関しては、これまでいろいろと記事を書いてきたけど、一番わかりやすいのがこの記事なので、暇なら読んで。

総じていえば、アメリカは世界の超大国ではなくなっている。アフガン、イラクでの負け戦に経済がたがた、国民生活がたがた、中国には借金しまくって頭が上がらない。

アメリカに自動車とか輸出してドル稼いでも、これ以上もつのか心配。
ドルもいつ紙切れになるのか分からない。

しかし、日本には、アメリカの覇権を未だ崇拝する馬鹿勢力が存在する。
彼らも潮時であることを自覚しないと。

ただ、別に縁を切れといっているわけじゃないよ、けじめをつけてよき友人として付き合おうよっと提案したいのだ。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-11-13 17:28 | 時事トピック

ブリンセス アイコ

b0017892_14201917.jpg

という薔薇。未来の女帝?
by masagata2004 | 2010-11-09 14:20 | 風景写真&動画集

自作小説「ヨーソロ、三笠」 第4章 明治38年2月

平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。

まずは序章第3章をお読み下さい。

 それにどうして、この船は動いているか。陸地ははるか彼方に見え、どんどん遠のいている。船の回りは海だけだ。
 
「蛍の光」の演奏が終わった。でも、源太は、ほっとできない。一体全体、何が起こったのか。
「一同、持ち前の位置に着け」
と大声で誰かが叫ぶ声が聞こえた。ラッパ音が鳴る。ぞろぞろと人が動く音が。楽隊員がさっと、甲板を離れる姿が見られた。
 そして、艦橋の水兵たちも動き出す。どうしたことか、源太はとりあえず、携帯電話をポケットにしまった。
 甲板まで降りるため、階段のステップを踏むと、突然、後ろから
「バカもん、のろのろするな」と怒鳴り声が、何だと、自分をバカ者だと、どこの誰だか知らない奴にそんなこと言われたくないよと後ろを振り向き睨みつけると、水兵が向かってきて源太を押し倒す。源太は、その突飛押しのない行動に驚き、体のバランスを崩してステップを踏み外し、あっという間に転げ落ちた。背中、肩、最後に頭を打ちそうになった時、床に達したが、体全体に衝撃が走り気絶してしまった。
 目を覚ました。さっと、起き上がる。医務室のようなところに自分が寝ていたのに気が付いた。
「お、気付いたか、バカもん、水兵のくせに階段から落ちやがって」
 目の前にいたのは、背の高い見覚えのある男。
「多神さん」
「おお、兵曹長の多神だ。ところで、おまえは誰だ? どうも見かけん顔だが、佐世保から乗っかってきたのか」
「見かけない顔って? 佐世保から乗ってきた?」
と源太は聴いて驚いたが、まだ驚くことがある。
「この船、動いているんですよね」
「そうだべ。三笠は出航したばかりじゃ、動いて何が悪いんだ?」
 驚いた表情で源太を見る多神。
「多神さんって、さっきお会いした多神さんですよね」
 源太は多神を観察した。背格好と顔は、そのままだが、髪型が違う。さっき見た時よりは坊主に近く毛が短めだ。
「何を言っとるんだ? おまえに会うのはこれが初めてだが。さっき甲板で気絶していたのを運んできたんだわさ。おまえはみん顔だけど、名を名のらんか」
 源太は、起きあがり寝台から床に足を降ろした。靴が置いてあったので履いた。帽子が側に置いてあったのでそれを被った。別に意味はないが。
「おまえ、ここの水兵とは違うよな」
と多神。
「ええ、違いますよ。僕は水兵なんかじゃありません」
と源太は訳の分からない男は相手にできないと思い医務室を出た。低い天井。ここはデッキの下の中甲板だ。
 デッキに昇れる階段はないかと見渡す。あった。そこまで、走っていき階段を上がった。
 ほっとして、デッキに来ると、やはりこの船は動いていた。航行しているのだ。気絶する前よりも陸から離れている。波しぶきを上げ、そして、見上げると煙突から黒煙が上がっている。煤の匂いはここから来ているのだ。今時、蒸気船なんてあるか。それに、この船は埠頭に固定されているものだったのだろう。
 一体全体、どういうことだ? 何が起こったのだ。そして、今は真冬のような寒さだ。海上だからではない。季節が明らかに違うのだ。
「おいおい、勝手に動くな。おまえ、名も名乗らず無礼だぞ」
と追ってきた多神が言う。
 すると、目の前から、二人の紺色の制服を着た男たちが歩いて向かってくる。一人は、もう一人に比べて、ずっと年老いていてやや小柄、白髪で白髭を生やした老人だ。どっかで見たことがあるような、と源太は思った。
 多神は、二人の制服男たちに敬礼をした。まるで軍人が上官に対して敬礼をするように。
 二人の制服男たちは通り過ぎようとする時、源太は
「東堂平七郎、戦争の神様」
と思わず、言葉を発した。
 制服男たちが立ち止まる。そして、白髪の老人とは別の黒い口ひげを生やした男が、きっと睨みをきかせ源太に言った。
「貴様、長官だぞ、何という態度じゃ。敬礼せんか」
 源太は、そんな言葉など気にせず、白髪の老人に対して言う。
「長官、僕は間違ってこの船に乗りました。お願いです。降ろしてください」
「おい、何を抜かす。貴様、何者じゃ?」
と黒ひげの男。帽子は被っているが頭は禿げているのが分かる。源太だけでなく、そばにいた多神も睨まれた。
「申し訳ございません。こいつ、どこからか間違って来た奴のようで」
「何?」
 源太を今にでも斬り殺すかのような目つきで睨む髭の禿げ男。するとその側の老人、長官は、
「まあ、まあ、秋山どん。おはん、今、面白い言葉でおいどんを呼んだな。どう間違ってここに来たのか事情を聞こうがな。おいどんの部屋で二人きりで話しはできんかの」
と目を輝かせ興味津々の眼差しで源太に話しかけた。源太はもちろんのこと、話しがしたかった。

続き
by masagata2004 | 2010-11-06 20:38 | 自作小説

この花の名前は?

b0017892_13292712.jpg

誰か知っている人教えて。
by masagata2004 | 2010-11-06 13:29 | 風景写真&動画集


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧