<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雪の街から来る

b0017892_12284138.jpg


野沢温泉という街の風景。
by masagata2004 | 2012-02-27 12:28 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

只今、野沢温泉に来ています

b0017892_9403487.jpg

by masagata2004 | 2012-02-26 09:40 | スキー | Trackback | Comments(0)

招き猫

b0017892_1613112.jpg

猫の集客効果はばかにならないぞ。
by masagata2004 | 2012-02-25 16:01 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

商品じゃないよ

b0017892_917279.jpg

防寒のためいるんだよ。
by masagata2004 | 2012-02-20 09:17 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

ホンダ対ヤマハ

b0017892_1385437.jpg

by masagata2004 | 2012-02-13 13:08 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

原発再稼働の都民投票請求署名運動に参加

昨年の12月9日から2月9日の間、東京電力の大株主である東京都に対して、都民の意見を反映した提言をするよう求めるための住民投票の条例制定の署名運動が、都内で繰り広げられていた。一部、小金井市、府中市、八王子市では、首長選挙のためその期間が3月まで延期されている。

私は、その署名集めをする受認者となった。所定の署名簿を持ち歩いて、同じ区の人々から氏名、住所、生年月日を書いた署名を集めてくる。合計5名分集めた。
b0017892_14111917.jpg


結果、条例請求運動をしている市民団体の集計により、2月10日現在、279,881筆、集まっている。請求案を都議会に出すためには、全都民の50分の1が必要だが、とりあえずは、その数は上回っている。しかし、無効となる署名も必ず含まれているので、その数に対して2割ほど上回る数が必要となる。まだ、集計中で、今後、そのくらいに増えると予想される。詳しくは、こちらのサイトを。

まあ、結構なことだが、さっそくそれに対して、石原知事は「条例には反対。人間は何度も失敗を経て技術を向上させていく。条例は制定させない」と予想通りの否定意見を発表。なので、決断は都議会議員たちに委ねられる。今後は、都議会議員たちへの働きかけが主な活動内容となる。ただ、現在も継続中の府中市と八王子市などの署名活動も重要。

大事なのは、この署名活動は「脱原発」のためではないということだ。もちろん、この運動を始めた市民団体の大半は脱原発派だが、主眼は「みんなで決めよう」ということ。実際のところ、脱原発派の中にも、住民投票や国民投票で再稼働の是非を決めるのには反対意見が多かった。というのは、所詮は民主主義など衆愚で、結局、推進派のプロパガンダに騙され、再稼働にころっと寝返ってしまうのではないかと。

だが、主催者は、こう言う。
by masagata2004 | 2012-02-12 14:19 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)

マイケル・ムーアの「キャピタリズム ラブ・ストーリー」 日本国憲法の話し

戦争や社会問題を娯楽を交えて、分かりやすく解説するドキュメンタリーの元祖、マイケル・ムーア監督が、リーマン・ショックにより露わになったアメリカ資本主義の欠陥をあぶり出す内容。

様々な事実を列挙し、アメリカの資本主義がアメリカを駄目にしたことをどんどん解説しているが、意外にも、日本人にとっても驚くべき内容がそこにあった。それは、日本国憲法の25条、26条、28条などの最低限度の生活を政府が国民に保障するとを明記した事柄が、実をいうと第2次大戦中のルーズベルト大統領により提唱された「第2の権利章典」が由来であったということだ。

アメリカの現行の憲法には結局それは含まれていない。日本の生活保護のような制度は、アメリカにおいては権利として保障されているものではない。逆に、それを保障することは、政府が個人の自由に干渉することにつながると考えられている。医療に関しても、国民皆保険が認められないのは、そんなイデオロギーが根底にある。だが、ムーア氏は今のアメリカには「第2の権利章典」が必要だと説いている。

面白いことに、戦後、第2の権利章典は、敗戦国に受け継がれた。日本国憲法にしっかり、それが刻まれている。戦後の日本の改革をした人々はルーズベルト政権下で「ニューディール」と呼ばれる社会主義的な政策を推し進めた人々だったからだ。実に面白い。

戦前の日本は、この映画で採り上げられていたようなPlutocracy(富裕層が支配をする国)であった。まさに現代のアメリカがそれであるように。財閥が日本経済を牛耳り、農地も大地主により所有され、貧困層は子供を売り飛ばすしかないほど困窮した。あのNHKの朝の連続ドラマで一世風靡をした「おしん」やハリウッド版芸者映画の「SAYURI」でおなじみの涙するシーンが当然のように繰り広げられていた。一方で、一族で1万坪以上の敷地に大豪邸を構える特権階級が存在した。今でも、東京都心の「旧岩崎邸」や「旧古河邸」でそんな時代の面影を観察することができる。そんな格差による苦しみが戦争の要因にもなった。

しかし、特権階級は敗戦後、占領軍の財閥解体や農地改革などの政策で資産の大半を手放すこととなり、それは国民全般に分配されることとなった。先進国で比較的、格差の少ない経済体系が続いているのは、実をいうとそのことが原点だったというのだ。これってアメリカに感謝すべきだったということ?

More
by masagata2004 | 2012-02-09 22:30 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

雪山の神様

b0017892_1659575.jpg

拝んできました。群馬県丸沼高原スキー場にて。滑る以上に意義のあったことだったような。とってもひきつけられた。
by masagata2004 | 2012-02-04 16:59 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧