自作小説「北京の恋」 第2章 我有愛人

北京を舞台とした短編恋物語。筆者の実際の体験を基にしたストーリー。

まずは序章をお読み下さい。

 王というのは名字で、老師(ラオシ)というのは年寄り若いにかかわらず「先生」という意味である。ちなみに中国語で「先生」は男性の敬称として使い、英語で言えば「ミスター」に当たるのだと王老師に説明を受け雅夫は驚いた。
 雅夫は、彼女を王老師(ワン・ラオシ)と呼ぶことになり、彼女は雅夫の名字の中国読みの「中島(ゾンダオ)」と呼ぶこととした。
 王老師は、まず教科書を雅夫に提供した。初日の授業は、定番の挨拶と中国語を習う上で重要な発音と声調の練習である。
 中国語の最大の特徴といえるのがこの声調である。声調は四パターンある。第一声が高い音を平坦に流すもの。第二声が下から上へ調子を上げていく発音。第三声が下がったと思うと上げる調子。第四声がさっと下がる感じである。日本語で同じようなパターンは、第一声は驚いた時の「キャー」、第二声は、これも驚いた時の「アレー」といった感じ、第三声はがっくりした時に言う「あーあ」といった感じ、第四声は、軽く驚いた時の「まあ」といったところだろうか。
 この声調の違いを習得することが最も重要だと言われる。声調が違うと意味が全然変わってくる。これを聞き分け且つ話し分けないと全く意志の疎通ができない。例えば、「マー」という発音を取ってみても、第一声だとそれは「年上の女性」という意味で第二声だと「しびれる」を意味して第三声だと「馬」 を意味し第四声だと「ののしる」という意味になる。ほんの一つの字の読み方が意味をがらりと変えてしまう。
 老師の発声に続いて、雅夫は繰り返し発声した。間違えると老師は指摘して、やり直す。挨拶と声調。一時間毎に休憩を十分ほど取り、昼食には一時間という具合で、その日五時間の授業は終わった。
 だが、王老師は、雅夫に自室に戻り、練習をやり直すように指示した。
 雅夫は、自室に戻った途端、その日の衝撃的な出会いを振り返った。彼女の唇を何度となく思い出した。美しい唇だった。白い肌に赤い唇。モデルか女優のように美しい顔。授業には集中していたが、ずっとその美しさにも見とれていた。
 こんなことまで考えてしまった。いっそのこと彼女に結婚を申し込もうか。彼女を日本に連れてきて、いや、彼女とこの北京で暮らしてもいい。そうだ。そして家庭を築くんだ。子供も作るんだ。そんな人生プランまで思いついてしまい、その日は一晩中、王老師とまさかの結婚生活に思いを巡らした。
 練習そっちのけになりそうだったが、雅夫は真面目にもなり、そんな夢が実現した場合のためにも彼女の言葉で会話ができるよう中国語をしっかり習得しようと発声練習に専念した。
 翌日の授業は、午前中は前日の続きで発声練習と挨拶だった。昨日よりうまくなったと褒められた。
 午後は、新しい会話の練習となった。昨日習った「イ尓好ニーハオ(こんにちは)」「謝謝シェイシェイ(ありがとう)」「再見ツァイチェン(さようなら)」という挨拶より踏み込んだ会話の常用句だ。
 よく使う言葉として「有(ヨウ)」という動詞を教えられた。これは日本語と同様に、「ある」とか「持っている」「所有する」という意味がある。それの否定形として「ない」「持っていない」という場合は「没有(メイヨウ)」という言葉を使う。例えば「私はノートを持っている」は中国語で「我有本子」という。持っていなければ「我没有本子」である。また、相手がノートを持っているかいないかを訊く場合は「イ尓有没有本子?」と言う。買い物ではよく使う表現だ。二人でキャッチボールのように「何々ありますか」「はい、あります」「いいえ、ありません」という会話の練習を対象となるものの言葉を変えながら繰り返した。
 日本語は中国から数々の漢字を採り入れたため、日本語と共通の意味を持つ字もあれば、同じ語句なのに、意味が微妙に違うものもある。その違いに驚きを感じざる得ないものもある。それは家族関係を表す言葉を学ぶ時に知った。「愛人(アイレン)」という言葉だ。
 日本語では、とてもどぎつい意味が込められている。つまりは、結婚している男性が妻以外に関係を持っている女性。別の言い方をすると「情婦」だ。
 だが、中国語ではこれは配偶者を意味する。つまりは女性にとっては「夫」、男性にとっては「妻」だ。これはとても驚きであった。同時に使うのが何だか恥ずかしくも思えた。しかし中国人は普通に「夫・妻」として使っているのだ。
 雅夫は、言葉と会話の練習をしながらふと思った。まだ会って二日目の彼女に対し、彼女の個人的なことを訊くのは失礼ではないか。特にここは中国だ。男女関係の礼節は、日本以上にわきまえないといけない。その上、先生と生徒の間柄、明らかに彼女の方が若いが、敬意を示して接しなければいけない相手だ。そのことを考えると訊きにくい。彼女から話す気配もないから、訊かない限り、彼女自身のことを何も知らず日々を過ごしてしまうかもしれない。それでは何だかもったいない。これからずっと二人だけでいれるのに。
そう考えながら、どうしても訊いておきたいことを中国語で訊こうと考えた。昨日の授業が終わってからずっと最も気になっていたことだ。会話の練習の振りをして訊くのだ。
 雅夫は、王老師の顔を見つめながら真剣な面持ちで言った。
「イ尓有没有愛人?」
 王老師はさっと答えた。
「我有愛人」
 雅夫の夢は、一瞬にして崩れさった。

第3章へつづく。
by masagata2004 | 2007-05-04 19:51 | 自作小説


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
増山麗奈の革命鍋!
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧