<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

テレビ東京ドラマ「プレイガール」はチャリ・エンのベースか?

最近、レンタルDVDで「プレイガール」なるテレビドラマを観た。1969年から74年にかけてテレビ東京で放送されていたドラマで、設定は、女性の保険調査員たちが保険会社からの依頼を受けて、様々な事件を解決していくという話で。ヤクザやギャングのような男たちと格闘を繰り広げるシーンがクライマックスにあり、当時としては先進的な女アクションのドラマである。

女アクションというと、私としては、1976年よりアメリカで放送され、日本でも放送された「チャーリーズエンジェル」を思い出す。そして、その内容は、この「プレイガール」に類似するところがある。女だけの探偵3人が、アクションと色気で事件を解決して、格闘シーンもある。

その他の特徴としては、女性ならではのお色気と様々な衣装でターゲットを操り、作戦を展開する点だ。当時は、ウーマンリブとかフェミニズムが盛んになった頃だときく。女性が格闘アクションなど現実味がないといわれながらも、その意味で時代の波に乗ったドラマだったと考えられる。どちらのドラマにも、そんな社会の動きを暗示するセリフがある。

プレイガールでは、最初の回のタイトルが「男ご無用」とあり、ドラマの中では悪者の男が「今の日本では婦人警官は少年課か交通課にしかいないんだ」と女が大それたことをするはずがないという感覚がみてとれる。

チャーリーズ・エンジェルでは、最初の回で女性だけのカーレース場が舞台となり、それを運営する男たちが不人気に憤って「やつらを裸にしても客は来ない」と荒っぽいセリフを放つ。

だが、女たちは見事に与えられたミッションをこなすわけである。プレイガールの方が先に製作され放送されたのだから、こちらが先をいっていたといえる。また、プレイガールに関しては、ボスからその他複数メンバーが全て女性であり、チャリ・エンと違い、男のボスや補佐役はいっさい存在しない。となると、日本の方が上をいっていたということになる。

私としては、女アクションやお色気より、当時のカルチャーに注目がいった。


続き
by masagata2004 | 2017-10-22 15:54 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧