タグ:ドキュメンタリー ( 56 ) タグの人気記事

映画「小さき声のカノン」 あれから6年

大地震と大津波と原発事故が東北地方で起こった311から6年目。東京は千代田区のアーツ千代田で上映されたドキュメンタリー映画「小さき声のカノン」を観た。その1週間前に、私は、福島県の伊達市と飯舘村を訪ねている。

映画は主に、福島で子供と一緒に暮らすお母さん達の苦悩に焦点をあて、1986年に大事故を起こしたチェルノブイリ原発事故により被害を被ったベラルーシの人々との対比を醸し出している。驚くことに、そのベラルーシの放射染被害対策を策定したのは日本の医師や団体によるものだったという。

規模は違うが、子供への影響の深刻さは、そんなに変わらないということを思い知らされる。特に、子供の体力に著しい変化がみられると応える人々のインタビュー場面で、ぞっとする思いをさせられる。チェルノブイリでは、当時子供だった人たちが大人として成長するまでに何度も骨折を経験するなど、肉体の弱体化が指摘されていた。また、原発事故後に生まれた人々にも健康障害は多発しているという。

ちなみに、福島では、事項当時18歳以下だった子供達の検査で、通常の数十倍を超える甲状腺癌の症状がみられており、明らかにチェルノブイリと重なる。

映画を製作した鎌仲ひとみさんとも、お話をして、私が伊達市や飯舘村を前の週に訪ねたことを話すと、服は洗濯をしたか、ときかれた。線量は高くなくとも、土壌汚染の心配があるからだという。



さて、私の伊達市と飯舘村の訪問記について述べると、


続き
by masagata2004 | 2017-03-14 11:09 | 環境問題を考える

沖縄で体感する真の民主主義

先週、沖縄に行った。海水浴に行って来たわけではない。民衆の戦いを観て、また加わるためだ。
これについては、この沖縄カテゴリーを読んでいただけると分かると思う。

場所は、今一番ホットな東村高江。ここは、米海兵隊の北部訓練場の一部返還に伴い、交換条件とした6つのヘリパッドの建設が進むところだ。

そもそも返還地は、米軍が使用不可能となったところであり、また、新しい基地にはオスプレイという騒音と欠陥で問題となった機種が配備されるため、高江に住む住民の生活が脅かされ、ノグチゲラなどの絶滅危惧種の環境への破壊が予想される。

そのため、県内外の多くの人々が反対運動に参加している。

問題となっている現場は、N1裏と呼ばれるところ。この地図を見てもらうと分かりやすいのだが、N1の丸2つが現在、森の中で建設が進んでいるヘリパッドの地点。
b0017892_1185866.jpg


N1裏は、それを横切る点線の下の道と交わるところ。そこに反対派の人々は座り込みテントを張っている。
b0017892_1161710.jpg


実をいうと、ここは、今年の7月中旬まではこんな感じであった。
b0017892_11105236.jpg


なぜ、大きなテントが張られ、より多くの人々が集うようになったかというと、N1の点線の上の入り口から、工事車両が入るようになり、その工事車両が、別のHとGの地点に移動するための通過点としてN1裏が狙われているからだという。

7月下旬まで、N1表といわれた点線上の入り口には、座り込みテントが張られていたが、機動隊により排除され、現在は警備員で厳重に固められている。以前と、現状の写真の比較。
b0017892_11141568.jpg

b0017892_11142933.jpg


さて、N1裏テントでは、

続く
by masagata2004 | 2016-09-06 11:47 | 沖縄

沖縄での年越し体験レポート

自分でもよくわからないが、沖縄の普天間米軍基地移設問題は、どうもしつこく頭をよぎる。移設先となっている辺野古については考えない日がないくらいだ。

そして、2009年から、12回目となり、今までで一番長い期間、12月から1月上旬まで、辺野古に滞在。そこで、抗議活動に参加した。

辺野古の米海兵隊キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前では、座り込みをして、機動隊によるごぼう抜きを体験。それはまるで、空中遊泳のようであった。体の力を抜き、重く運びにくくするため、寝ている状態で天空に浮いている状態になった。

b0017892_20121340.jpg
そして、埋め立て予定地の海の上では海上保安庁の海猿たちと対面。埋め立て予定地はフロートをめぐらし、そこに入るなと警告をする海猿に対し、カヌーと船で我々が抗議。我々がカヌーと船で合わせて20人程度に対し、海保のボートは数人が10隻以上。一人に対し、数人の割合で海猿がいる状態だった。
b0017892_20072756.jpg
b0017892_20170292.jpg

b0017892_20071248.jpg
陸でも海でも、公権力の抗議に対する弾圧は過剰といえるものがある。

抗議に対する弾圧は、公権力以外にもあった。それは、自称右翼と思われる人たちの浜辺での座り込みに対する抗議演説。
b0017892_20102410.jpg
2時間半にもおよび、延々と、我々に対する、くだらない批判というか、悪口の連続をのたまっていた。その中で我々を「外国勢力の手先」という場面があったので、私は「A級戦犯を処刑した米軍の手先」と言い返したが、それに対して軍団のリーダーは「A級戦犯は事後立法の東京裁判で不当にも処刑されて・・・」と演説。一応、右翼らしいところは見せたが、彼らの行動の矛盾が如実に表れた形だ。

だが、希望に溢れる体験もした。


続き
by masagata2004 | 2016-02-05 21:06 | 沖縄

映画「ウォルト・ディズニーの約束」 あこぎなディズニー商法

1960年代、ウォルト・ディズニーが児童向け小説「メリー・ポッピンズ」の映画化権利を獲得するため、原作者の女流作家と交渉する様子を描く。

早い話、ディズニーの自画自賛的な映画。

ディズニーはただの商売人じゃないよ、本当にファンタジーを愛していた人なんだということを、一般視聴者にイメージさせる戦略で制作したという意図が読み取れる。

そもそも映画では権利獲得とのために作家と苦々しい交渉を繰り広げるが、実話では、作家と会う前にすでに権利獲得はすんでいたうえで内容の交渉をしたというのだから、明らかにフィクション。

そして、ディズニーが子供の頃、苦労した思い出話を持ち出したりして、観客に御涙頂戴の誘導。

そりゃ、実際そうだったのだろうけど、ディズニーの成功を揶揄する人たちに、それでもディズニーは夢の象徴なんだと印象付けたいばかりの流れ。

ディズニーに関しては、創始者ウォルト・ディズニーを含め批判が多い。彼は、性差別者であり、人種差別者であったことで有名だし。過去のディズニー映画には、人種差別的な表現がたくさんある。ちょっと前までは、お姫様が白人の男に助けられるストーリーラインがフェミニストたちに批判されてきた。

最近、時代の流れに沿って「アナ雪」のような自立する女を描いた登場人物を出しているが、これも一種のマーケティング。別に敬意を払うべきことではない。

そして、昨今ではTPPの交渉で話題となっているように著作権保護期間の延長問題でディズニーの影響力が端々にみて取れる。

私もディズニーは、そんなところが嫌い。


More
by masagata2004 | 2015-08-17 20:38 | メディア問題

映画「ママの約束」 アートで反原発

ネット上のバッシングと 増山の映画に込めた思い

3月21日、東京のJR水道橋駅近くのたんぽぽ舎で「ママの約束」という映画を鑑賞した。ジャーナリスト兼アーチストの二児の母である増山麗奈が311後、福島、ドイツ、インドを取材して撮ってきた映像をまとめドキュメンタリー化したものだ。本人も上映会場に参加して、上映の後、トークを繰り広げた。写真右の女性が増山麗奈女史。
b0017892_9455847.jpg


脱原発活動家でも増山女史は、福島の原発事故以後、自分の娘のことが心配で、東京から大阪に引っ越したという。その後、アーチストを専業していたのを原発について取材するためジャーナリストも兼ねて活動するようになったという。

映画では、脱原発を決定したドイツの経緯や代替となる再生可能エネルギーについての政策が分かりやすく説明されていた。風力発電を担う市民電力会社に投資する銀行について「大手銀行にお金を預けると原発に使われるが、ここなら風力発電に融資されることが分かっていい」という意見が面白かった。

また、日本が原発技術を輸出しようと考えているインドでは、彼女自身も一員となって参加したインドの人々と絵を描いて交流するボーンフリーアートの様子を撮影。上映後のトークでは思わぬ経緯を聞かされた。

脱原発の活動や取材目的で、インドへの入国ビザを申請しても認められないので、アーチストとしてビザを申請して入国したという。アーチストとして、インドの人々と絵を描きながら、脱原発を訴える形で活動をして、結果、現地のメディアに大きく取り上げられ脱原発に貢献できたように思うと。

実にCleverだ、と思った。増山女史の手法は世の中を変える原動力になっているのは確かだろうと思った。今後の活躍に期待をしたい。
by masagata2004 | 2014-03-22 09:45 | アート

名護市長選でみえたもの

沖縄県名護市の市長選で現職の稲嶺進氏が1月19日に再選した。票差は4155で、前回、初当選したときに比べ3倍もの得票差での勝利。この時のことに関しては、すでにこの記事で記している。

今回は、それをより詳しく記しておきたい。
b0017892_2132572.jpg

自民党の方では、勝利したといっても、当初、世論調査の結果で考えられていたダブルスコアというほどの圧勝ではなかったのだから、必ずしも反対一辺倒ではないのではないかという意見があるが、そこがみそである。

というのは、この選挙での対立候補への票の中には、いわゆる組織票、または買収票が含まれているというのだ。現場にいて、いろいろな人の話を聞くとそのことが如実に分かってくる。

続き
by masagata2004 | 2014-02-02 19:36 | 沖縄

名護市長選、辺野古反対派が再選 生まれて初めて選挙で涙を流した

2014年1月19日の夜、生まれて初めての体験をした。それは選挙結果を聞いて涙したことだ。場所は、沖縄県名護市にて。その前の週から、この選挙で名護市辺野古への米海兵隊基地の移設に反対する公約を掲げていた現職の稲嶺進氏の応援活動をしていたがため、それまでのハラハラどきどきが一気に噴き出した形だった。

現職だし、名護市民の多数派は辺野古移設反対なのだから、特に応援などしなくても楽に勝てるのではないかと思っていたのだが、選挙戦前になって現地の人に連絡すると、それはとんでもないと。敵側は、何が何でも辺野古に新基地を造りたいから、組織と金の力を使い、徹底抗戦で潰しにかかっているというので、傍観していられず、飛行機に乗って選挙戦に参加。有権者にビラ配りをするボランティアに参加した。大方、多くの人は稲嶺進氏に好意的で現職4年間の実績もたいしたものだったが、それでも油断はできない。

というのは、対立候補は移設を推進する政府のバックアップを受け、企業を締め上げ、また、金による票の買収をしているというのだから、それに選挙戦は投票日の数日前に大きく変わるという。特に名護市は人口6万人程度。ほんの数千票で勝敗は大きく変わる。

だが、結果は見事に稲嶺氏の大勝。前回の初回当選時よりも票差をつけ再選。民意はしっかりと示された。今後は、公約通りに辺野古移設を市長権限により最大限阻止することに。

そのことを予期していたのか、政府は投票日翌日にも、ボーリング調査の入札を公告。県知事がOKしたのだから、あとはお構いなしに市民の意見なんてどうでもいいと強行突破の構え。

だけど、現場にいて思った。この建設プロジェクトは必ず頓挫するね。辺野古の海は誰も壊せないよ、と確信する。また、民意を踏みにじって強行突破することを名護の市民、沖縄県民、その他、良識ある日本国民、アメリカ市民が許すはずないよと、確信が持てた。この問題については、後日、より詳しく語りたい。

以下は、稲嶺市長の選挙戦最後の街頭演説と辺野古の移設先の海での海兵隊の水陸両用車の訓練に対して私がメッセージを与える場面。




by masagata2004 | 2014-01-23 01:54 | 沖縄

スマホ買いました!!

スマートフォンと悪戦苦闘。このことについては後日たっぷり語りたい。さようなら、古い携帯電話。買った時は最新だったのだけど。

b0017892_1364682.jpg

by masagata2004 | 2014-01-11 13:10 | マサガタな日々

総理官邸前

b0017892_19245581.jpg

沖縄県知事が裏切った。
by masagata2004 | 2013-12-25 19:24 | 風景写真&動画集

戦いの歌


抑えきれない怒り。堪えきれない悲しみ。
by masagata2004 | 2013-12-06 20:43 | 音楽


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧