<   2013年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

自作小説「ヨーソロ、三笠」 第11章 国家主義とは

平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第10章までお読み下さい。

 源太は、東堂の命令により艦頭側艦橋の真後ろの高い柱を梯子を伝って登って行った。帆船でいえばマストの柱の上のようなところで、上甲板全体と周囲の海全体が見渡せる人一人か二人が立っていられるほどのカップ型の展望スペースに来た。見下ろしたところに東堂とその他将校がずらりと立っている艦橋が見える。源太が見下ろしているのを東堂が見上げて確認する。
b0017892_0202674.jpg

 さっそく砲戦の訓練が開始された。これまでの単独でした砲戦訓練とは違い、艦の兵員総出で実戦に則した形で行う。「右砲戦、はじめ」という声が艦橋から発せられた。スピーカー設備の内時代、号令はパイプを伝って生の声を届けるか、メガホンで叫びながらリレーのように伝言していくやり方で総員に命令を行き渡らせる。砲台付近を見ると、急に騒々しくなった。艦は停止している。右側の海には岩礁が見えた。どうやらあの岩山が目標らしい。源太はポケットから携帯電話を取りだした。
 ドーン、という大砲が発射される轟音が鳴り響くと共に、源太の立っているところに激しい震動が伝わった。源太は携帯電話を動画撮影モードにして片手で持ち、もう片方の手で手すりを握った。
 十分程の時間が経って、訓練が一旦休止に。艦橋の東堂が手を上げては下げる動作を見せ、降りてくるように指示した。源太は東堂のところへ行く。東堂も艦橋から降りて、源太と二人だけになれる場所へ向かった。源太は携帯電話の動画を再生して見せた。動画は五分ほどある。それを三回ほど繰り返し再生した。東堂は、真剣な眼差しで動画を見つめる。その後、艦橋へ戻った。源太も展望スペースへと戻った。
 その日、そのようなことを十回程度繰り返し、砲戦訓練は終わった。源太は携帯電話を東堂にまた手渡した。電池の残量が当初の半分ぐらいになっていた。とりあえずは電源を切った。東堂には電源を入れ方と保存されている動画の再生方法を伝えた。また、電池の残量が減っていることを教え、なのでやたらと再生を繰り返さないようにと伝えた。東堂は、もちろん分かっていると応えた。あんな小さな画面の映像が何の役に立つのだろうかと思った。もちろん、この時代で、このような技術が使えることは、圧倒的に有利になるのは間違いない。なんとも、ずるがしこいことをしているともいえる。

 昼食の時間となり、源太は水兵の詰所へと戻った。さっそく多神が声をかけた。
「おう、野崎、今日は長官と何をやっておった?」
「長官命令で、訓練に参加する代わりにちょっとしたことを」と源太。長官からは誰にも言ってはならないと釘を刺されている。
「ほう、そうか」と多神。
 昼食の後、休憩時間となった。源太は多神に対して、あることを訊きたくなった。
「多神さん、あなたは一体何のために戦っているのですか?」
「なんで、そんなこときくんだ。御国のために決まっておるがろう」
と少し驚いた表情で答えた。
「この戦争が正しい戦争だと思っているのですか?」
「当り前だろう。天皇陛下の御命による戦争だ。正しいに決まっておろうが」
「天皇陛下の御命は何でも正しい?」
「そうだべ。天皇陛下様は神様だぞ。神様のいうことに間違いなどなかべ」
「神様?」
「天皇が神様だと信じているのですか?」
「ああ、信じておる。この艦にいる者は皆、万世一系の天皇の元にあり、忠誠を誓っている。おまえは、ずっとイギリスにおったからそのことを知らんというのか」
 源太は議論をするつもりはなかった。なぜなら生きている時代が違う。受けてきた教育も。まあ、こんなものだろうと思って受け流した。しばらくして、詰め所に士官の男性が入り源太に近付き声をかけた。

続き
by masagata2004 | 2013-04-30 00:26 | 自作小説 | Trackback | Comments(0)

白鳥の巣作り


実にけなげだ。いつものことらしい。これが日本の首都のど真ん中。平和で秩序が保たれいる象徴。
by masagata2004 | 2013-04-28 16:37 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

大手門閉鎖します。


皇居東御苑の正門。
by masagata2004 | 2013-04-28 16:28 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

つつじのベッド

b0017892_15402749.jpg

by masagata2004 | 2013-04-28 15:40 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

日本はまだ主権回復などしていない

b0017892_13364099.jpg

日米安保という条約が交換条件となり、占領ではない形で米軍が日本の好きなところに基地を置けるようにした日。

文京区シビックセンターにて。
by masagata2004 | 2013-04-28 13:36 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

チュ、チュ、チュ


ある朝の一時。
by masagata2004 | 2013-04-28 09:16 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

この映画、絶対観たい!

タイトルは「42」。アメリカ大リーグで永久欠番となっている大リーグ初の黒人選手の物語。



全米では4月に公開され、評判も売り上げも上々だとか。日本でも必ず公開されるだろう。真っ先に見に行く。彼がいなければ、95年の野茂も2001年のイチローも、最近のダルビッシュもあり得なかったのだから。

私にとっては、思い出深いものがある。というのは、1992年、アメリカの大学に留学するためカリフォルニア州のサンタ・ローザ短大に入学して、最初に英語の学習として読んだ文章が、彼の伝記だったのだ。まるで、彼が自分をアメリカに歓迎してくれているかのような出会いであった。

1947年、人種差別が当たり前だった時代、白人しか入団の許されなかった大リーグに黒人球団ニグロ・リーグから入団したジャッキー・ロビンソンだったが、当時の周囲の反応は凄まじく厳しいものだった。観客からの罵声だけでなく、チームメートからは仲間外れ、脅迫など、とてもでないがまともな選手生活を送れる環境ではないところに放り込まれた。ところが、持ち前のガッツとプレー能力で周囲を魅了し、ついには新人賞を獲得。その後、続々と黒人選手が大リーグに入団することになり、野球に革命をもたらした伝説の選手として語り継がれることになる。

新人賞は現在ではジャッキー・ロビンソン賞と呼ばれている。97年のデビュー50周年の時はクリントン大統領が記念行事で演説をして偉業を称えたほど。その年には、黒人で初のゴルフ・マスターズ優勝のタイガー・ウッズが誕生した。この物語はスポーツだけではなく、他のあらゆる分野でいえることが表されている。何か新しいことをしようとすると、既存の考え方に縛られた人々が、必ず抵抗しようとする。彼らの主張がいかに理不尽なあっても、敵対する新参者には罵声を浴びせる。

だが、後々、耐えた挑戦者とそれを支えた人達はヒーローに、かつて足を引っ張った連中は顔を上げられなくなる。

現在と比較すると分かりやすい事象がある。それは同性愛者の解放運動だ。ゲイの権利ということで、ゲイの差別撤廃、結婚などを認めようという運動が近年世界的に繰り広げられ、今年、ニュージーランドとフランスがゲイの結婚を合法化して、世界14か国でゲイの結婚が認められるようになってきたが、まだまだ世界中どこでも世間の反応は冷たい。

だが、未来、おそらく30年後か50年後、運動の足を引っ張ってきた人々が顔を上げられなくなり、運動を指揮してきた人々がヒーローとして語り継がれるようになるのではないか。

人種差別が当たり前だった時代から60年が経ったアメリカでは、黒人が大統領になった。それが世の中の変化というもの。

身近にいる、既定のルールに従って大威張りの連中に、この映画を見せてやりたい。
by masagata2004 | 2013-04-27 23:26 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

中華鍋ビオトープ

b0017892_9172490.jpg

by masagata2004 | 2013-04-26 09:17 | 環境問題を考える | Trackback | Comments(0)

本物の芸者と遊んだぞ

やっと初体験をした。映画やテレビでしか知らなかった芸者の世界を生で体験できた。

とはいっても、単なるツアーに参加したまでで、私のような庶民でも手の出るようなもの。

20人程度のお客を相手に向島のお茶屋のお座敷にて、昼食懐石と芸者のパフォーマンスとおもてなしを堪能。
b0017892_21563899.jpg
b0017892_21565770.jpg


3人いて、一人は熟年のお婆さん芸者、一人は中年の芸者、もう一人は半玉といわれる見習いの若い芸者。

お酒を飲むときは、仲居さんではなく、芸者さんが必ずお酌をつぐ。そして、そばでいろいろなお話をする。実に話し方がうまい。特に熟年の芸者さんは。

その後は音楽の演奏、そして、踊り。そして、お客さんと遊びを。遊びは屏風を舞台に立てて、そこで体を使ったじゃんけん。わけわからなかったけど。
b0017892_215893.jpg
b0017892_21584122.jpg

私は着物を着ていたので、特に注目を浴びた。考えてみれば、芸者と遊ぶなんていうのは、誰もが着物を着ていた時代から。なので、自分が一番の正統派だったような。
b0017892_2159245.jpg


芸者と遊ぶというと、水商売の艶めかしさを連想する人もいるが、私にとっては、未知であり、日本人としての伝統であり、ヘリテージ(遺産)であり、誇りである。ある意味、仏閣を訪ねるような気分であった。なので、とっても高尚な気分になった。

今度は芸者の男版、幇間のお座敷をトライしていみたいと思う。

ちなみに、芸者のお座敷の後は浅草寺の庭園を楽しんだ。芸者と同じく美しき高尚なる世界。日本人よ、目覚めよ。そんな高尚な世界があることを。安易さや、効率のいいものを追い求めすぎ、身の回りを味気ない世界に変えてしまってはいないか。
b0017892_2203119.jpg

ついでにそんな美しき世界を持つ日本に原発は、ほとほといらないと痛感した。芸者の白塗りは電気のない時代に暗いお座敷で顔を際立たせる役割があった。そう、原発も電気もない時代から存在した日本の文化だ。まだまだ続いているのだから、大事にしないと。

どうして、みんな気付かないんだ!
by masagata2004 | 2013-04-20 21:55 | アート | Trackback | Comments(0)

芸者さんと一緒

b0017892_13481143.jpg


向島にて。
by masagata2004 | 2013-04-20 13:48 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧