<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

名護市長選、辺野古反対派が再選 生まれて初めて選挙で涙を流した

2014年1月19日の夜、生まれて初めての体験をした。それは選挙結果を聞いて涙したことだ。場所は、沖縄県名護市にて。その前の週から、この選挙で名護市辺野古への米海兵隊基地の移設に反対する公約を掲げていた現職の稲嶺進氏の応援活動をしていたがため、それまでのハラハラどきどきが一気に噴き出した形だった。

現職だし、名護市民の多数派は辺野古移設反対なのだから、特に応援などしなくても楽に勝てるのではないかと思っていたのだが、選挙戦前になって現地の人に連絡すると、それはとんでもないと。敵側は、何が何でも辺野古に新基地を造りたいから、組織と金の力を使い、徹底抗戦で潰しにかかっているというので、傍観していられず、飛行機に乗って選挙戦に参加。有権者にビラ配りをするボランティアに参加した。大方、多くの人は稲嶺進氏に好意的で現職4年間の実績もたいしたものだったが、それでも油断はできない。

というのは、対立候補は移設を推進する政府のバックアップを受け、企業を締め上げ、また、金による票の買収をしているというのだから、それに選挙戦は投票日の数日前に大きく変わるという。特に名護市は人口6万人程度。ほんの数千票で勝敗は大きく変わる。

だが、結果は見事に稲嶺氏の大勝。前回の初回当選時よりも票差をつけ再選。民意はしっかりと示された。今後は、公約通りに辺野古移設を市長権限により最大限阻止することに。

そのことを予期していたのか、政府は投票日翌日にも、ボーリング調査の入札を公告。県知事がOKしたのだから、あとはお構いなしに市民の意見なんてどうでもいいと強行突破の構え。

だけど、現場にいて思った。この建設プロジェクトは必ず頓挫するね。辺野古の海は誰も壊せないよ、と確信する。また、民意を踏みにじって強行突破することを名護の市民、沖縄県民、その他、良識ある日本国民、アメリカ市民が許すはずないよと、確信が持てた。この問題については、後日、より詳しく語りたい。

以下は、稲嶺市長の選挙戦最後の街頭演説と辺野古の移設先の海での海兵隊の水陸両用車の訓練に対して私がメッセージを与える場面。




by masagata2004 | 2014-01-23 01:54 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

スマホ買いました!!

スマートフォンと悪戦苦闘。このことについては後日たっぷり語りたい。さようなら、古い携帯電話。買った時は最新だったのだけど。

b0017892_1364682.jpg

by masagata2004 | 2014-01-11 13:10 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)

猪瀬と同じ運命を辿るのでは?

厚生労働相を務めた舛添要一元参院議員(65)が東京都知事選(1月23日告示、2月9日投開票)へ出馬する方向で自民党側と調整に入ったことが7日分かった。関係者が明らかにした。党東京都連は同日夜に幹...
さすがは自民党。何とか勝てる相手を担ごうとしたのだろうが、どうやら彼を推すのには内部で抵抗があるらしい。自民党を除名になった経緯があり、政策で摺合せが難しいだろうし。

ただ、この人で勝てるのかが問題。いかにも知名度で担いだとうい印象が否めないし。かつてほど脚光を浴びている存在ではない。自民党の世論調査では、どういう訊き方をしたのか知らないが、まだ知事選が先の話でめぼしい人も出馬を表明していない時点のことだから、思い付きで言った程度かもしれない。

いざ、選挙になると別。それから、元航空自衛隊幕僚長の田母神氏も出馬らしいけど、それを考えると知名度票が割れる可能性がある。

それに今度の選挙は投票率が低いのが確実。だから浮動票的なものは目減りする。

そうなると組織票が有利なのだけど、猪瀬氏の辞職でも分かるように、金にまつわる問題がクローズアップされているから、そこがまとめにくいのかも。あまり汚いことができない。

でもって、当選しても、彼には猪瀬氏の二の舞になりかねない汚点をしょっているという勘繰りをしてしまいかねない。参院選に2回も出馬しているのだから、自民党の色にはかなり染まっているはず。猪瀬氏のような人でもあんなことをしていたとなると、彼もどうだか。

ちなみに彼は、私と同じ地元出身。福岡県に高校までいたと聞く。福岡の知事になればいいのに。

残るは真っ先に出馬を表明した前回次点だった宇都宮氏になるが、知名度は、それでもいまひとつ。ついでにいうが、今のところ出馬、もしくはその可能性のあるお三方だが、みな、60代後半のお年寄り。年金を貰う歳だ。おじいさん選挙となるのか。なんというか、がっかりだね。

面白みに欠けるね。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2014-01-08 00:05 | 時事トピック | Trackback | Comments(0)

1本250万円のワインで考えさせられること

お正月、知り合いの招待で、ホテル・ニューオータニにある超高級フランス料理店ツール・ダルジャンでディナーを食した。正装でというのでお正月らしく着物で来た。ダイニングルームの前の待合室でワン・ショット。
b0017892_15404850.jpg


待合室は写真の通り豪華で、また広い。その広さだけで一つのレストランがすっぽり入るようなところ。そして、メインのダイニングルームはもっとすごい。鏡天井にシャンデリア、各テーブルにキャンドル。窓には豪華なカーテン。贅を尽くしたインテリアの数々。そこでは、黒いモーニングを着たギャルソン(給仕)が、テーブルと同じ数だけ所狭しと歩いている。それは、映画「華麗なるギャツビー」に出てきたディナーの場面を思い出す。

もちろん、ディナーコースは格別。食前酒にシャンパン、フォアグラ、メインディッシュは鴨のロース。でもって、鴨にはそれぞれ番号がつけられ、食したお客に番号のついたカードが渡される。
b0017892_15515963.jpg


食事中、ワインはどうかとソムリエに勧められ、あっさりとした風味の赤ワインを勧められた。その時、その店で一番高いワインはどんなものかと訊いたら、ロマネコンティで1本250万円だといわれた。

1本250万円のワイン。グラスでは提供されず、欲しければボトルごとで注文しなければいけないのだとか。もちろん、そんなもの手が出ないのだが、実際に時々、注文する人もいるのだとか。

250万円あれば、何ができるだろうか。

More
by masagata2004 | 2014-01-05 16:10 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)

踊る千鳥



東京都港区、浜離宮、松の茶屋にて。


どういう仕掛けかというと、池の水面に反射した光が、欄間に象られた千鳥の穴を通って壁に映し出されている。水面が波打つたびに千鳥が踊っているように見える。
b0017892_1714417.jpg

by masagata2004 | 2014-01-02 14:55 | 風景写真&動画集 | Trackback | Comments(0)

2014年 あけましておめでとうございます

今年はうま年。ならば、それにちなんで飛躍のある年にしたいですね。
b0017892_15544710.jpg


by masagata2004 | 2014-01-01 00:01 | マサガタな日々 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧