<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

歯車


by masagata2004 | 2013-09-29 16:41 | アート | Trackback | Comments(0)

滑り台


恐怖体験。
by masagata2004 | 2013-09-29 12:10 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)

映画「ニモをみつけて」にみる偽善とあさましさ

沖縄でもっともホットな海、辺野古岬に隣接する大浦湾に潜り、以下のような光景を観た。

b0017892_2222937.jpg


帰ってからディズニーのアニメ映画「ファイディング・ニモ」を観た。クマノミの子供、ニモが人間にさらわれる。父親のマーリンはニモを探すため数々の困難を乗り越え最後に再会するというもの。この写真の青い魚は、探す道中で出会ったものを忘れっぽい魚、ドリーのようだ。

実に微笑ましい物語だったが、映画を観た後に考察すると、偽善性と人間のあさましさが如実に表れていることがわかる。それは映画だけでなく、実際に潜った海の周辺にも共通すること。

映画のように、そもそも魚は喋れやしないし、字が読めるはずがない。さも、人間と同じように知恵や感情を持って必死に生きているように描いているが、そんな魚を人間は堂々と食しているし、映画の人間と同様に捕まえては水槽に入れ観賞用に使っている。大海原を生きる魚たちの自由を堂々と奪っているのだ。

なんでも、この映画の公開の後に、クマノミは乱獲されたというのだから、かわいい魚、捕まえる人間はやな連中ね、というような描き方は、実に偽善的だ。

そんなことを分かっていながら、金儲けのネタに使うのは、あさましいこと。所詮はフィクション、ファンタジーといえばそうなんだけど。まあ、実にディズニーらしい。

だが、あさましさといえば、このニモたちの生息する海周辺こそ、人間のあさましさを見せつけてくれるものはない。

More
by masagata2004 | 2013-09-26 23:09 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

沖縄で見たおもろい看板たち

東京が台風吹き荒れる中、私は沖縄で晴れ晴れとした日々を過ごした。これから何回かにわたってその体験を記述したいと思う。

まずは、沖縄で目にしたおもしろ看板について。以下は普天間で撮ったもの。

b0017892_7272430.jpg


この金網に何も貼るな、ということだが、何が起こったかというと普天間基地にオスプレイが配備される数日前に、普段は自由に出入りできた道路沿いの芝生の場所が、反対運動する人が立ち入るのを禁止するためこの金網が新たに設置されたのこと。また、この金網には油が塗られ、リボンなどをくくりつけると汚れるようにしむけたという。写真はその油の痕跡。
b0017892_815399.jpg

この辺りの写真を撮っていると警官が現れ、何をしているのかと質問を受けた。警戒態勢ということらしい。
b0017892_733418.jpg

b0017892_7354754.jpg


この基地内の駐車場に車を停めようと入ると、こんな看板がある。
b0017892_7351330.jpg


なんでも、基地から提供されている駐車場なので、反対運動をする人がきては困るとか。うーん、そもそも基地の土地を提供しているのは誰なのか? それも、不当に占拠した後に、それを貸与という形で継続してもいいということにしてやっているというのに。

More
by masagata2004 | 2013-09-19 07:54 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

苔を食べる魚たち


by masagata2004 | 2013-09-13 12:48 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

夜の浅草寺

b0017892_22445543.jpg

行ったことあるか?
by masagata2004 | 2013-09-05 22:44 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

夜のひまわり

b0017892_2125650.jpg

by masagata2004 | 2013-09-03 21:02 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

ドキュメンタリー「標的の村」 村人が戦闘訓練に駆り出されていた

沖縄でオスプレイが配備されてから、米軍基地に対する抵抗運動が激しさを増している。

その中で、最も注目すべきところの一つが、沖縄本島北部の東村高江集落である。ドキュメンタリーは、その集落の人々のこれまでの戦いを中心に昨今までの抵抗運動に関して記録してきた映像の数々。

映画「標的の村」公式サイト

高江集落は、山林地帯にあり、米軍の演習場に囲まれた場所である。そこに集落を囲むように6カ所ほどヘリパッドを建設することが決まり、そうなると生活ができなくなると集落の住民が座り込みなどの抗議運動で建設工事阻止をしてきた。ある日、国は抗議運動を妨害行為として住民を訴えることとなった。それは強者が弱者を排除させるために訴訟をするSLAPPと呼ばれるもので卑劣としかいいようがない。

住民は、それでも戦いを続ける。

そもそも高江の住民が米軍によりひどいおもいをさせられたのは、今回が初めてではない。沖縄が本土に復帰する前は、村人を駆り出し、ベトナム村というベトナムの集落をまねた場所を設置して、そこでベトナム人の役をさせられ、戦闘行為の訓練の道具にさせられたのである。

何とその時、枯れ葉剤が山林に撒かれ、その当時、訓練に参加した兵士は、枯れ葉剤による後遺症で悩まされ、おそらく高江の人々にも、その影響があったのではないかと話している。

実に衝撃的な事実だ。日本政府は、この事実をどう受け止めているのか。明らかなる人権蹂躙行為であり、枯れ葉剤に関しては事実を追究して、対処を打たなければいけないだろう。それに応じない国と同盟とか有効とかやっていられないはずだ。

私は、ここ数年、沖縄を何度か訪れ、注目となっている普天間基地、移設先とされている名護市辺野古、東村高江も訪れた。様々な活動家とも出会った。彼らは自分たちの生活を脅かさないで欲しいという切実な長いから運動を起こしている。

More
by masagata2004 | 2013-09-01 21:11 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧