タグ:USA ( 108 ) タグの人気記事

沖縄で出会った宗教者

7月から3ヶ月の沖縄滞在の間、意外と思われるが、様々な宗教者との出会いがあった。


先月末の沖縄県知事選の玉城デニー氏の大勝の裏に、公明党の支持母体であった創価学会の信者達の反乱があったことは、メディアの出口調査などで明らかになっている。現に、私も那覇市のデニー氏の応援集会で創価学会の象徴の三色旗を目にしたし、玉城氏の選挙事務所でも勝利宣言と共に三色旗が振られているのが映されていた。辺野古新基地建設を容認する立場の候補を自民党と共に推薦する公明党と創価学会の間に亀裂が生じていることを如実に表している。沖縄県の公明党は、その意味でかねてから反対の立場であった。今年2月の名護市長選挙では、公明党の推薦は、容認派を当選させるのに、かなりの効果を奏したが今回は違った。さすがにもう統制が効かなくなってきたと思える。


これは、 仏法の真理が彼らを奮い立たせたのではと考える。その仏法だが、私は、沖縄で別の仏法をもつとある宗教団体の施設に通っていた。以前から東京とそれ以外のところにもある施設に通っていたが、沖縄で、それもスピリチュアルな修業をする意味で通ったのは初めてであった。そこでは「御仏様に全てをお任せしなさい」という言葉を頂いた。その日は88日、翁長前知事が亡くなった日であった。まるで、その後のことを予感させるような出来事であった。


それ以外に、辺野古でも仏教者に出会った。キャンプシュワブのゲート前で活動されている方であり、辺野古で道場を開き、居住している。その方は、「宗教は世界中ある」という言葉を私投げかけた。私が、実際のところ、無神論者だということだから、そんなことを言ったのか。


さてさて、他にも宗教といえば、キリスト教の牧師らとも出会いがあった。実は、私は家族はカトリック系。牧師というのは、プロテスタントの教会で説教を行う人。聖書の話をとっくりした。


出会ったのは日本人とアメリカ人の牧師であるが、日本人の牧師は老人で平和活動家の父親であった。アメリカ人は、元海兵隊員で辺野古に教会を開き、米兵たちに説教をしている初老の方。でもって、その教会にせっかくの機会だから、説教に参加。はっきりしたのが、如何に排他的であるということ。



続き
by masagata2004 | 2018-10-16 22:57 | 沖縄

テレビ東京ドラマ「プレイガール」はチャリ・エンのベースか?

最近、レンタルDVDで「プレイガール」なるテレビドラマを観た。1969年から74年にかけてテレビ東京で放送されていたドラマで、設定は、女性の保険調査員たちが保険会社からの依頼を受けて、様々な事件を解決していくという話で。ヤクザやギャングのような男たちと格闘を繰り広げるシーンがクライマックスにあり、当時としては先進的な女アクションのドラマである。

女アクションというと、私としては、1976年よりアメリカで放送され、日本でも放送された「チャーリーズエンジェル」を思い出す。そして、その内容は、この「プレイガール」に類似するところがある。女だけの探偵3人が、アクションと色気で事件を解決して、格闘シーンもある。

その他の特徴としては、女性ならではのお色気と様々な衣装でターゲットを操り、作戦を展開する点だ。当時は、ウーマンリブとかフェミニズムが盛んになった頃だときく。女性が格闘アクションなど現実味がないといわれながらも、その意味で時代の波に乗ったドラマだったと考えられる。どちらのドラマにも、そんな社会の動きを暗示するセリフがある。

プレイガールでは、最初の回のタイトルが「男ご無用」とあり、ドラマの中では悪者の男が「今の日本では婦人警官は少年課か交通課にしかいないんだ」と女が大それたことをするはずがないという感覚がみてとれる。

チャーリーズ・エンジェルでは、最初の回で女性だけのカーレース場が舞台となり、それを運営する男たちが不人気に憤って「やつらを裸にしても客は来ない」と荒っぽいセリフを放つ。

だが、女たちは見事に与えられたミッションをこなすわけである。プレイガールの方が先に製作され放送されたのだから、こちらが先をいっていたといえる。また、プレイガールに関しては、ボスからその他複数メンバーが全て女性であり、チャリ・エンと違い、男のボスや補佐役はいっさい存在しない。となると、日本の方が上をいっていたということになる。

私としては、女アクションやお色気より、当時のカルチャーに注目がいった。


続き
by masagata2004 | 2017-10-22 15:54 | 映画ドラマ評論

米大統領選トランプ勝利に関して思い出すこと

実業家のドナルド・トランプ氏が、元大統領夫人のヒラリー・クリントン女史を破り、第45代大統領の就任が決定した。正確にいうと、これ以外に、ゲリー・ジョンソン(リバタリアン党)とジル・ステイン(緑の党)という候補者がいたのだが、二人は討論会にも参加できないほどの冷遇。小選挙区二大政党制の元、二者択一しかないアメリカの選挙制の元では、日本の共産党や公明党のような少数政党の人が大統領になることも、議席をとることも非常に難しい状況。

なにはともあれ、暴言振りまき、人種差別主義、性差別主義、反移民、反イスラムを掲げる傲慢な男が大統領に就任することになったのだけど、これは、かねてから予想できたこと。世論調査では拾えない隠れ支持者がいたのだから。

しかし、私は、こうなることを20年前から予想していた。20年前は確か、共和党の予備選で、パット・ブキャナンという人物が過激思想で物議をかましていたが、ちょうどその時、私はサンフランシスコの大学の学生だった。アジア系の学生が、「あんな奴が大統領になるなんて」と不安を露わにしていたが、共和党の代表候補にさえなれず、選挙結果はクリントン女史の旦那さんである現職が続投。

大学では、二大政党への不満を先生が話していて、民主も共和も似たり寄ったりで、だから、投票率は低いんだと。どっちに入れても同じなら、外出していくなんてばかばかしい。ましてや、日本と違い平日に投票日があるから、仕事を休まなければならない。平日投票制度は、19世紀に日曜の教会の後、汽車に乗って投票所に行かなければならない時代の名残だとか。

ついでに日本と違い、投票にいく前に、有権者登録をしなければならない。選挙の年になると、道に立って「Register to Vote」と呼びかける人が目立つようになる。
でもって、こんな面倒なことが投票率を押し下げ、そして、この制度はトランプを嫌う非白人が投票に行きにくくするからくりを生み出している。つまり、不法移民は当然投票をできないが、黒人やラテン系の人々は、意図的で複雑なプロセスで門前払いを食らうことになるのだ。そして、今年は、そういうことを禁止する法律が無効になった初めての選挙なので、さらにあからさまになったとか。

トランプの勝利に関しては、白人の人種差別意識が影響したというが、もうそんなものは存在しなくなったのではと思われがちだが、そんなことはないということを留学時代に思い知った。いくつか、トランプ現象を予感するエピソードを紹介したい。


続き
by masagata2004 | 2016-11-14 16:34 | 米留学体験談

映画「シン・ゴジラ」 さよなら、アメリカ

『シン・ゴジラ』に不満の花田紀凱編集長

私にとっては、怖くもかわいくもあるゴジラ。ある種のキャラとしてゴジラを観ている。
フルCGということで、どんなものかと思い、暇つぶしに観にいった。評価は、まあまあ。

今回の最新の映画は、ハリウッド版のゴジラに影響を受けたものだと思える。特に、原発と関連づけたところがそうだ。ゴジラは福島第一の危機を、そのままゴジラにしたような感がある。

そういえば、30年ぐらい前に観た沢口靖子が出演していたゴジラでは、ゴジラが浜岡原発に上陸して原子炉をとって、放射能を吸うシーンがあったので原発批判が盛り込まれていると思ったのだが、今回はリアルな原発事故がモチーフ。まるで、この映画のためにあの事故が起こったと思えるほど。

因みにCGを使っているだけあって、30年前に観たものとは映像の迫力が断然違う。模型だと模型と分かってしまうよね。

もう一つ気になったのは、米軍の存在。映画の中では「我々は彼の国の属国」「相変わらず押しつけがましい」「残留物を勝手に持ち去った」と不満を述べるシーンがたらたら。ただ、米軍が協力したりして、「さすが米軍だな」というシーンも。だけど、所詮は、彼らの利益のために動いているに過ぎないと分からせられる。

映画の中では、女性防衛大臣が「米軍は前には出ません。支援する立場です」と発言する。これは日米防衛ガイドラインに規定されていること。日本には、防衛のprimary responsibility(主要なる責任がある)と決まっている。外務省は「主体的に行動する」と意図的な誤訳をしているが、アメリカは、つまりのところ日本の防衛義務は負っていない。日米安保条約も、あくまで、有事の時点で大統領と議会が承認した場合にのみ、防衛行動にでるとなっている。
b0017892_15572381.jpg

原発事故の後に「トモダチ作戦」が繰り広げられたが、あれもしっかり費用を請求された。もっとも、米軍の援助がなければどうにかなっていたかというわけでもない。災害援助なのだから、自衛隊で十分できたことだし、そうでなければならない。

悲しいことに、この作戦に参加した原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員は強い放射能を浴びて、ひどい健康被害に悩まされながらも、日米両政府から補償を受けられることなく、東電を訴えているとか。アメリカは自国民さえも、大切にできないという悲しい事態。

アメリカは傲慢だが、今や超大国ではない。GDPの世界比率は、全体の16%程度。もう世界を押さえられる力はなく。国内では貧富の差が拡大。だから、トランプが大統領になりそうな事態を招いている。

私の勝手な解釈だが、この映画は「日本人よ、危機は自分で対処せよ。アメリカはあてにならないよ」という意味が込められているように思える。

だからこそ、沖縄に彼らのために新基地作ってやるような愚行は止めなければいけない
b0017892_15562512.jpg

写真は、沖縄県東村高江の海兵隊北部訓練場メインゲートの前で新ヘリパッド建設に抗議する人々の様子。(2016年7月2日)
その後、東京の新宿でも抗議デモが開催された。
b0017892_1675242.jpg

この問題に関しては、やんばる東村 高江の現状 をご覧ください。現在、とても深刻な事態に。多くの人の協力が必要!!
by masagata2004 | 2016-08-18 15:57 | 映画ドラマ評論

この映画、絶対観たい!

タイトルは「42」。アメリカ大リーグで永久欠番となっている大リーグ初の黒人選手の物語。



全米では4月に公開され、評判も売り上げも上々だとか。日本でも必ず公開されるだろう。真っ先に見に行く。彼がいなければ、95年の野茂も2001年のイチローも、最近のダルビッシュもあり得なかったのだから。

私にとっては、思い出深いものがある。というのは、1992年、アメリカの大学に留学するためカリフォルニア州のサンタ・ローザ短大に入学して、最初に英語の学習として読んだ文章が、彼の伝記だったのだ。まるで、彼が自分をアメリカに歓迎してくれているかのような出会いであった。

1947年、人種差別が当たり前だった時代、白人しか入団の許されなかった大リーグに黒人球団ニグロ・リーグから入団したジャッキー・ロビンソンだったが、当時の周囲の反応は凄まじく厳しいものだった。観客からの罵声だけでなく、チームメートからは仲間外れ、脅迫など、とてもでないがまともな選手生活を送れる環境ではないところに放り込まれた。ところが、持ち前のガッツとプレー能力で周囲を魅了し、ついには新人賞を獲得。その後、続々と黒人選手が大リーグに入団することになり、野球に革命をもたらした伝説の選手として語り継がれることになる。

新人賞は現在ではジャッキー・ロビンソン賞と呼ばれている。97年のデビュー50周年の時はクリントン大統領が記念行事で演説をして偉業を称えたほど。その年には、黒人で初のゴルフ・マスターズ優勝のタイガー・ウッズが誕生した。この物語はスポーツだけではなく、他のあらゆる分野でいえることが表されている。何か新しいことをしようとすると、既存の考え方に縛られた人々が、必ず抵抗しようとする。彼らの主張がいかに理不尽なあっても、敵対する新参者には罵声を浴びせる。

だが、後々、耐えた挑戦者とそれを支えた人達はヒーローに、かつて足を引っ張った連中は顔を上げられなくなる。

現在と比較すると分かりやすい事象がある。それは同性愛者の解放運動だ。ゲイの権利ということで、ゲイの差別撤廃、結婚などを認めようという運動が近年世界的に繰り広げられ、今年、ニュージーランドとフランスがゲイの結婚を合法化して、世界14か国でゲイの結婚が認められるようになってきたが、まだまだ世界中どこでも世間の反応は冷たい。

だが、未来、おそらく30年後か50年後、運動の足を引っ張ってきた人々が顔を上げられなくなり、運動を指揮してきた人々がヒーローとして語り継がれるようになるのではないか。

人種差別が当たり前だった時代から60年が経ったアメリカでは、黒人が大統領になった。それが世の中の変化というもの。

身近にいる、既定のルールに従って大威張りの連中に、この映画を見せてやりたい。
by masagata2004 | 2013-04-27 23:26 | スポーツ

オスブレイ墜落

b0017892_15122443.jpg

日本も沖縄も守っていないのに飛ばすな!

渋谷で沖縄のオスプレイ配備反対のデモに参加。見たところ、400人近くが参加して、渋谷の町中をデモ行進した。

b0017892_19562529.jpg

b0017892_19564572.jpg


人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-10-08 15:12 | 沖縄

星条旗新聞で読んだ意見

沖縄県警は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の大山ゲート前で、新型輸送機MV22オスプレイ配備に反対して座り込んでいた住民らを排除し、基地を封鎖するため住民が止めた車12台を、レッカー車...
このニュース、アメリカの星条旗新聞でも記事として取り上げられていた。星条旗新聞は米軍の人が読む英語の新聞。

記事自体は、何が起こっているかを淡々と述べているものの。それに対する読者のコメントに関しては、興味深いものがある。

俺たちが守ってやっているのだから、いずれ報われるはずだという意見があったものの、大半は、沖縄の人々に同情的で、また、オスプレイの安全性よりも自分たちが、そもそもから歓迎されていないこと、沖縄の人々への差別がまかり通っている現状に憤っている意見であった。

そもそも、在日米軍基地に関しては、アメリカ側は日本が出ていけというなら、出ていっていいよという柔軟な姿勢でのぞんでいるとかいう。それは元沖縄県知事の大田氏がアメリカの関係者に会い、そんな意見をよく聞いたと言っていたことから分かる。

問題は、この問題の本質をよく見れということだ。本質はオスプレイではない。日本の防衛にとって必要ではなく、また歓迎もされていない米軍をこれ以上、置いておくことが懸命であるかということだ。

沖縄の人に限らず、日本国民全体で考えるべき時に来たのじゃないだろうか。



人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-10-01 00:06 | 沖縄

アメリカは助けないでしょう

新華社系のニュースサイト「新華網」は20日、ロシアの軍事専門家による「中国が軍事的手段により尖閣諸島奪取を図った場合」の戦況シミュレーションを掲載した。中国は膨大な犠牲を出した上で尖閣諸島に上陸...
この記事では、日中の戦力は拮抗していると分析しているが、最終的に日米安保でアメリカが日本を支援するので中国が敗れるとか言っていますが、アメリカは尖閣が中国に占領された時点で、手を引くでしょう。それまでは、自分たちで頑張って戦ってね、という形で兵力の支援は一切しないでしょう。

アメリカが日本に対してしてくれるのは、82年のフォークランド紛争の時、イギリスにしたような情報の提供や武器を供与することぐらいかな。せいぜい。

だけど、分かっていないといけないのは、中国はアメリカにとって最重要な経済のパートナーであること。日本より多くの米国債を保有する国。その他の貿易でも日本より重要。

どっちにもつけない立場だから、最善なのは中立でしょう。日本の最果ての無人島のために、兵力を差し向けるなんてことしません。

オスプレイの配備が危険であるか安全であるかの前に、米軍がどのように役立っているかをしっかりと見極めて付き合わないと。

人気ブログランキングへ
by masagata2004 | 2012-09-22 00:36 | 時事トピック

105円で買って読んだ「田母神国軍」

たまたま、古本屋にあったので、105円なら読んでみようと思い買った代物。

内容については、元航空自衛隊幕僚長の日本防衛論についての論述。出版されたのは2年前だ。

以前にも、この人の本は読んだことがある。「座して平和は守れず」である。

その時と重なる内容も書かれているが、それに追加で書き加えられたところもある。

ここでまとめるのは、私が賛同できる箇所と出来ない箇所だ。

賛同できる箇所

(1) 米軍は同盟国軍だが、だからといって依存すべきではない。

その通りである。むしろ、日本を自国益のため利用している面が大きい。中国からの脅威の抑止としての機能があるかもしれないが、同時に米国債を買って貰ったりと経済で大変お世話になっている関係上、日本と中国が紛争状態になっても手を貸してくれるとは思えない。日米安保は自動的に発動されるものではない。米大統領と米国議会の承認が必要になる。いずれにせよ、それはアメリカの国益にかなうかかなわないかにかかっている。

(2) 憲法9条は改正して、自衛隊を軍隊にすべきである。

現状の自衛隊は「していいこと」を定めた諸外国の軍隊とは正反対の機能。有事が起こるたびにお伺いをたてなければいけない。それでは対処不能。通常の軍隊のように「してはいけないこと」を定め、有事の時に迅速にあらゆる事態に対して対処できるようにならなければいけない。

(3) 兵力だけでなく、情報力を強化しなければいけない。

スパイであるとか、そういう情報網を張り巡らせる必要がある。それは敵国に対してだけでなく、同盟国のアメリカに対してもだ。相手がどれだけ信頼できる国であるかということをきちんとチェックする必要がある。

さて、逆に賛同できないところとは。

つづき
by masagata2004 | 2012-08-08 21:54 | 書籍評論

「ワシントンハイツ」に思いを馳せて

皆さんは、ワシントン・ハイツという場所をご存知だろうか。

それは代々木公園のあった場所にあった第2次世界大戦後、敗戦国日本に駐留した米軍将校のための住宅地である。

これについては、同名の書籍が出ているので、読んでみると詳しい。終戦後、急ピッチで建設され、東京のど真ん中に、ぽっかりとアメリカが移転した形となった。戦前は、ここは陸軍の占有地だったと。元陸軍の基地で、明治神宮に隣接する立地という点からして戦勝国による威嚇の意味もあったと考えられるが、同時に、それにより戦後、日本に多くのアメリカ文化が伝承されたという事実もある。

例えば、森英恵のようなデザイナーが生まれたのも、この住宅地に住む将校の夫人たちを相手にした洋裁店を開業したことからというし、米軍向けのエンターテイメントを提供する芸能プロダクションとしてジャーニーズ事務所が発足したともいう。日本人が生野菜のサラダを食べるようになったのも、彼らからの要請で衛生の問題を克服した農法でサラダに合う野菜を生産し始めたからだと。

東京オリンピックの開催が決まり、その地は全面返還となった。オリンピックでは家屋は、選手が滞在するための選手村として利用され、今も、その1軒が記念として残されている。

b0017892_2033271.jpg


だが、選手村の前に、そこは戦後日本におけるアメリカ文化発祥の地だったのだ。そんな思いを馳せながら、代々木公園を歩いていると、ジャズを奏でるバンドに出くわした。おそらく、この地で、日本に赴任した米軍将校とその家族たちを退屈させないため、こんなバンドグループが、やって来て彼らの前で演奏をしたことだろう。


by masagata2004 | 2012-05-30 19:43 | 書籍評論


人生は常に進歩していかなければならない


by マサガタ

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
自作小説
映画ドラマ評論
環境問題を考える
時事トピック
音楽
スポーツ
ライフ・スタイル
米留学体験談
イベント告知板
メディア問題
旅行
中国
風景写真&動画集
書籍評論
演劇評論
アート
マサガタな日々
JANJAN
スキー
沖縄

タグ

最新のトラックバック

映画「終戦のエンペラー」..
from soramove
【映画】バーダー・マイン..
from しづのをだまき
インサイダー
from 映鍵(ei_ken)

フォロー中のブログ

高遠菜穂子のイラク・ホー...
ジャーナリスト・志葉玲の...
地球を楽園にする芸術家・...
*華の宴* ~ Life...
poziomkaとポーラ...
広島瀬戸内新聞ニュース(...
楽なログ
美ら海・沖縄に基地はいらない!

その他のお薦めリンク

ノーモア南京の会
Peaceful Tomorrows
Our Planet
環境エネルギー政策研究所


私へのメールは、
masagata1029アットマークy8.dion.ne.jp まで。

当ブログへのリンクはフリーです。

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

東京
旅行家・冒険家

画像一覧