<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

NHK朝ドラ「花子とアン」に夢中

はっきり言って、私はNHKの朝の連続テレビドラマは好きではなく、これまでまともに観たことがない。

どれも、ある一定の既定路線で、わざとらしく、結局は、ハッピーエンド。毎朝観るに値する内容ではないと常に思っている。

だが、実をいうと今回のだけは違う。これはなんでも実在した人物の伝記を基にしている。それも自分にとってはとても親しみの持てる仕事をしていた人。翻訳家が主人公だ。

村岡花子という翻訳家で、あのカナダの名作「赤毛のアン」を日本で初めて翻訳して紹介した人物である。

生まれは19世紀の末期で、その後、東京のカナダの宣教師が創立させた女学校に入学、そこで英語を学び翻訳の道を志し、ラジオ番組のアナウンサーも務めた。第2次大戦中、カナダ人からもらった「赤毛のアン」の本を秘かに翻訳執筆。戦後、出版させ日本に大ブームを巻き起こした。そのおかげで、カナダのプリンスエドワード島は、毎年、日本人観光客で一杯で島の経済に大きく貢献しているという。

ドラマは、そんな村岡花子の半生をフィクションを交えながら展開している。

ドラマでは、その村岡花子の生涯だけでなく「赤毛のアン」のオマージュも多々見受けられる。石板でクラスメートを叩いたりするところや、花子が奉公に出されるはずだった先が、男の子を必要としていたので、花子が拒否されるなど、敢えて「赤毛のアン」と村岡花子の人生を絡めているのが粋である。

また、番組中に出てくる英語学習とそれを翻訳する場面がいい。ラブレターを読む場面で、"Since we met, not a day has passed that I have not thought of you."(あなたと会ってから、あなたのことを考えない日がありません。)ととても詩的な表現が学べた。

翻訳に関しては、自らも悩む自然な訳とは何かということ。
英語の授業で"My hair is turning gray. That is a long story."を「私の髪の毛は灰色になっています。それは長い話です。」と訳すか「髪の毛に白髪が増えてきています。話すと長いのです。」と訳すべきかという論争場面は実に意義があるもの。

もっとも、フィクションだから、全てが事実と捉えてはならず、脚色が多々あり、わざとらしい家族愛なんてのも混じっているのが、しっくりいかないのだが、それにも増して、こんな人生があったのだろうか、あの時代にこんなことがあり得たのかという事実が学べて、そのことに感動を覚える。以下、二つの事柄がそれだ。

More
by masagata2004 | 2014-04-27 19:55 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧