人気ブログランキング |

田母神閣下著「座して平和は守れず」 もっともだ!

昨年の衝撃デビュー以来、講演、著述活動にいそしむ田母神閣下こと、田母神俊雄氏、4月に出会って握手。近々、再会する予定なので、その準備のため、氏の考えをまとめた本を読んでおこうと思い買った。最新刊で999円で買ったこの本。

読むと、分かりやすい文章で最初から最後まで思いの丈が綴られており、さらりと読めてしまった。

印象に残った主な論点は、

1.平和憲法をありがたっているのは日本国民だけ。他国は日本の平和憲法を知ると、日本は何をされても刃向かわない国だと思い、まんまとやられる。

2.機密保護法がないのだから、情報公開の請求者リストを作るのは当然。

3.ミサイルはマスコミが騒ぐほど脅威ではない。核が搭載されていれば別だが。

4.禁止規定を定めた軍隊の方が、してもいいことを定めた自衛隊よりも能率的で国を守れる。有事の際、今の自衛隊では機能しない。

5.歴史は勝者によって作られる。厚木基地の「日本民主主義の生みの親」マッカーサー像は目障り。

私は、この人のいうことに全て賛同しているわけではない。本の中にあった核抑止論には一理あるものの、武器は持てば使うもの、やはり廃絶に向けて世界の世論を変えていくべきだと思う。まあ、議論したりするのは軍人としては当然だろうけど、また、議論することが抑止力になると狙って口火を切ったのかも知れない。日本には、それ相応の設備と技術があるから。

あと、クラスター爆弾禁止のオスロ合意、閣下は反対だけど、私は賛成。不発弾が国民を襲うこともあり。

歴史論については、ある程度のところは理解できたりする。詳しくはこの記事に書いている。

戦前の軍の暴走を持ち出す人々もいるが、この本に書いている通り、問題は軍というよりも、腐敗してだらしない政治と、そんな情況を打破するために立ち上がった軍部を応援した国民世論があったことを忘れてはならない。ついでに、それを売上向上のため煽ったマスコミにもあることを。このブログには、そのことをテーマにした長編小説があるので読んでいただきたい。よくいう文民統制というのは、民度を上げ、政治に軍部を正しく指揮させろということだ。システム的に軍隊を縛ればすむという問題ではない。

全体を通して読むと、さらりとし過ぎているものの力強い文章であった。

b0017892_20272024.jpg

何よりも、この人憎めない。自国に誇りを持って、自国にこんなに強い想いをもってくれていた自衛官が日本にいたということは頼もしい。

大好きだ。こんな人が街を堂々と歩いているのを眺められる時代が来ることを切に願う。時には、正念を鍛えてやると言われしごかれてみたいと思ってしまう。おっと、危ない。

もうさっさと憲法9条を改正して、自衛隊をれっきとした軍隊に変えてしまおう。

もちろん、威張らせてはいけない。ほっておくと、日独、1930年代の繰り返し。それだけは防がないと。

しかし、ある程度、リスペクトしないと、頑張っている彼らが可哀想だし、そうすることによって、規範のある軍人が育つともいえる。

それから、田母神氏のいう愛国心は大事だ。日本人は、そのことを真剣に考えず、身近な利権保持か、左翼・右翼のイデオロギー遊びばかりだから、国防を含め国を良くしようとする動きが鈍い。

日本が晴れて正式な軍隊を持つようになれば、閣下が本の中で嫌っていた米軍をとっとと追い出すことが出来る。実際、たかるばかりで役立ってないんだから、すぐにでも追い出してもいいのだけど。

そうそう、私は最近、その米軍とこんな事件に巻き込まれ、監視対象にされている。ま、日本と違い国防意識のお強い国柄だけある。しかし、うざい連中だ。

田母神閣下頑張れ! 自衛隊、頑張れ!

日本、万歳!
by masagata2004 | 2009-06-13 20:37 | 書籍評論 | Comments(9)
Commented by ruhiginoue at 2009-06-14 07:52
意見より以前に事実に反する前提によって結論誘導してるお馬鹿さんに皮肉を書いているのですか?
Commented by ruhiginoue at 2009-06-14 08:21
 質問です。
 この「閣下」は、自衛隊は役立たずだと言っているようですが、それなら今まで自衛隊は無駄だったと言っているのですか。
 また、情報公開について私は当事者ですが、当時、民主党の枝野議員が国会質問で、「閣下」と同様のことを言う人が自民党内にいるが、開示して大丈夫かどうか審査して決める制度なのに、そこへ外国の諜報機関などが正面玄関から堂々と来るはずないし、一般公開であるから誰に開示したかは無意味なのに監視するとは不当であり、そうした誤った認識によって正当化している人たちに対して、小泉総理(当時)は指導力を発揮して糾すべきだと指摘していましたが、それも踏まえて「閣下」は言っていたのですか。 もしそうなら、どんな理屈によってでしょうか。
 お読みならちょうどいいので、ぜひ教えてください。
 
Commented by masagata2004 at 2009-06-14 21:13
情報公開を請求するものは大抵自衛隊に反対の人だから、監視するのは当然だと。ちなみに航空自衛隊でリストを作っていなかったことで「何でしていなかったんだ」と叱責したそうです。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-15 06:18
アメリカでは空軍に情報公開請求する人にUFOの研究家が多く、スクランブルやレーダーの記録から調べようとしてます。
「閣下」の言うような理屈からすると、米空軍は宇宙人に乗っ取られていて、だから調べようとするのは敵だということに。
 組織の腐敗を防ぐことが反対してる思う人は、やはり宇宙人に操られているか宇宙人が化けているのでしょう。解剖して調べるべきですね。

Commented by 鉄伯爵 at 2009-06-16 20:30 x
>問題は軍というよりも、腐敗してだらしない政治と、そんな情況を打破するために立ち上がった軍部を応援した国民世論があったことを忘れてはならない。

なるほど・・・民は自らの程度に応じて「為政者」を得るとすれば、軍部のゴロツキやくざどもは、まことにふさわしかったと言えますな。

>大好きだ。こんな人が街を堂々と歩いているのを眺められる時代が来ることを切に願う。

軍人は小児に近いものである。英雄らしい身振を喜んだり、所謂光栄を好んだりするのは今更此処に云う必要はない。機械的訓練を貴んだり、動物的勇気を重んじたりするのも小学校にのみ見得る現象である。殺戮を何とも思わぬなどは一層小児と選ぶところはない。殊に小児と似ているのは喇叭や軍歌に皷舞されれば、何の為に戦うかも問わず、欣然と敵に当ることである。
この故に軍人の誇りとするものは必ず小児の玩具に似ている。緋縅の鎧や鍬形の兜は成人の趣味にかなった者ではない。勲章も――わたしには実際不思議である。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう?

 (芥川龍之介『侏儒の言葉』)
Commented by 鉄伯爵 at 2009-06-16 21:20 x
>それから、田母神氏のいう愛国心は大事だ。日本人は、そのことを真剣に考えず、身近な利権保持か、左翼・右翼のイデオロギー遊びばかりだから、国防を含め国を良くしようとする動きが鈍い。

「ならず者の最後の隠れ家は愛国主義」
(サミュエル・ジョンソン)


>ま、日本と違い国防意識のお強い国柄だけある。

「分かったか豚娘ども、分ったら返事をしろ!」

「口でクソたれる前と後に『サー』と言え!分かったかウジ虫! 」

「貴様らは両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない! 」

「おれは厳しいが公正だ。人種差別は許さん。ユダ豚、黒豚、イタ豚をおれは見下さん!すべて平等に・・・価値が無い!!」

(映画『フルメタルジャケット』ハートマン先任軍曹の台詞)

かの国が「守っている」ものの本質が、これらの言葉から窺えますね・・・。
Commented by masagata2004 at 2009-06-16 22:36
皆様も、北朝鮮にミサイル打ち込まれたり、海上で海賊被害にあったら考え方変わるでしょう。何も田母神氏のいうことを全て鵜呑みにしろと言っているわけではありませんよ。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-17 07:26
日本人は、軍隊が自らの組織を守るだけで国民を守らないどころか盾にして逃げた被害にあったから考えが変わったのだけど、この実体験よりも空想や妄想やプロパガンダによる仮定によって、体験してもないのにわかったふうなことを言う人は、ただの病人です。
Commented by ruhiginoue at 2009-06-17 07:31
 皮肉だけでは理解できない人がいるので、ついでに指摘しておくと、組織の腐敗を防止することが、組織に敵対することだと逆立ちして考える人が頂点にいて通用していたのが自衛隊ということで、そのことを身を以て実感していたから田母神という人は、自衛隊なんて税金の無駄遣いだと言い出したのでしょう。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
地球を楽園にする芸術家・...
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
井上靜 網誌
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧