<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

蓮見の花が咲いた

b0017892_1253882.jpg

厳しい修業からの成果。
by masagata2004 | 2013-07-21 12:05 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

選挙を考えるストーリー: 10人の有権者と3人の立候補者

参院選まであと1週間となりました。そこで、私が10年前に書いた選挙に関する考察をシミュレーション・ストーリーとして仕立てた文章を提供します。その時はブログなどなかったので、自分で書いて、お蔵入りにしていました。10年前の状況なので、ちょっと今ではピンとが外れているところがあるかもしれません。

題して「10人の有権者と3人の立候補者」

ある選挙区に、10人の有権者がいて、それに対し、3人が立候補しました。選ばれるのは、1人だけです。

立候補者は、以下の通り。

1.利権党のJ氏
2.市民党のK氏
3.泡沫党のD氏

それに対する10人の有権者は、

1.泡沫党員で護憲・戦争反対などの理想主義に燃えている人。
2.インテリな人。(弁護士、ジャーナリスト、学者のような仕事)
3.軟派な大学生。
4.土建会社の社長。
5.土建会社で働く作業員。
6.サラリーマンA
7.主婦
8.若いOL
9.年老いた農夫。
10.サラリーマンB

さて、有権者の選択はいかがなるものか、選挙が始まります。

1.政権与党である利権党のJ氏は、建設、農業などの業者をバックに、かなりの献金と支援を受け、組織票、業界票、物量作戦による選挙運動を展開しています。
2.市民党のK氏は、政策を武器に、しがらみのない選挙を戦っています。だが、資金力、組織力に弱い選挙運動です。利権党の政治では、いけないと思い、政権交代を目指しています。
3.泡沫党のD氏は、選挙で自分の理想を訴えることに意義を感じており、勝つことなどは望んでいません。党は、比例でいくつか議席を確保して、野党として与党の批判をすることを目指しています。資金は、機関紙などの売り上げがあり、利権党ほどではありませんが、豊富です。

さて、10人の有権者それぞれの特徴です。

続き
by masagata2004 | 2013-07-07 21:37 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

辺野古の海を守るために今できること

私がしたことを紹介します。

以下のサイトで紹介されていることです。ご参考に。

【緊急募集7/18まで拡散】海を埋めないよう沖縄県知事へ「意見」を

私は以下の文書を送付しました。

公有水面埋立承認申請書(名護市辺野古)に係る利害関係人の意見書

沖縄県知事 仲井眞 弘多 様


利害関係の内容

日本国民であること。以下の理由にて利害を共有する。

辺野古の新基地建設の費用を含めた国家事業に使われる税金を納めている。

我が国の主権の範囲に入らない外国軍の基地をどうするかを考える立場である。

辺野古一帯は、ジュゴン、ハマサンゴ、アオサンゴの北限域で日本国民共有の自然資源である。

意    見

埋立申請を承認しないでください。
この埋立て事業により、沖縄県のみならず、日本国全体は多大な損失を被ることになります。
米軍は日本防衛を担っておりません。米軍は米国の国益を中心に行動する軍隊です。日本の脅威とされる中国とは米国債、米国製品の生産拠点、米国製品の購買者という経済的に密接な関係を築いており、彼らにとって死活問題ではない尖閣諸島問題で軍事的に介入することは考えられません。米国大統領と議会が許さないでしょう。
そればかりでなく、普天間基地や嘉手納基地で問題となっている騒音などの環境被害をもたらし、たとえどのような被害を受けても我が国にはそれを改善する権限がない立場です。加えて損壊を受けても補償を請求する権利が担保されていません。辺野古に新しくそのような基地を建設することは被害を拡散させ主権の侵害を強めることになります。また、基地では昨今の元CIA職員の日本大使館盗聴暴露報道でも分かるように、諜報活動をしている可能性さえ指摘されています。まるでトロイの木馬です。加えて辺野古沖は貴重な自然資源があり、それらを喪失させることになります。
日本国民の税金(1兆円と推定される)を使い、日本国民の生活権と国家としての主権を脅かし、貴重な財産の喪失を生じさせるばかりです。
 日本の一自治体である沖縄県として、また日本国民である沖縄県民として、そのようなことに、絶対に、絶対に加担しないでください。
 今の我々と、これからの子孫のために、沖縄と日本のためになる正しい決断をするようにお願いします。

これが私が撮ったその埋め立てられようとしている海。

b0017892_2351223.jpg


映像もあります。4年間、東京から年に1回は通った場所です。1か月近く滞在したこともあります。



途中で音声が消えている場面(代表者が海岸で説明をしているところ)の音声付映像(34秒目)のある動画。


辺野古での体験を元に以下の小説も書きました。問題を幅広くカバーしています。

旅小説「私を沖縄に連れてって」 第1章 パンチ
by masagata2004 | 2013-07-06 00:00 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

おっ、イケメン

b0017892_11434158.jpg

女性票狙いか。
もちろん、対象外。
by masagata2004 | 2013-07-05 11:43 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧