<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

メリークリスマス

というわけで、クリスマス気分を味わうため、クリスマス・ケーキを買いました。

どうでしょう、きれいなものですね。
信仰心が深くなくても、クリスマスはとってもいいですよね。一応、私、クリスチャン。

コンビニで買ったケーキですが。

b0017892_2143981.jpg

by masagata2004 | 2010-12-25 21:43 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)

白銀シーズン到来 滑りながら考えること

JANJANより転載、修正、加筆

 寒い季節がやってきた。まさにスキー&スノーボードの季節だ。筆者は寒い冬は嫌いだが、雪景色は好きであり、その雪の上を滑るスキーが大好きだ。
 昨シーズンは、長野県、新潟県、山形県、岩手県、福島県のスキー場を訪ね楽しんだ。スキーだけでなく、その後の冷えた体を温めるため温泉も楽しんだ。
 今シーズン、さっそく、軽井沢プリンスホテル・スキー場に行って来た。そこで浅間山を眺めながらスキーをした。だが、12月上旬ということもあって、滑ったのは人工雪だった。
b0017892_152742.jpg

 どうしても天然の雪で思いっきり滑ってみたいと思ったら、18日から全コース滑走可能となった新潟県はかぐらスキー場に行くことにした。そこは標高が高いところらしく、見事に雪が全面を覆い積雪量も80センチとダイナミックな滑走をするのにも十分なコンディションに仕上がっていた。
b0017892_1532376.jpg


 実に気持ちのいい滑りだった。その日は晴れていたため、視界も良好、景色も抜群だった。スキーの醍醐味は、滑る時の快感だけでなく、滑ると同時に美しき銀世界を眺められることにもある。だからこそ、滑るなら、スキー場だけでなく周囲もどっぷり積もらす天然雪でないといけないのだ。
 しかし、そんなスキーも今は危機的な状況を迎えている。何といっても、悩みの種は地球温暖化による雪不足だ。今シーズン、国内のスキー場はどこも、営業日を雪不足のため延期していると聞く。昨シーズンも、営業開始日になっても雪がなく、開業を延期したというニュースを聞いたが、それに続き今シーズンも同様だ。年配の人などからは、自分たちの若い頃はもっと雪が深かったという話を聞かされる。
 例えば、山形県の蔵王スキー場だが、標高1600メートルから山頂までの間に見られる樹氷は実にすばらしいが、40年前には、1400メートル付近でも見られたという。そして、予測では40年後には山頂でも見られなくなるという。
b0017892_1552428.jpg

 実に悲しい現実だ。このような状況だと21世紀後半には、国内でまともな営業のできるスキー場はなくなってしまうかもしれない。詳細な予測に関しては以下を参考にしていただきたい。

中口毅博(2010)地球温暖化がスキー場の積雪量や滑走可能日数に及ぼす影響予測-気象庁RCM20予測を用いて.芝浦工大紀要人文系,44-1,p71-76. 

 スキーほど地球の気候変動を肌で感じるスポーツはないのではないか。なので、滑りながら感じたのは快感と同時に、近い将来、この快感は味わえなくなるという切なさだった。

 ところで、今シーズンは日本のスキーにとっては記念すべき年を迎える。それは、来年1月は日本にスキーが伝来してから丁度100年目に当たるからだ。何でもオーストリアの軍人であるレルヒ大佐が伝えたのだという。それから1世紀の間に日本全国にスキー場ができ、80年代のバブル景気の時代には「スキーブーム」と呼ばれたほど、スキーは庶民にとって身近なスポーツになった。まさに誰もが「私をスキーに連れてって」という気分でスキーに挑戦したのだ。
 だが、バブル景気の終焉と共に、スキー人口は減少。スノーボーダーを含めてもスキー場は雪不足以上に客不足に悩まされている。もうかつてのように、誰もが時間やお金をたっぷりかけるレジャーを楽しめる時代ではない。
 だけど、白銀はロマンだ。そこは、まさに雪国という別世界なのだ。それも失われかけているという、はかなさも伴うものでもある。ならば、尚のこと、それが失われるまでに存分に楽しまなければ損だと思う。
 また、同時に、もし何かできることがあれば、できるだけのことをして、その喪失を食い止めたいとも思う。スキーをしながら、そう思わされる。地球温暖化もある種の予測の範囲内だ。自らが破壊してきた環境を自らの力で進行を遅らせたり止めることだってできるかもしれない。そう信じたい。
 地球の気候変動による温暖化は、スキーをする雪山だけでなく、沖縄のような珊瑚礁の海にも影響を与えている。温暖化により珊瑚が死滅し、あのエメラルド・グリーンの海も見られなくなる日が来るかもしれない。海面の上昇によって海水浴を楽しむ砂浜もどんどん削られている。北から南にかけ、美しい自然が奪われていっているのだ。
b0017892_1573145.jpg

 ならば、それを守っていこうという気概を養っていくべきだろう。これからは美しい自然を眺めて、ただ感動するだけでなく、失われていくかも、という危機感を各々がしっかり自覚し、できるだけのことをしようという心持ちが必要な時代なのだろう。けっしていい時代だとはいえないのだが。

【ご意見板】2 件の書き込みがあります
風間陣 2010年 12月 21日 21:58  

 いいですね。
 私もスキーは好きなので、羨ましいです。今シーズンも一回くらいは行けるかなぁ…。
 
 でも、温暖化の話は私は信じておりません。いや、温暖化していないというのではないですよ。巷で騒がれるその理由には全く信用を置いていないということです。
 
 ああ、シーズン真っ盛りに旭川出張も有りそうなのに、多分スキーどころではないんだろうなぁ。

通りすがり 2010年 12月 22日 17:13

スキーしながら環境問題について考えるのは
風俗に行って嬢に説教するのと同じ
スキー場やらゴルフ場周辺の航空写真なんて
ぞっとしますよね
by masagata2004 | 2010-12-21 14:59 | スキー | Trackback | Comments(0)

かぐらでスキー

日曜日は実に充実した日であった。

スキーシーズン到来で、雪が降り積雪80センチとなった新潟県はかぐらスキー場に日帰りスキーをしに行った。

新幹線で東京から越後湯沢まで1時間半。

そこは、まさに雪国だった。駅から歩いて5分のところからバスに乗ること20分、かぐら・みつまたスキー場のロープウェイの山麓駅に着き、そこで着替えて、板を持って山の上へ。

かぐらスキー場は、ロープウェイで上がってまず着く、みつまた地区と、その上のかぐら地区、そして、その隣の田代地区とあり、各コースの幅も広く、実に広々としたスキー場だ。
b0017892_15305653.jpg


田代地区に行けば、田代湖という湖をのぞんで滑られる。上から眺めるだけでなく、すぐ側の岸まで近付いて湖をのぞむのだ。
b0017892_15331636.jpg

b0017892_15321710.jpg


思いっきり滑った。もっとも、1日ではとてもじゃないけど足りなかったけど。

初級から中級、上級、コブとあらゆるコースが設定されている。実をいうと昨シーズン、かぐらでは滑っていた。その時は、隣の苗場から連絡ロープウェイに乗って来た。その時の思い出もあり、かぐらにはこだわった。

特に、この時期、人工雪ではなく、天然雪で大規模に滑られるスキー場といえば、かぐらしかない。

しかし、今度のかぐらは、前回と違い、天候がよかった。一日中、快晴だったのだ。晴れて思いっきり滑られて、美しい雪景色を堪能できる。これこそがスキーの醍醐味。

滑りながらウォークマンをつけ、ユーミンの「恋人がサンタクロース」やその英語バージョンの「My Baby, Santa Claus」を聴いた。


これがなかなかいい。だけど、周囲の音を塞ぐので、危ないという意味でお薦めできない滑降スタイル。危ないといえば、かぐらでは、平気で禁止区域で滑っている奴らがいた。主にスノーボーダーだったけど。こんなことをしては絶対駄目だろう。怪我なんかしても保険はかからないし、それで遭難してしまったら、自己責任で救済費用を負担しなければならなくなる。

もっとも、リスクを冒しても、そんなことをしたがる連中の気持ちが分からなくもないけど。

さて、存分に楽しんだ後は、帰宅の途に就いたわけだが、そこで、スキーの後だからこそしたくなること、それは冷えた体を温めること。どこか宿に泊まったのか、と思われるだろうが、私が湯に浸かったのは、駅構内の銭湯である。それも天然温泉に酒を混ぜた湯である。さすが新潟、それも温泉の街だけのことはある。

湯加減も湯の香りも最高。スキーと温泉、これこそ日本スキーのスペシャリティだ。

湯上がりのあとは、スキーっとした気分で新幹線に乗り東京へ。

また、来たい。そして、これからスキーシーズンが本格化する。

私を、これから、もっと、もっと、スキーに連れてって。
by masagata2004 | 2010-12-20 15:37 | スキー | Trackback | Comments(0)

なんと美しい夕焼け

b0017892_16113181.jpg

来てよかった。帰ろう。新潟県かぐらスキー場にて。
by masagata2004 | 2010-12-19 16:11 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

かぐらに来ています

b0017892_11321752.jpg

私をスキーに連れてって、全開!
by masagata2004 | 2010-12-19 11:32 | スキー | Trackback | Comments(0)

映画「八甲田山」 ここからスキーが始まった

明治35(1902)年、日露戦争に備えるため、当時の陸軍は青森県の八甲田山の雪中行軍の演習を発令したが、雪原の過酷な環境に耐えきれず、200名近くの兵士が命を落とす結果となる。

何でも、その数年後の1911年、今から100年前、この惨事を教訓としてスキーが日本に採り入れられたとか。スキーを伝来させたのは、オーストリアの軍人、レルヒ大佐であったと。当時は、ストックは長いのが1本であり、雪の中で自由に行き来する手段として普及していき、当然の如く、現代ではレジャーとして普及している。

今年は、そのスキー伝来から100年に当たる。各地で、そのイベントが開かれるとか。

ところで、映画だが、構成がひどすぎて、3時間近くの長きに渡る物語の割りには、見た後に何かが残るというものがさっぱりなかった。それに、何が言いたいのか、さっぱり分からなかった。ただ、淡々とことが進んでいくのを流していくような感じで面白味に欠けた。せっかく高倉健とか出演しているんだから味のある人間ドラマを分かりやすいエピソードを加えて展開させていけば見応えがあったのにという感想だった。

少なくとも、雪山で遭難したいとは思わせない映画だったのは確かだった。

私をスキーに連れてっても、雪山には連れて行かないでといいたい映画だったけど、雪山でないとスキーはできないんだ。

てなわけで、明日、雪山にスキーに行ってきます。



人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-12-18 21:06 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

紅葉が


波打つ水の光を反射している姿である。 新宿御苑にて。
by masagata2004 | 2010-12-18 12:14 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

この番組を観よう

上関原発の現場から緊急リポート

これに関連して、以下の小説もよろしく。

環境教訓小説 「原発ターミネーター」 第1章 阻止行動
by masagata2004 | 2010-12-12 08:41 | 環境問題を考える | Trackback | Comments(0)

「私をスキーに連れてって」シーズン到来

b0017892_11152251.jpg

軽井沢にて。滑ったのは人工雪です。目の前の山は浅間山。

今シーズンは何といっても、日本スキー100周年。
by masagata2004 | 2010-12-11 11:15 | スキー | Trackback | Comments(0)

だから何だって言うの?

マネー・市況 - エキサイトニュース

経済指標のニュースで今年、日本が中国にGDPを追い抜かれ、一人当たりでは、数年内に台湾に抜かれるということ。

しかし、それが何だって言うの? 

日本を抜いた中国に行けば分かる。超高層ビルが建っている通りには乞食がたむろしていたり、言論統制でネットのブログ上でさえ言いたいことが書けない。

1位のアメリカは、医療費払えず、死にゆく病人、大学の授業料を稼ぐため若者がやも得ず軍隊に入隊。

そんな国が豊かな目指すべき国だというのか。

別に国力というのは、GDPだけで表されるものじゃないし、問題は順位なんてどうでもいいんじゃないって?

低い国は駄目だといいたいのだろうけど、順位をつければ、必ずどこかの国が低い順位になる。最下位になったら、それは地獄を意味するというわけ?

最下位でもいいじゃん。最低限、その国の人々が飢えず、楽しくやっていけているのであれば。

それぞれの国の基準で幸福を追求していけばいい。他の国と比較する必要はない。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2010-12-05 10:15 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧