タグ:シネマ ( 224 ) タグの人気記事

映画「42 世界を変えた男」観てきました



今年の4月にアメリカで公開され、ついに日本で公開されたこの映画。初日にさっそく観てきた。以前、いかに私がこの映画を観たかったかを記事にしたが、映画はまあまあの出来栄え、分かりやすい伝記ものとして仕上がっていた。アメリカではすでに語りつくされている実話なので、余計な誇張ができなかったのだろうと思う。

ちなみに、映画中のブルペン下の廊下でバットを折る行為は、ロビンソン夫人の話では、そんなことはなかったはずという。ただ、それほど彼の受けた仕打ちというのが凄まじかったということを表したのだろう。

映画の中で印象に残ったのは、以下の場面。

1.英語の同情(sympathy)は、ギリシャ語の「苦しむ」という言葉が由来だ。だから、苦しみを共有できたということだ、とブランチ・リッキーがいう場面。

2.観客席で白人の子供が、父親や周囲に乗せられ「ニガー」と叫ぶシーン。つまり、偏見は伝承されていくということを意味する。

3.ロビンソンとプレーすることを拒否したチームメートが他の選手から嘆願書を集めるが、ある選手は腕を冷やしていたためサインができないと拒否。実際には、彼はサインする気はなかった。

この映画では、ロビンソンの生い立ちについてはしっかりと語られていなかったが、彼は人種差別の激しい米南部で生まれた。母子家庭で育ったのだが、あまりにも差別がひどい環境だったので親子でカリフォルニアに移住。だけど、そこでもプールは白人のみだったりと人種差別はあった。子供のころ、隣人の白人の子供から差別的な言葉を浴びせられけんかになった時、母親が、安易にやり返すことはしてはならない、だけど、いうべき時にはきちんと言って返さなければいけない、と教えられたという。それが、後の彼を形作ったとされる。

しかしながら、この映画を人種差別克服のドラマとだけ観るべきではない。映画の中では、野球の面白さもしっかりと表している。というのは、ロビンソンが、得意とした盗塁技である。野球はやたらとヒットとホームランが醍醐味として強調されるが、それだけではないのだ。

手強い選手をフォアボールで1塁に行かせて安心してはならない。その一塁で、その選手が盗塁をしようとして投手を混乱させる。そのため、投球に集中できない。ついに2塁へと盗塁させられ、ますます投手は混乱に陥る。すると、2塁から3塁を狙う。そこで、混乱、集中して投球しようとしたが、グローブからボールを落としてしまう。これはボークである。よって相手側に一点が入ってしまう。

この映画で初めて「ボーク」なるものを知ってしまった。その意味でいい野球映画だ。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2013-11-03 11:07 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

映画「ニモをみつけて」にみる偽善とあさましさ

沖縄でもっともホットな海、辺野古岬に隣接する大浦湾に潜り、以下のような光景を観た。

b0017892_2222937.jpg


帰ってからディズニーのアニメ映画「ファイディング・ニモ」を観た。クマノミの子供、ニモが人間にさらわれる。父親のマーリンはニモを探すため数々の困難を乗り越え最後に再会するというもの。この写真の青い魚は、探す道中で出会ったものを忘れっぽい魚、ドリーのようだ。

実に微笑ましい物語だったが、映画を観た後に考察すると、偽善性と人間のあさましさが如実に表れていることがわかる。それは映画だけでなく、実際に潜った海の周辺にも共通すること。

映画のように、そもそも魚は喋れやしないし、字が読めるはずがない。さも、人間と同じように知恵や感情を持って必死に生きているように描いているが、そんな魚を人間は堂々と食しているし、映画の人間と同様に捕まえては水槽に入れ観賞用に使っている。大海原を生きる魚たちの自由を堂々と奪っているのだ。

なんでも、この映画の公開の後に、クマノミは乱獲されたというのだから、かわいい魚、捕まえる人間はやな連中ね、というような描き方は、実に偽善的だ。

そんなことを分かっていながら、金儲けのネタに使うのは、あさましいこと。所詮はフィクション、ファンタジーといえばそうなんだけど。まあ、実にディズニーらしい。

だが、あさましさといえば、このニモたちの生息する海周辺こそ、人間のあさましさを見せつけてくれるものはない。

More
by masagata2004 | 2013-09-26 23:09 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

ドキュメンタリー「標的の村」 村人が戦闘訓練に駆り出されていた

沖縄でオスプレイが配備されてから、米軍基地に対する抵抗運動が激しさを増している。

その中で、最も注目すべきところの一つが、沖縄本島北部の東村高江集落である。ドキュメンタリーは、その集落の人々のこれまでの戦いを中心に昨今までの抵抗運動に関して記録してきた映像の数々。

映画「標的の村」公式サイト

高江集落は、山林地帯にあり、米軍の演習場に囲まれた場所である。そこに集落を囲むように6カ所ほどヘリパッドを建設することが決まり、そうなると生活ができなくなると集落の住民が座り込みなどの抗議運動で建設工事阻止をしてきた。ある日、国は抗議運動を妨害行為として住民を訴えることとなった。それは強者が弱者を排除させるために訴訟をするSLAPPと呼ばれるもので卑劣としかいいようがない。

住民は、それでも戦いを続ける。

そもそも高江の住民が米軍によりひどいおもいをさせられたのは、今回が初めてではない。沖縄が本土に復帰する前は、村人を駆り出し、ベトナム村というベトナムの集落をまねた場所を設置して、そこでベトナム人の役をさせられ、戦闘行為の訓練の道具にさせられたのである。

何とその時、枯れ葉剤が山林に撒かれ、その当時、訓練に参加した兵士は、枯れ葉剤による後遺症で悩まされ、おそらく高江の人々にも、その影響があったのではないかと話している。

実に衝撃的な事実だ。日本政府は、この事実をどう受け止めているのか。明らかなる人権蹂躙行為であり、枯れ葉剤に関しては事実を追究して、対処を打たなければいけないだろう。それに応じない国と同盟とか有効とかやっていられないはずだ。

私は、ここ数年、沖縄を何度か訪れ、注目となっている普天間基地、移設先とされている名護市辺野古、東村高江も訪れた。様々な活動家とも出会った。彼らは自分たちの生活を脅かさないで欲しいという切実な長いから運動を起こしている。

More
by masagata2004 | 2013-09-01 21:11 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)

イラン映画「別離」 宗教と社会生活

タイトルと内容はずいぶん違った。だが、テーマは宗教と社会生活ということだろう。

この映画を観ると、イランが敬虔なイスラム教国家でありながら、意外にも近代社会であるということを理解させられる。

映画の中では、女性は常に頭にスカーフをかけていたが、職業を持ち、車を運転し、男性に対して堂々とものをいう。裁判所もあり、そこで判事が、法にのっとった審判を下す。

意外や意外、顔だちは白人だから欧州と思えるほどの情景ばかりだ。

だが、宗教の影響は強い人には強く、それが思わぬ騒動を巻き起こしてしまう。ストーリー展開が実にいい。

敬虔な人とそうでない人との差が、それなりにある。また、痴呆の老人介護という深刻な問題も万国共通であると分からせてくれる。

宗教観や道徳観も、実をいうとイランのような国の中でも個人差があるものだということだ。

だけど、イランではレイプされた被害者の女性が貞操を失った罪で処刑にされると聞いたことがある。だから、意外に意外。この二つのスタンダードの狭間で社会は揺れているということなのだろうか。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2013-08-17 22:08 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

書籍「終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし」 天皇は象徴でしかなかった

現在公開の映画「終戦のエンペラー」を観た後、この本を買ってみた。というのは、映画はこの本を原作としてつくられたフィクションを織り交ぜた歴史サスペンスものであった。

本に書かれているのは、占領軍司令長官マッカサーの右腕であった陸軍准将ボナー・フェラーズと、フェラーズと親睦の深かった日本人女性、河合道の交流と最終的に天皇を訴追しない決定が下されるまでの経緯である。河合道は、当時、恵泉女学園の校長をしていた。

フェラーズと河合は、戦前から知り合い、フェラーズは日本に興味を持ち、ラッカディオ・ハーンの書籍を全て読んだという日本通であったという。

河合はクリスチャンであったが、天皇には強い敬愛を持ち、もし天皇が裁判にかけられ処刑されることがあれば、自分は死ぬつもりで、日本国民も同様の想いを持っており、それにより日本の国内には米軍に対する反乱が頻発して占領政策を難しくさせるだろうとフェラーズに述べ、フェラーズもかねてからの日本研究により、そういう結論を持ち、それをマッカサーに報告。それにより天皇は戦争責任に関する訴追から逃れるようになったという。

More
by masagata2004 | 2013-08-04 15:00 | 書籍評論 | Trackback(1) | Comments(0)

映画「希望の国」 再稼働は許さない

311から2年も経っていないのに、福島原発事故をモデルにした映画などつくっていいものなのかと、当初、この映画について聞いた時思ったが、DVDをレンタルして観てみると、納得のいく内容だった。

映画で表されている内容は、原発事故直後に起こったことをそのままドラマのエピソードにしている。避難区域設定で分断されるコミュニティ。被災者への偏見。放射能の恐怖と日々過ごすこと。

そして、まだ、このことは終わっていない。今も続いている。

なのに、政府と原子力ムラは再稼働に向けてまっしぐらだ。

そんなのとんでもないと思わされる。なんたって、これはフィクションではなく、すでに起こったことなのだから。これはいわばドキュメンタリー映画だ。

日本中、いや世界中の誰もが、この映画を観るべきだ。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2013-06-30 20:07 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」 1980年代風21世紀 

いわずと知れたタイムトラベルものの代表作シリーズの第2弾。たまたまテレビで見た。1985年のティーンエージャーが1955年が両親がティーンエージャーだった時代にタイムスリップ、一家の歴史を変えたが、その後、未来の自分の子供がティーンエージャーとなった時代、2015年にタイムスリップする。

ここで面白いのは、この映画が上映された1980年代の人々が予想した2015年、今から2年後の世界というのが、現状とどう違いがあるかという点。

映画に登場した空飛ぶ自動車、景色が変わる窓、小さなピザが大きくなるインスタント食品、指紋で開けるノブのないドア、キャスターのない宙に浮くスケートボード、乾燥機付きのジャケット。そういうものはない。

逆に、当時なかった今の時代を象徴する最新テクノロジーであるインターネットとスマホがなかった。

やはり未来を予想するというのは難しいということなのか。

だが、タイムスリップものというのは面白い。時空の旅で世界が広がる。常識が覆される感覚を味わえる。

そういう小生も、ブログ上でタイムスリップ3部作を発表している。以下がその説明。

1.インペリアル・ホテル

明治村の旧帝国ホテル玄関ホールから大正時代、関東大震災直前の新館開業時の帝国ホテルへ

2.私をスキーに連れてっての時代に連れてって

不景気な現代からバブル時代の志賀高原スキー場へ

3.ヨーソロ 三笠

横須賀の記念艦三笠に乗って日露戦争時の日本海へ

娯楽でありながら、それなりの教訓も盛り込ませている。

近々、タイムスリップ3部作として出版予定。

時空の旅、みんなもしてみない?

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2013-05-30 22:49 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)

この映画、絶対観たい!

タイトルは「42」。アメリカ大リーグで永久欠番となっている大リーグ初の黒人選手の物語。



全米では4月に公開され、評判も売り上げも上々だとか。日本でも必ず公開されるだろう。真っ先に見に行く。彼がいなければ、95年の野茂も2001年のイチローも、最近のダルビッシュもあり得なかったのだから。

私にとっては、思い出深いものがある。というのは、1992年、アメリカの大学に留学するためカリフォルニア州のサンタ・ローザ短大に入学して、最初に英語の学習として読んだ文章が、彼の伝記だったのだ。まるで、彼が自分をアメリカに歓迎してくれているかのような出会いであった。

1947年、人種差別が当たり前だった時代、白人しか入団の許されなかった大リーグに黒人球団ニグロ・リーグから入団したジャッキー・ロビンソンだったが、当時の周囲の反応は凄まじく厳しいものだった。観客からの罵声だけでなく、チームメートからは仲間外れ、脅迫など、とてもでないがまともな選手生活を送れる環境ではないところに放り込まれた。ところが、持ち前のガッツとプレー能力で周囲を魅了し、ついには新人賞を獲得。その後、続々と黒人選手が大リーグに入団することになり、野球に革命をもたらした伝説の選手として語り継がれることになる。

新人賞は現在ではジャッキー・ロビンソン賞と呼ばれている。97年のデビュー50周年の時はクリントン大統領が記念行事で演説をして偉業を称えたほど。その年には、黒人で初のゴルフ・マスターズ優勝のタイガー・ウッズが誕生した。この物語はスポーツだけではなく、他のあらゆる分野でいえることが表されている。何か新しいことをしようとすると、既存の考え方に縛られた人々が、必ず抵抗しようとする。彼らの主張がいかに理不尽なあっても、敵対する新参者には罵声を浴びせる。

だが、後々、耐えた挑戦者とそれを支えた人達はヒーローに、かつて足を引っ張った連中は顔を上げられなくなる。

現在と比較すると分かりやすい事象がある。それは同性愛者の解放運動だ。ゲイの権利ということで、ゲイの差別撤廃、結婚などを認めようという運動が近年世界的に繰り広げられ、今年、ニュージーランドとフランスがゲイの結婚を合法化して、世界14か国でゲイの結婚が認められるようになってきたが、まだまだ世界中どこでも世間の反応は冷たい。

だが、未来、おそらく30年後か50年後、運動の足を引っ張ってきた人々が顔を上げられなくなり、運動を指揮してきた人々がヒーローとして語り継がれるようになるのではないか。

人種差別が当たり前だった時代から60年が経ったアメリカでは、黒人が大統領になった。それが世の中の変化というもの。

身近にいる、既定のルールに従って大威張りの連中に、この映画を見せてやりたい。
by masagata2004 | 2013-04-27 23:26 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

映画「祇園囃子」と「緋牡丹博徒」 着物と封建社会

二つの着物が大きな意味を持つ映画を紹介したい。ついでにそれ以外の関連の映画と劇も。

一つは「祇園囃子」という1953年の白黒映画。京都の芸者の世界とはどういうものなのかという物語だ。15歳の少女が、年期の入った芸者見習い、つまり舞妓として弟子入りする。彼女は、芸者を芸の達人として自立した女性の職業と考え憧れを持ったが、思わぬ難儀に巻き込まれる。終戦後、基本的人権を尊重する日本国憲法により女性も自立して、自らの意志で自分の人生を開けるという確信を持てたはずであったが、花柳界は古い習わしに縛られたままであったというドラマ。

実をいうと、私はこの映画を以前、アメリカの大学で観た。それは「中国と日本の女性の歴史」というフェミニズム学のような講義でだ。映画は終戦後なので参政権を得た女性たちの本来ならなくなってもいいはずの「旦那の妾となる」というような風習が、実質的には残って続いてしまっているという実態が表されている。

つまり、芸者がデビューするには、大金を払ってくれるパトロンが必要だということだ。特に衣装として重要な着物はバカ高い。芸者の派遣業をする置屋が負担するのだ、当然、置屋は急いでその分の回収をしたいのである。だから戦前だと、花柳界に入った女性は世話をしてくれる置屋の女主人「おかあさん」の命に従い、本人が嫌でも旦那をつけられ妾となった。特に、多くの芸者の卵たちは芸者としての修業をする前に身売りをされ、その借金を返さなければならない立場だったからだ。その辺についてはハリウッド版芸者映画「SAYURI」が詳しい。

ちなみに芸者の見習い段階の舞妓は、戦前は12歳ぐらいの少女がなっていたという。だからこそ、舞妓の着物は縫い上げという肩の袖元に布が嵩張った状態にしているのだという。つまり、その後、成長するのに合わせて着物の寸法を調整できるようにするためだ。つまり、かつては今では禁じられている児童労働が堂々と認められていたということだ。今では15歳ぐらいから舞妓となる。したがって、今の縫い上げは名残でしかない。

もう一つの映画は女ヤクザの物語。富士純子主演のシリーズ「緋牡丹博徒」である。明治時代、熊本の五木村のヤクザ一家の一人娘として生まれ育った矢野竜子は、かたぎとして嫁入りするはずであったが、父親が殺されたことを期に仇相手を探すため渡世人となる。1960年代から70年代の間、8作製作されたものの最初と最後をレンタルして観た。ヤクザ映画の大御所、高倉健、松方弘樹、菅原文太との共演が味が出ている。

More
by masagata2004 | 2013-01-01 22:51 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(1)

映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」 問題提起か

日独伊三国軍事同盟と、続く日米開戦に反対し続け、ついには南方で敵弾に散った連合艦隊司令長官、山本五十六の当時の姿を追った物語。

ちと美化しすぎていないかと勘ぐる場面が多々あったが、映画の主題は同時の日本の軍部、政治、マスコミ、世論の状態が、異常であったのではないかという問題提起だ。それは、現代でも通じるところがみられる。

明らかに国力で圧倒するアメリカを相手に、ばくち打ちのような戦争を仕掛けようと考えるわりには、いざとなると「なんとかしよう」「敵がそんなことをするはずがない」といういい加減さ。ついには、「そんなの我慢ならん」と感情的になり、ものごとをロジカルに判断しようとしない。

当時までは日本は戦争に負けたことがなかった。特に日露戦争の辛勝の栄光にすがるところもあった。なので、無謀な道にどんどん突き進んでいった。

現実を真正面に見る冷静な判断力、ものごとを広い視野で総合的に分析する能力、それらがいちじるしく欠けていたという点が問題。だから、現代と照らし合わせて、そんな間違いを繰り返さないようにしようという問題提起である。

だが、私としては、これにもう一つ重要な要素を加えたいと思う。それは、この手の映画に常に欠けている視点。真珠湾の前の段階で、すでに日本が間違った道を踏み出してしまったこと。それは中国大陸への進出だ。そもそも、日米関係が悪化した要因は、三国同盟の前に、日本の中国侵略が大きかったことが重要だ。

実をいうと、私はその要素を大いに含め、この映画にある問題提起をより分かりやすく綴った小説を、ブログ上で書いた。機会があれば、是非とも読んでいただきたい。

自作小説「白虹、日を貫けり」 

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-08-21 23:03 | 映画ドラマ評論 | Trackback | Comments(0)


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧