アポロ月着陸捏造を暴けるか?

Excite エキサイト : 社会ニュース

私のような宇宙に興味のないものは、その点に強い関心を持ちます。

アポロは本当に月に行ったのでしょうか。いろいろな疑惑があり、それに対して最もらしい反論もありますが、それはさておいて、確かだったのは、その当時、かなりのリスクをかけてアメリカがアポロを月に送ったということ。でもって、当時の状況からして絶対に失敗はできなかったこと。

よく肯定派は、真空だし、重力が地球の6分の1だから、意外に簡単だとか言っているけど、でも、それは理論や技術的観点からのお話。実際のところ、前人未踏の空間、それに問題が起こっても誰も助けに来れないし、誰も迎えには来てくれない。今でも、スペースシャトルは死者を出すような失敗をするし、その当時なら尚のこと。なのに、アポロは13号を含め、宇宙空間で死者は誰も出ていない。

失敗したら飛行士が死ぬかもしれない。もちろん、飛行士は命を捨てる覚悟だったでしょう。でも、米政府は、そうでなかったはず。60年代、冷戦真っ只中、宇宙開発はしのぎを削り、暗殺されたケネディ大統領の公約でもあった月着陸。おまけに冷戦の代理戦争といえる泥沼のベトナム戦争最中。国内では政府に対する不信が高まっており、失敗すれば支持をさらに失いかねない。そのうえ、着陸は世界で生中継。もし、「失敗しました」という結果になれば、お笑いもの。そして、威信は崩れ、共産主義者どもが高笑い。

いちかばちかの賭けよりも、絶対に成功、というか成功したように見せかける方法を選んだはず。

今度の「かぐや」は、月面を全面的に撮すとのこと。当然、アポロの着陸点も。そこで、とんでもないものが写ってでもしたら。まあ、日本はアメリカさんを怒らすことはしないでしょう。頭のいい政治家さんなら、証拠を隠し持って、アメリカをゆする口実にするかも。それが目的なら、日本も大した国になれたわけだ。

発射が数年も遅れたのも、その辺の事情があってのことかも?確か2000年に捏造説の番組がアメリカで放送されたんだよね。その番組の中でも、この「かぐや」が証拠を取るんではないのかという指摘がされていたと。そこで、それを危ぶんだNASAがちょっかいを、または、日本が気を遣ってあれこれと。それとも、解像度を上げて、さらに確実な証拠を撮ろうと画策したのかも。「かぐや」の発射の直前に親米安倍総理の辞任。何か意味があるのかも。

湾岸戦争で「イラク兵が赤ちゃんを保育器から放り出して殺した」という証言の嘘。イラクには大量破壊兵器はなかったのにあるかもしれないと戦争に突っ込んだアメリカ。恐ろしいことをするという意味では、かつての旧ソ連と変わりない面もある。

陰謀説スリラーの方が、月の誕生解明ロマンよりずっと凄みがありませんか?

一連のエイリアン話は信じてませんが、アポロ捏造は信じる価値があると思いますし、他の陰謀説より信憑性は比較的高いし、政治性が強い面、惹かれるネタ。

宇宙SFものより、ポリティカル・サスペンスの方が好きな私にとっては、ワクワクさせるお話です。

そういえば、かぐや姫は、うその贈り物を見分けるのが得意な女性だったよね。

いい記事だと思ったらクリックしてください。ランキングへ。
by masagata2004 | 2007-09-13 23:29 | 時事トピック | Comments(23)
Commented by ねつ造 at 2007-09-15 00:43 x
アポロの月面着陸ねつ造説自体フランスかどっかののテレビ局が作った渾身のねつ造(っていうかパロディー番組)から来ているのですが、御存じですか?
知ってたらすみません。
Commented by masagata2004 at 2007-09-15 13:38
ねつ造さん、知っていましたよ。ただ、捏造説は、アポロ計画当時からあったもので、それもアメリカ発信です。70年代後半には「カプリコーン1」という映画があり、それは月を火星に置き換えた捏造説を元にしたドラマです。まあ、私としては半分面白ネタとして見ていますが。
Commented at 2007-09-23 12:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ねつぞう at 2007-10-09 21:47 x
月面にはアポロが設置した観測用の反射鏡があって現在も活用されてますよ。地球と月の距離を計るためにレーザーを投射してます。
捏造疑惑を好んで捏造に騙されましたね
Commented by click_click at 2007-10-09 23:14 x
"そういえば、かぐや姫は、うその贈り物を見分けるのが得意な女性だったよね。" おっと そうだった! なかなかいいオチですね。
Commented by masagata2004 at 2007-10-11 22:09
反射鏡は、ソ連の無人船も置いています。ついでに月の石も取ってきています。
Commented by おや? at 2007-10-22 00:14 x
>反射鏡は、ソ連の無人船も置いています。ついでに月の石も取ってきています。
・・・・ならねつ造説ってあんまり意味ないんじゃないの?
Commented by 反射板 at 2007-11-16 16:46 x
捏造説を否定する人が圧倒的に多いのですが、騙されている人が多いほど話題としての重要性は増します。
捏造説を否定する人からは証拠として「反射板」が持ち出されます。
月面着陸を信じている人の多くは、反射板の存在も「信じてる」ようですが
月面の反射板の存在をを確実に証明できる人はおられますか?
月まで何度も往復できるのであれば、どうして反射板など置いて距離を測る必要があるのでしょうか?月までの距離はそれほど重要なのでしょうか?それを置きに行かないと計れないのでしょうか?
Commented by kinkin at 2008-01-16 21:15 x
ねつ造説は全て素人の邪推なんですよね。専門家でそんなのを信じている人なんていません。ねつ造説の根拠は全て論破されているにも関わらず、今もって、「真空なのに旗がなびくのはおかしい」とねつ造派は言い続けています。既に論破されている事項を無視して、場を買えて懲りずに持ち出す・・・。悪質なトンデモ論です。
Commented by すかんく at 2008-01-26 22:51 x
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AB%96

kinkin様
ここに書いてあることですよね。
各分野の専門家が「捏造説の非科学性」について発言しています。
Commented by スパイラルドラゴン at 2008-01-30 08:53 x
アポロ計画で月面に置かれたことになっている「レーザー反射鏡」に向かって地球からレーザー光線を照射して、地球と月との距離を測っているという話は、40年前から光学器機を扱っているプロから言わせれば、「何で、NASAはこんなばればれの嘘をつくのか?」と疑問に思うほどのばればれのうそです。
詳しくは、以下のブログをご一読下さい。
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/6671729.html
Commented by すかんく at 2008-01-30 19:38 x
その程度のばればれの嘘を、多数の専門家の反論をすべて封殺し、さらに各地の天文台に徹底し、かつ緘口令をいまだに維持できることが物理的に可能かどうか考えるほうが早いのでは?
Commented by masagata2004 at 2008-02-02 23:42
ゲッペルスが言っていましたよね。人は大きな嘘ほど騙されやすいと。
Commented by ウィキ at 2008-02-03 05:03 x
私は捏造でも本当でもどちらでもいいですが、少なくとも当時のアメリカの状況から憶測すれば、捏造の可能性は十分に考えられますよね。いや、当時ではなく、戦後のアメリカの情報操作を考慮すれば。

私はたまたまアメリカの文化を大学院で研究していますが、だいたいアメリカの政府高官のやることは周知のように汚いですね。でも、知識人は案外、善人が多い。むしろ、善人ばかり。だから、内部からの批判が起こるのでしょうね。
Commented by すかんく at 2008-02-03 09:35 x
>人は大きな嘘ほど騙されやすいと。

それを言ってしまうと
「捏造説という大きな嘘だから皆だまされている」
とも言えませんか?
ミステリーサークルって覚えていますよね。
あれでオカルト信者が「ほら俺たちの主張があたっている。UFOがやったんだ」って大騒ぎしていましたよね。

科学的とか言っている捏造側(旗のはためき、砂塵の巻き上がり方)に対して、科学的に捏造ではない(旗の動きが慣性で説明できる。真空に近くなければありえない砂塵の動きをしている)という反論に対して明確な捏造主張側の再反論がないのでは?

私も捏造でも本当でもかまわないのですが、オカルト信者もどきの捏造説論理にはへきへきしています。似非科学を広めている張本人としか思えません。

捏造説を言う方に質問。
真空じゃなかったらまずありえない砂塵の動きを地球上であの規模で再現するにはどうしたらよいのか教えていただけませんか?
捏造説が正しければ、あれだけ大規模の真空状態をある程度の時間維持できる方法を教えていただけるはずですが。
Commented by hide at 2008-10-05 18:18 x
砂塵と申しましたが、
あれが本当に砂塵であるなら何も言えませんが・・
アポロイメージギャラリーの写真を見ても砂ではなくて灰にしか見えませんが・・更にロケットが着陸したのにロケット噴射をした跡が殆ど無いですけど・・真実ならどうして写真を合成するのでしょう・・(旗の影etc)
(更に、指摘された写真はUPしてませんw)
反論はいくらでも出来ますよ、
Commented by シーワーム at 2009-06-29 03:21 x
ここにも信者がウヨウヨ。
Commented by シーワーム at 2009-06-29 03:22 x
都合の悪い書き込みは非表示ですね、わかりますwww
Commented by masagata2004 at 2009-07-01 00:04
映像に関しては何とでもなります。
Commented by ruhiginoue at 2009-07-15 14:10
 「カプリコン1」リメイクされるという噂はどうなったのでしょうね。
 これは実はイギリス映画で、「プラトーン」と同じように、政治的圧力があって、実質ハリウッド映画だけど製作はヨーロッパ。同様の例として「合衆国最後の日」があり、これはドイツで撮影。
 「カプリコン1」のド迫力の音楽は、特に日本で人気があり、映画を見たこと無い人まで知ってます。作曲したJerry Goldsmithは来日したさい「カプリコン1」のCDにサインしてと言われることが何度もあり、「カプリコン1」は日本ではポピュラーなのかと驚いて言ったそうです。
Commented by 大槻 at 2009-07-29 12:21 x
では、どうして二度目はないのですか?
かぐやの映像なんて言わないで、月面に行けばいいじゃない
ですか。そう思いませんか?
あれから何十年も経って、科学も進歩して、それでも行けない
のが実情なのでは。これが答えだと思います。
Commented by inbou at 2009-11-14 13:12 x
反射鏡は、持参しなくても人が到達する程の科学技術が
あるのなら遠隔設置が可能かと。反射鏡が無いと距離の
測定が出来ないのかも疑問。証拠にはならない。

有人着陸とそれらの映像が捏造とは思うが、裏で
無人で到達している可能性までは否定できない。
有人成功を前提としているので、無人での成功は発表
出来ないから何も情報も無いのも理解できる。

風が無いのに旗が延々たなびくのは、月の環境上
当たり前だという説。旗を立てている映像では
飛行士が動かした旗が数秒で停止している・・
どっちが本当の絵なのか・・どちらも嘘か・・
すでにこの論理も自爆している。

無人探査機を月面へ送るのは、有人計画に対し費用面で
かなり低コストなのに、予算無くなった今はスペース
シャトルでゴチャゴチャやるばかり? 全くやる気なし。
アメリカは、まず第一に、もう一度月へ調査船送るべき
ですね。証拠を全世界に見せる為に。信じてもらえるか
は、定かでは有りませんが。
Commented by わいあん at 2016-08-26 12:20 x
はじめまして。
私はわいあんといいます。
アポロを否定するブログを持っています。
良かったら参考にしてください。

私のブログ上で「アポロ捏造派のブログ」のリンクをまとめようとしています。
もしマサガタさんがアポロ否定の立場でしたら相互リンクできたらなと思うのですがいかがでしょうか?
この記事は単発の記事という程度でしたらちょっと載せ方がオーバーになっちゃうので辞めた方がいいかもしれません。
どうぞよろしくお願いいたします。


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
地球を楽園にする芸術家・...
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧